IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ヘッドハンティング転職への断り方例文|英語例文と電話対応

転職ノウハウ

ヘッドハンティングがあり、断ろうと思っているけど、なんだか悪いような気がして断り方がわからず先伸ばしにしてしまう。人生の転機ですし悩んでしまいますね。しかし今の現状に満足しているなら断るべきです。そこで今回はヘッドハンティングの断り方のポイントをご紹介します。

更新日時:

外資系企業からの英語でのヘッドハンティングもある

最近は外資系企業からのヘッドハンティングが増えています。外資系という事は外国の方が働いているという事ですね。外資系企業からのヘッドハンティングが増えているという事は英語でのヘッドハンティングの電話をしてくる事もあります。 この時、断り方が分からずに慌てて無言で電話を切ったりするような事はしないように気を付けましょう。せっかくのヘッドハンティングの機会を逃すどころか、勤務先企業の評価も落としてしまう事も考えられます。充分に断り方に注意して話をしましょう。

ヘッドハンティング断り方の共通のポイント

外資系企業からのヘッドハンティングが増えてきていても断り方のポイントは同じなので、まずは共通する断り方のポイントを見ていきましょう。

①ヘッドハンティングには丁寧な断り方を心がける

ヘッドハンティングをされるという事はそれだけの基準をクリアした有能な人材であるという事です。 喜ばしい事ですが、今は転職を考えていない人間がヘッドハンティングをされても、複雑な気持ちですよね。今はヘッドハンティングを受けないなら丁寧にお断りした方が良いでしょう。 丁寧な断り方をしておく事で後々助けてもらえる事もあるかもしれません。数年後もしかしたら勤務先の企業が何かトラブルがあって、倒産してしまったり、リストラされる事もあるかもしれません。そうした時の助け舟をだしてくれる可能性もあるのです。そのため丁寧な断り方をしておくべきなのです。

ヘッドハンティングを断っても気にしない事

ヘッドハンティングは数人の候補の方に絞って転職話をしているため、断られる事を前提の上で話を持ち掛けています。できるだけ有能な人材に絞り込み話を持ち掛け、その中で話を聞いてくれて転職をしてくれる人を探しているのです。 そのため話を断ってしまったら申し訳ないという気持ちになる必要はありません。堂々ときちんした断り方をすれば理解してもらえます。

ヘッドハンティングを断る理由で批判や悪口は言わない事

ヘッドハンティングの話を断る時は理由を付けてきちんと断るのが、良い断り方ですが、断る理由があまりにも正直すぎるのは良くありません。 例えば「今の企業の待遇の方が良いのでお断りします。」「今の会社の年収の方が良いのでお断りします。」と言ってしまうとなんだか転職先の待遇を批判している様に聞こえてしまいますよね。 このように正直に答えすぎると、今後ヘッドハンティング先の企業と関わる事があった場合に、気まずい思いをしてしまう事も考えられます。 そのため断る理由は「とても良いお話しだったのですが、自宅との距離もありますし、今回は辞退いたします。ぜひ今後、自宅に近い案件で、条件に合う良いお話しがあれば検討いたします。」等と無難えな断り方をした方が良いでしょう。

なるべく早く返事をする

ヘッドハンティングを受けた時に悩んでしまうのはわかります。しかしいつまでも待たせているわけにはいきません。 できるだけ早いうちに返事をするべきです。待たせてしまうと相手もそれだけ期待して待ってしまいますし、時間がもったいないですよね。なので断る場合はなるべく早めにお断りしましょう。

②ヘッドハンティングには電話かメールでお断りする

ヘッドハンティングをされた時、あなたに転職をする気が無ければヘッドハンターとは直接は会わない事をおすすめします。実際に会って話を聞いてしまうと乗り気じゃなかった転職の案件もすっかり乗り気になってしまう事も十分あります。 また実際に会ってしまうと断りづらくなってしまう事も考えられますので、転職話に乗り気でなければメールや電話でお断りする事をおすすめします。 断り方は自分で選ぶことができます。自分でしっかり選んでちゃんと断りましょう。

③英語で電話があった場合はメールで送ってもらう

英会話が得意じゃないのは相手もわかっていて電話をしているはずです。しかし一般的な英会話ができてもビジネス的な英会話になると緊張したり知らない単語が出てきたりして断り方に戸惑う事もあります。 そこで英語でヘッドハンティングの電話をされた場合は、日本語のできる方に代わってもらいメールで詳細を送ってもらうようにしましょう。 後半部分で英文でのヘッドハンティングの電話を受けた時に使える例文と断り方の例文を載せておきますので、参考にしてみてください。

ヘッドハンティングの断り方の例文

ヘッドハンティングの断り方の例文をここではご紹介していきます。

メールで断る場合の例文

件名:求人案件のご紹介について シマゾン・ジャパン 島田様 お世話になっております。 この度は、シマゾンジャパン社のご紹介をして頂きまして、誠にありがとうございます。 今回ご紹介して頂いた案件は、とても魅力的で将来性の高い案件であると感じました。 しかし、真剣にご検討させて頂いたところ、大変恐縮ではございますが、お断りをさせて頂く決断に至りました。 せっかく、ご紹介頂いた案件であったにも関わらず、承諾するに至らずご迷惑をお掛けして、 大変申し訳ございませんでした。 またこの度私に、ご紹介下さった島田様には大変感謝しております。 今後ともご支援、ご協力をして頂ければ大変光栄でございます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 夏目孝弘

英語でヘッドハンティングの電話を受けた時に使える英文例

英語でヘッドハンティングの電話が掛かってきた時に使える英文例をいくつか載せておきます。参考にして使って見ましょう。

「I am not good at speaking English. Could I talk with a person who can speak Japanese?」

英語でヘッドハンティングを断る場合の英文

例1:今の会社に満足している場合  「I deeply appreciate the offer; but I am really satisfied with my current job and circumstances. I’m sorry and thank you again.」 例2:ヘッドハンティング案件に興味を持てなかった場合  「I’m afraid, but I am honestly not interested in your offer. I’m sorry and thank you for contacting me.」

終わりに

いかがでしたか。今回はヘッドハンティングを受けた時の断り方のお話しをしてまいりました。どんなに良い話だとしても、現状が良いと感じていたり、新しい人間関係を今更作るのが不安だったりする場合は無理せずにお断りする事も大事です。 転職は人生の転機ですから、失敗してしまうと取り返しがつきません。それなりのリスクを覚悟の上、行動するべきなのです。 断る場合も冷たく断る事はせずに、チャンスをくれた事に感謝をして丁寧にお断りしましょう。そうしておく事で、今後もっと大きなチャンスをもらえる事もあるかもしれませんよ。

関連タグ

アクセスランキング