IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でアピールできる面白い特技20選|みつからない場合の探し方も紹介

更新日:2022年11月11日

面接

特技が見つからず面接でどう答えればいいのか分からないという人もいるでしょう。本記事では面接でアピールできる特技20選を紹介していきます。見つからない場合の探し方も併せて紹介しているので、悩んでいるという人はぜひこの記事をチェックしてみてください。

「あなたの特技は何ですか?」と聞かれた時、すぐに答えが出なくて困った経験をした人はいるでしょう。 面接において特技を聞かれることはそう珍しいことではなく、予め解答を考えている人も多くいます。しかし、実際に考えてみるとどの程度から特技と呼べるのか、どういった特技をアピールした方がいいのかと、更なる悩みが浮かんでくるでしょう。 本記事では面接で特技を聞かれる理由や面接官の意図について解説し、それを踏まえてアピールできる面白い特技を紹介していきます。また、逆に答えてはいけない特技についてもまとめていきます。 記事を読むことで、面白い特技がなぜ面接に有効なのかがわかるでしょう。 特技を答えることは志望動機や自己PRと同じくらい重要なことと言えます。面白い特技を答えると質問者にとっても好印象となるので、答え方に悩んでいる人はぜひこの記事を参考にしてみてください。

面接で特技を聞かれるのは何故か

面接では志望動機や経歴などを聞かれる場でありますが、特技や趣味を聞かれることも少なくありません。人によってはなぜ特技を聞くのか質問の意図が分からず疑問に思っていることでしょう。 面白い特技について知っていく前に、まずは面接で特技を聞かれる理由や面接官の意図について紹介していきます。

人柄や人間性を確かめるため

特技や趣味はその人の好みや潜在的な資質について知ることができます。面接官としては、その人がどんなことに興味を持ち、どんなことなら熱中する人なのかを知ろうとしているのです。 例えば特技を釣りと答えた場合、魚が引っ掛かるまでじっと待てる根気強さを持っていることが分かり、仕事においても粘り強さを発揮してくれるだろうと期待を抱かれます。 このように、答えた特技によってはその人の仕事への姿勢や得意分野、人間関係の築き方について読み解くことができます。

アイスブレイクの1つとして考えているため

面接は求職者と面接官が向かい合って行われるため、非常に緊迫感溢れる環境になりがちです。これを受けて求職者の緊張をほぐすために、アイスブレイク目的で特技を聞くこともあるそうです。 面接官としてはその人の自然な答えや素の気持ちを聞きたいと思っています。特技を聞かれた際は、あまり考え込み過ぎず、なるべくリラックスして受け答えできるようにしましょう。

特技の中には仕事に役立つ能力があるため

特技の中には仕事に役立つ能力があります。 例えば、読書が好きでビジネス書をよく読む人は、マーケティング能力や経済に関する知識が深いでしょう。 サッカーやバレーボールといったチームスポーツをしていた人であれば、チームで動くために必要なコミュニケーション能力などが備わっていることをアピールできます。

入社後の適性をみるため

特技から人柄や人間性を知ることにより、社風や業務内容に適切かどうかを判断できます。 暗算が得意な人であれば、数字を扱う企業や部署でよく働いてくれそうな人材だと評価してもらえるでしょう。 趣味で日記をつけ続けていると答えれば、コツコツ続ける能力がある人と見られ、仕事を途中で投げ出さずに続けられる精神力があることを間接的に伝えられます。

コミュニケーション能力をはかるため

入社後の適性を見ることの他に、社員同士で円滑なコミュニケーション能力があるかどうか見極めようとする意図もあります。 会社によっては社内サークルが活発的な場合があります。もしも特技や趣味がそのサークルに関連しているものであれば、入社後にコミュニケーションを取りやすくなる1つの要素になるでしょう。

面接でアピールできるおすすめの面白い特技20選

面接でアピールできるおすすめの面白い特技20選

特技を答えることによって面接官に自分の内面や印象をアピールできますが、これといって思い当たる特技がないという人もいることでしょう。 ここからは面接でアピールできるおすすめの面白い特技20選を紹介していきます。 あまり深く考え込まず、自分が普段何をしているのか、過去に何かを成し遂げたことがあるか、といったことを考えながら参考にしてみてください。

1:速読

書籍を読む時に一行ずつ追って読むのではなく、複数の行を同時に読めることは面接官に驚きも与えられる特技としておすすめです。 本を早く読めるということは、それだけ時間的余裕も生まれ業務においても有益に働く能力だと判断されます。 実際に答える時は、どのくらいの文章量やページを何分で読める、といった具体的な説明を合わせることをおすすめします。

次のページ:2:集中力
初回公開日:2022年11月01日

記載されている内容は2022年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング