IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ヘッドハンティング転職への断り方例文|英語例文と電話対応

初回公開日:2016年11月10日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2016年11月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

ヘッドハンティングがあり、断ろうと思っているけど、なんだか悪いような気がして断り方がわからず先伸ばしにしてしまう。人生の転機ですし悩んでしまいますね。しかし今の現状に満足しているなら断るべきです。そこで今回はヘッドハンティングの断り方のポイントをご紹介します。

外資系企業からの英語でのヘッドハンティングもある

外資系企業からの英語でのヘッドハンティングもある
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

最近は外資系企業からのヘッドハンティングが増えています。外資系という事は外国の方が働いているという事ですね。外資系企業からのヘッドハンティングが増えているという事は英語でのヘッドハンティングの電話をしてくる事もあります。 この時、断り方が分からずに慌てて無言で電話を切ったりするような事はしないように気を付けましょう。せっかくのヘッドハンティングの機会を逃すどころか、勤務先企業の評価も落としてしまう事も考えられます。充分に断り方に注意して話をしましょう。

ヘッドハンティング断り方の共通のポイント

ヘッドハンティング断り方の共通のポイント
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

外資系企業からのヘッドハンティングが増えてきていても断り方のポイントは同じなので、まずは共通する断り方のポイントを見ていきましょう。

①ヘッドハンティングには丁寧な断り方を心がける

①ヘッドハンティングには丁寧な断り方を心がける
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ヘッドハンティングをされるという事はそれだけの基準をクリアした有能な人材であるという事です。 喜ばしい事ですが、今は転職を考えていない人間がヘッドハンティングをされても、複雑な気持ちですよね。今はヘッドハンティングを受けないなら丁寧にお断りした方が良いでしょう。 丁寧な断り方をしておく事で後々助けてもらえる事もあるかもしれません。数年後もしかしたら勤務先の企業が何かトラブルがあって、倒産してしまったり、リストラされる事もあるかもしれません。そうした時の助け舟をだしてくれる可能性もあるのです。そのため丁寧な断り方をしておくべきなのです。

ヘッドハンティングを断っても気にしない事

ヘッドハンティングは数人の候補の方に絞って転職話をしているため、断られる事を前提の上で話を持ち掛けています。できるだけ有能な人材に絞り込み話を持ち掛け、その中で話を聞いてくれて転職をしてくれる人を探しているのです。 そのため話を断ってしまったら申し訳ないという気持ちになる必要はありません。堂々ときちんした断り方をすれば理解してもらえます。

ヘッドハンティングを断る理由で批判や悪口は言わない事

ヘッドハンティングの話を断る時は理由を付けてきちんと断るのが、良い断り方ですが、断る理由があまりにも正直すぎるのは良くありません。 例えば「今の企業の待遇の方が良いのでお断りします。」「今の会社の年収の方が良いのでお断りします。」と言ってしまうとなんだか転職先の待遇を批判している様に聞こえてしまいますよね。 このように正直に答えすぎると、今後ヘッドハンティング先の企業と関わる事があった場合に、気まずい思いをしてしまう事も考えられます。 そのため断る理由は「とても良いお話だったのですが、自宅との距離もありますし、今回は辞退いたします。ぜひ今後、自宅に近い案件で、条件に合う良いお話があれば検討いたします。」等と無難えな断り方をした方が良いでしょう。

なるべく早く返事をする

ヘッドハンティングを受けた時に悩んでしまうのはわかります。しかしいつまでも待たせているわけにはいきません。 できるだけ早いうちに返事をするべきです。待たせてしまうと相手もそれだけ期待して待ってしまいますし、時間がもったいないですよね。なので断る場合はなるべく早めにお断りしましょう。

②ヘッドハンティングには電話かメールでお断りする

②ヘッドハンティングには電話かメールでお断りする
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ヘッドハンティングをされた時、あなたに転職をする気が無ければヘッドハンターとは直接は会わない事をおすすめします。実際に会って話を聞いてしまうと乗り気じゃなかった転職の案件もすっかり乗り気になってしまう事も十分あります。 また実際に会ってしまうと断りづらくなってしまう事も考えられますので、転職話に乗り気でなければメールや電話でお断りする事をおすすめします。 断り方は自分で選ぶことができます。自分でしっかり選んでちゃんと断りましょう。

関連タグ

アクセスランキング