IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書のメールアドレスは携帯?Gmailも使っていい?

初回公開日:2016年11月21日

更新日:2020年06月01日

記載されている内容は2016年11月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メールマナー

ここでは、履歴書にメールアドレスを書く際に知っておくべきポイントをご紹介します。これさえ読んでおけば、「履歴書のメールアドレス記入欄って、どのアドレスを書けばいいの?」という疑問はばっちり解決です!

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

携帯電話のキャリアアドレスは書いても大丈夫?

携帯電話を購入すると、利用者はそのキャリア(通信サービスを提供している会社)のアドレスをゲットできます。以下の文字列が含まれているメールアドレスが代表的です。 ・docomo ・softbank ・ezweb これらのアドレスは、携帯電話を持っていれば必ず手にしているので、普段から重宝している人も多いと思います。 しかし結論を言うと、携帯のアドレスを履歴書に書くのはNG! なぜでしょうか?

携帯のアドレスを履歴書に書いてはいけない理由

ポイント1:企業からのメールが届かない

携帯キャリアのメールアドレスは、携帯同士で連絡を取り合うことを前提に用意されています。そのため、迷惑メール対策として“PCからのメールは全て拒否する”という設定になっている場合があります。そのせいで、企業からの大切なメールが届かないことも。たとえその設定を解除していたとしても、「なんでわざわざ、届かないかもしれないアドレスを教えてきたんだろう?」と採用担当者側に思われてしまうというリスクを負ってしまいます。

ポイント2:大事なファイルが開けない

携帯のアドレスに送られてきたメールを見るのは、もちろん携帯電話からです。すると、企業から送られてきたメールに添付ファイルがあったときに、そのファイルを見られないことがあります(zip形式や特殊な形式の場合)。大切な入社試験の資料などを見逃すようなことがあったら大変です。 履歴書のことで分からないことがあれば、プロのキャリアアドバイザーが在籍するエージェントを活用することをおすすめします。しっかりと内定を勝ち取るまでの術を教えてくれます。

Gmailなどのフリーメールアドレスは書いても大丈夫?

携帯用のアドレスを書くのはおすすめできないと前述しましたが、それではパソコン用のフリーメールのアドレスはどうでしょうか? 以下の文字列が含まれているメールアドレスが代表的です。 ・gmail.com ・yahoo.co.jp 各サービスサイトでアカウントを作るだけで発行できるアドレスなので、その手軽さから重宝している人も多いはず。 結論から言うと、Gmailなどのアドレスを書くのはOK! ただし、いくつか注意点があります。

ポイント1:アドレス名に注意すべし

フリーメールのアドレスは、“@”よりも前半の文字列を自由に設定して発行します。そのため、個性的なアドレスを使用することができるのですが、就活ではそれが裏目にでることも…。以下のようなアドレスは企業側に悪い印象を与えてしまうので、履歴書に書かないようにしましょう。 ・happy ○○(クラス・サークル名)やlove ○○(恋人の名前)など、プライベートな内容のアドレス ・daisuki ○○(キャラクターの名前)やsaikyou ○○(ゲームのタイトル)など、趣味が反映されたアドレス ・naiteikudasai(内定ください)や、tekitouningen(適当人間)など、ふざけていると思われてしまうアドレス

ポイント2:就活専用のアドレスを作るべし

就活中は大量のメールが届きます。友達からのメールと企業からのメールが同時に送られてくると、受信箱がいっぱいになるのはあっという間です。少しでもメールの整理を楽にするために、就活関係メールの専用のアドレスを作っておくことをおすすめします。 メールアドレスの作成は、Gmailがおすすめです! Gmailは、いわずと知れた検索エンジン・Googleが運営するメールサービス。数あるフリーメールサービスのなかでもとりわけシンプルな表示とスマートな操作性で、ビジネスの場面でも活用されることが多いです。そのため、就活用のアドレスをどのサービスで作ろうか迷っていたら、Gmailで取得することをおすすめします。 「履歴書のこの部分はどう書けばいいのだろう・・・」と少しでも悩んでいる方は、就活生が活用するエージェントを登録してみましょう。履歴書添削や面接の上手な受け方など、いろいろな情報を知ることができます。

関連タグ

アクセスランキング