IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

職場内ネガティブキャンペーン対策7つ・ネガキャンの目的

更新日:2020年02月13日

マネジメント

あまり聞きたくない「ネガティブキャンペーン」という言葉ですが、最近では職場内での「ネガティブキャンペーン」も問題視されるようになりました。この記事では、職場内で「ネガティブキャンペーン」に悩んいでいる方向けに、実践的な対策方法を7つ紹介します。

ネガティブキャンペーンとは?

「ネガティブキャンペーン」とは、自分の施策・政策をアピールするよりも、相手のネガティブポイントをアピールする選挙戦術です。 「選挙戦術」という言葉から分かる通り、元来は選挙での戦い方を示す言葉でした。近年では選挙に限らず、「相手のネガティブポイントをアピールする」行動全般を指す言葉として使われています。

ネガティブキャンペーンの目的

「ネガティブキャンペーン」の目的は、周囲に相手の短所やネガティブな情報を流すことで、相手を貶めて自分自身の評価を上げることです。 完璧な人間いませんし、同じく完璧なやり方はありません。頭では理解していても、人は長所よりも短所や欠点の方が強く印象に残ってしまいます。「ネガティブキャンペーン」は、こうした人間の習性を利用した手法です。

ネガティブキャンペーンが行われる状況

ここからは「ネガティブキャンペーン」が行われる状況を見ていきましょう。 「選挙戦術」であることから、「政治活動」では今でも当然のように行われています。加えて、近年では「企業活動」や「職場・団体内」でも「ネガティブキャンペーン」が行われるようになってきました。

状況1:「政治活動」

「ネガティブキャンペーン」は「政治活動」の場で頻繁に行われています。 「普通選挙」を実施する多くの国では、有権者は必ずしも政策に興味や関心・知識を有するわけではありません。こうした有権者には一つ一つの政策を細かく説明するよりも、「対立する相手がいかにひどい人物・団体か」をアピールする方が有効と考えられています。

状況2:「企業活動」

近年では「企業活動」においても、「ネガティブキャンペーン」と目される事象が増えてきました。 日本ではあまり目にしませんが、アメリカなど海外の一部諸国では「比較広告」がメジャーです。TVCMなどで自社製品とライバル製品を比較し、「自社製品がいかに優れていて、ライバル製品がいかに劣っているか」を露骨にアピールしています。

状況3:「職場・団体内」

「職場・団体内」でも、「ネガティブキャンペーン」が問題視されています。 例えば、「○○さんはあんなことをしていたらしいよ」と悪い噂を流すなどの行為です。中には単なるいじめのケースもあります。「ネガティブキャンペーン」は少し大袈裟な言い方かもしれませんが、評判を下げられた人にとっては切実な問題です。

職場内ネガティブキャンペーンへの対策7選

ここからは、職場内の「ネガティブキャンペーン」に悩んでいる方に向けて、「ネガティブキャンペーン」への7つの対策方法を紹介します。 「ネガティブキャンペーン」は、「他人の不幸は蜜の味」という人間の習性を上手く利用しています。心身ともボロボロになる前に、対策できることには対応していきましょう。

対策1:「相手にしない」

職場内の「ネガティブキャンペーン」への対策として、「相手にしない」というものが挙げられます。 泣きたくなる感情をこらえて、何を言われても堂々とした態度を貫きましょう。「ネガティブキャンペーン」を行う相手も、あなたからの反応がなければ「いじめても面白くない」「いじめても意味がなさそうだ」と自然と落ち着くこともあります。

次のページ:ネガティブキャンペーンの事例
初回公開日:2017年02月09日

記載されている内容は2017年02月09日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング