IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接辞退をメールで連絡する際のマナー|理由の例文や書き方も解説

更新日:2022年12月14日

面接

面接辞退のメールの書き方をご存知でしょうか。本記事では、面接辞退をメールでする際のマナー全般についてご紹介します。面接辞退のメール作成のポイントを知りたい方や、面接辞退の例文をチェックしたい方は是非この記事を読んでみてください。

「面接辞退をメールで連絡する際のマナーは?」 「面接辞退を電話でしたほうが良い場合はある?」 このように、面接の辞退を考えている方の中には沢山の不安や疑問があるのではないでしょうか。 本記事では、面接辞退をメールで連絡する際のマナーについて紹介しています。 この記事を読むことで、面接辞退のメールを送る際のポイントや注意点を知ることができるでしょう。 面接辞退を考えている方は、この記事を読んでみてください。

面接辞退の方法は?

面接辞退の方法は主にメールと電話があります。 基本的に面接日までに余裕がある場合はメール連絡で良いでしょう。しかし、前日や当日など面接日が迫っている場合は電話連絡を併用するなど、臨機応変に対応することが望ましいです。 面接時間に間に合うように余裕を持って辞退の連絡を入れるように心がけておきましょう。

新卒就活・転職での面接辞退のマナー

新卒の就活であっても転職活動中であっても、どちらも面接辞退のマナーは同じです。 他に志望していた企業に内定したときや、単にスケジュールが合わなくなったなど、さまざまな要因で面接辞退をすることがあるでしょう。また、体調不良や電車遅延などでどうしても面接に行けなくなることも考えられます。 面接の辞退は仕方がないことなので、マナーを守って企業へ連絡することが重要です。ここからは面接辞退のマナーについて紹介します。

できる限り早く辞退の連絡をする

面接を辞退する際、どのようなタイミングで企業側に連絡するのがベストなのでしょうか? 結論から言うと、辞退することが決まった時点で一刻も早く連絡を入れるのが、最善と言えるでしょう。面接のために担当者が準備をしていますので、なるべく手間をかけさせないよう早めに辞退の連絡を入れておきましょう。 また、二次面接や三次面接など複数回の面接を行う場合は、あなたが辞退することで繰り上がりで面接通過させたい候補者がいる場合があります。 さまざまな事情が企業側にもあるため、面接辞退を決めたらすぐに連絡を入れるよう心がけましょう。

無断で辞退はNG

面接を辞退すると決めたら、連絡を入れることが面倒臭く感じたり憂鬱に感じる方も多いのではないでしょうか。しかし、面接を無断で辞退することはNGです。 面接の担当者は下準備をした上で、面接者が来ることを待っています。履歴書やエントリーシートをチェックしたり、質問事項を用意したりと準備しているでしょう。面接を辞退する連絡をしないでやり過ごしたとしても、面接官はあなたが来るのを待ち続ける場合があります。 社会人のマナーとして、辞退する際には必ずメールや電話で連絡を入れるようにしましょう。

連絡は企業側の営業時間内に行う

前日の夜などに面接の辞退が決定し、朝になり次第連絡を入れたいという場合は、会社の営業時間となってからメールを入れましょう。営業開始時間の前にメールを入れても、担当者が確認できるとは限りません。 しかし、面接開始時間と企業側の営業開始時間が同じだった場合は、営業開始時間の1時間前くらいから、連絡を入れてみるようにしましょう。面接当日なので確実に担当者に伝わるよう電話も併用しておくと安心です。

連絡は基本メールで良い

面接辞退のマナーとして、連絡は基本的にメールで行いましょう。 面接者が多数いる場合や、忙しい時間帯に電話で面接辞退の連絡をするよりもメールのほうが相手に確実に伝わります。あなた自身と面接担当者との間で、面接辞退の連絡を取り合った記録が文書として残るメリットもあります。 しかし、面接辞退のメールに対して何の返信がなく、担当者に伝わったか心配な場合は電話で再度伝えると良いでしょう。また、面接日前日や当日など、すぐに担当者に面接辞退を知らせたいときも電話が便利です。 基本的にはメールで辞退できますが、面接開始時間までに面接担当者に確実に伝わる方法を選ぶことを意識するようにしましょう。

面接辞退の連絡がメールで良い理由

面接辞退の連絡は基本的にメールで問題ありません。しかし、企業によっては変更がある場合は電話で行うよう指示されている場合があります。面接案内の文書をしっかりとチェックしてからメール送信するようにしましょう。 ここからは、面接辞退の連絡がメールで良い理由を2つ紹介します。メールで良いのか迷っている方は、メールを送ってから電話でさらにフォローする方法もあります。まず基本はメールと考えておくと良いでしょう。

次のページ:面接辞退を電話連絡すべき場合もある
初回公開日:2016年12月02日

記載されている内容は2022年12月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング