IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

リマインドメールの意味や送り方は?書き方や例文・返信のコツも紹介

更新日:2022年12月31日

メール・手紙

リマインドメールの意味や送る際のポイントについてご存知でしょうか。この記事では、リマインドメールの意味や相手別の送り方、そして文面のポイントについてご紹介します。リマインドメールの送り方について疑問や不安がある方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

リマインドメールを送るシーン・タイミング

リマインドメールは送るタイミングによっては相手にとって失礼にあたる場合があります。 そのため、リマインドメールは適切なタイミングで送るようにしましょう。

社内でイベントなどの行事を実施する場合

社内でイベントなどの行事を実施する際に、出欠確認の返事がない人に対してはリマインドメールを送ると良いでしょう。 そもそものメールを見落としていたり、スケジュール確認してから出欠を返信しようと思って忘れてしまったりしている可能性があります。また、忙しい時間に業務と直接関係ないメールが来た場合は、開封自体を忘れている場合もあります。 社内イベントや行事は、参加者の人数に応じてケータリングや記念品を発注することもあるでしょう。その発注期限に間に合うよう、リマインドメールを送ると良いでしょう。

商談や会議などを実施する場合

商談や会議の前日までにリマインドメールを送ると、参加漏れを防げます。 リモートワークで会議する場合などは、リマインドメールを活用すると良いでしょう。日々の業務に追われていると、会議の日程を忘れてしまう人も出てきます。 また、早めにスケジュールを抑えた会議などは、リマインドメールで開催をお知らせするのがおすすめです。

取引先や顧客などから連絡が来ない場合

仕事のスケジュールが遅れないように、取引先や顧客との間でもリマインドメールを活用しましょう。 納品期日が迫っている仕事や、連絡して欲しい期限があるとき、取引先や顧客から連絡が来なくて仕事が進まない状況に陥ったことはありませんか。そんなときは、リマインドメールを送るタイミングです。 もうすぐ期日が迫っていることをリマインドして、相手の行動を待ちましょう。仕事のスケジュール管理に役立つのが、リマインドメールのメリットでもあります。

書類の提出期限が迫っている場合

書類の提出期限が迫っているのに提出されない場合は、改めて期限を伝えるリマインドメールを送るのがおすすめです。 書類を提出する本人が記載するだけの簡単なものなら、あまり急かす必要はないでしょう。しかし、添付書類を揃えないといけないものや、公的書類のコピーが必要なときなどは早めにリマインドメールを送っておくのがおすすめです。

リマインドメールの書き方

件名に【リマインド】と入れてしまうと、失礼にあたります。メールの件名からいきなり催促の要素が強いと、相手が気分を害してしまうからです。 件名には【リマインド】という言葉は使わず、【確認依頼】【再送信】などと、置き換えた言葉を使いましょう。

【状況別】リマインドメールの例文

リマインドメールは、丁寧で低姿勢を心がけ、次の構成で書いていきます。

  1. 冒頭の挨拶
  2. リマインドに関する詳細(日時や場所や用件)
  3. 締めの挨拶
  4. 署名

社内向けに送る場合

次のページ:リマインドメールを送る際の6つのポイント
初回公開日:2017年01月13日

記載されている内容は2017年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング