IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

最終面接における質問内容とは?事前の準備・回答のコツを徹底解説

更新日:2022年12月16日

面接

最終面接は対策をしていないと意外に落ちるものだと知っていますか。本記事では、最終面接で良く聞かれる質問から良い逆質問、悪い逆質問まで最終面接突破に重要なポイントをまとめています。新卒も転職者も内定を勝ち取るために、ぜひこの記事をチェックして対策をしましょう。

新卒の就活や転職における面接の最後の関門となる最終面接。 内定まであと一歩の重要な関門だと分かってはいるものの、「今までの面接と何が違うのか」、「何をどう対策すれば良いのか」悩む方が多いのではないでしょうか。 最終面接の段階になると候補者もだいぶ絞られてくるので、最終面接の情報が少なく、情報収集も難しくなると言われています。 本記事では、最終面接でよく聞かれる内容や質問意図、逆にNGな例から最終面接を突破するための対策方法までをまとめています。 書類選考から一次面接、二次面接とクリアしてきたのに最後の最後で、落とされてしまうのは避けたいものです。最終面接前に対策をするかしないかで、最終面接の合否は変わってきます。 この記事を読んで、最終面接に向けて事前に対策をして内定を勝ち取りましょう。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

最終面接とは

最終面接とは

最終面接では、主に「入社意欲」「学生の特徴」「企業とのマッチ度合い」を確認しています。 ここからは最終面接について解説していきます。今回は、一次・二次面接との違いを始めとした3項目をピックアップしていきます。 最終面接についてご興味がある方は、参考にしてください。

一次・二次面接との違い

最終面接は、今までの一次面接・二次面接とは何が違うのでしょうか。一次面接・二次面接は、実務で求められるスキルや相性の確認、応募者の人柄が社風や部署にマッチしているかを見ています。 一方で、最終面接は会社全体の利益につながるかの確認や、中長期的に会社に貢献してくれそうかを見ています。

経営層が面接官

一次面接や二次面接は、一般的に現場担当者や人事が担当しますが、最終面接は社長や役員など経営層が担当することが多いです。 内定を出したら、内定辞退せずに入社してくれるかどうかの入社意欲を見ているのも、最終面接の特徴と言えます。

最終面接にかかる所要時間

最終面接にかかる所要時間は、15分〜1時間程度と企業によって異なります。15分など短時間の場合は、最終面接の段階でほぼ合否が決まっており、最終面接を意思確認や顔合わせと位置付けているケースです。 一方で、最終面接を1つの選考として重視する企業の場合、30分〜1時間程度の時間を取って行われます。 いずれの場合でも、最終面接は最終判断の場なので、事前に準備しておくようにしましょう。

最終面接で面接官が知りたいこと

最終面接で、企業側の面接官が知りたいことをご紹介します。 面接官がなぜそれを知りたいと考えているのかという理由を知ることで、どのように答えるのがベストなのかを考える材料になります。

就活生の価値観

最終面接で面接官が知りたい内容として、就活生の価値観が挙げられます。価値観は、何かの経験や人との出会い、年齢とともに変化することもありますが、そう簡単にコロコロ変わるものではありません。 面接で就活生の価値観を聞く理由は、仕事に対するモチベーションの源泉が何かを確かめようとしたり、価値観を通して人柄や考え方を知ろうとして、社風や理念との相性の良さを見ていたりするからです。

入社意欲・企業の求める人材とのマッチ度

就活生の価値観とも似ていますが、最終面接では志望意欲の高さや自社にマッチした人材であるかどうかを聞かれます。 最終面接まで残れている時点で、スキルが十分にあることが前提となりますので、企業と応募者の考えがマッチしているのかという部分を重視しています。入社後、長く活躍してくれる人材の獲得のため、入社への熱意や会社とのマッチ度合いを確認しているケースが多いと言われています。

入社後のビジョン・成し遂げたいこと

次のページ:最終面接に向けて準備しておきたいこと
初回公開日:2016年12月04日

記載されている内容は2022年12月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング