IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接の手応えなしでも受かる?|手応えなしのほうが合格しやすい?

初回公開日:2017年04月02日

更新日:2020年05月13日

記載されている内容は2017年04月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

このページでは、「面接の手応え」をテーマにして、手応えあり・手応えなしの面接の特徴や、手応えなしなのに面接に受かるケースなどについて、考察しています。面接の結果と手応えの関係性について考える際に、ぜひ参考にしてみて下さいね。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

手応えは重要?手応えなしの面接の合否について

就活や転職活動の過程で、最低でも1回は経験するであろう面接。 集団面接や個人面接など、形式はさまざまですが、いずれの場合も緊張するという方が多いと思います。 面接は、担当者や面接官からの質問に答えるだけのシンプルな選考方法ではありますが、答え方次第で印象が変わったり、時には合否が分かれたりするので、苦手な方も多いでしょう。 「手応えなしだった…」と、面接後に落ち込んだ経験がある方も、少なくないのではないでしょうか? しかし、面接における手応えは、合否に関係しているものなのでしょうか?手応えなしだと感じた面接でも、選考を通過できたり内定をもらえたりした経験がある方も、いらっしゃるのではないでしょうか? そこで今回は、「面接の手応え」をテーマにして、手応えなしの面接の合否について考察していきたいと思います。 直接会って会話や質問をされる「面接」は準備が非常に大切です。一人で不安を抱えるよりも転職エージェントに相談してみましょう。転職のプロが書類の添削から面接対策までサポートしてくれます。

手応えありの面接

そもそも、面接の手応えとは何なのでしょうか?どのような面接が手応えありで、どうなってしまうと、手応えなしなのでしょうか? まずは、手応えありの面接とはどのようなものなのか、考察していきたいと思います。

手応えありの面接【1】:たくさん質問をされる

面接中、面接官が積極的に質問をしてくる場合があります。 お互いに沈黙している時間が少なく、面接官の方から積極的に次々と質問をしてくる場合は、手応えありと感じる方が多いようです。 勿論、面接官や担当者の面接に対する考え方や、選考内容によっても質問数などは変わってくる為、積極的に質問をされたからと言って、必ず選考を通過できるとは限りません。 しかし、次々と質問をされる場合、面接官や企業側が自分に対して、興味や関心を示しているサインである可能性は、高いと考えられそうです。

手応えありの面接【2】:具体的なスケジュールを質問される

また、面接で尋ねられる質問の内容からも、手応えを感じることはできます。 上記でも述べたように、企業や担当者の方針によって質問内容は変わってくる為、特定の内容の質問をされたら必ず内定を得られると断言することはできませんが、具体的なスケジュールや勤務時間、出勤が可能な日程などを質問された場合は、手応えありと考える方が多いようです。 企業としても、日程や希望の勤務時間に応えられるようであれば、働いてもらいたい人材だからこそ、具体的なスケジュールや出勤の希望、日程などを尋ねていると考えられる為です。 ですから、日付や勤務開始日、勤務時間などを質問された場合は、手応えありの面接だったと考えることができそうですね。

手応えありの面接【3】:厳しい態度や難しい質問

面接中、答えにくい質問をされたり、厳しい態度を取られたりする場合があります。 質問に答えても、「もし、そうでなかった場合はどうしますか?」などと掘り下げて尋ねられたり、意地悪な質問をされたりすると、上手く回答できない場合もあり、「手応えなしだった」と感じてしまうこともあるでしょう。 しかし、実際には、厳しい態度や難しい質問が多い面接というのは、手応えありの場合も多いようです。 企業というのは、イメージを大切にします。 ですから、最初から採用する予定のない人には、厳しい態度や意地悪な質問をして企業のイメージを下げるよりも、当たり障りのない話題をしてやり過ごし、イメージを下げずに不採用にする方法を選んだ方が、企業側にとって無難な場合もあります。 その為、手応えありと感じていても、当たり障りのない話題や世間話で盛り上がった面接というのは、反対に手応えなしの場合もあるのです。

手応えなしの面接

上記では、一般的に手応えありと言われる面接の特徴をご紹介しましたが、反対に手応えなしと言われる面接は、どのようなものなのでしょうか? 続いて、一般的に手応えなしと言われがちな面接の特徴や内容について、考えていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング