IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己紹介の内容・プレゼンを成功させるコツと面白くするポイント5コ

初回公開日:2017年04月05日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

就活の面接

難関を乗り越え無事に就職内定を貰っても、さらなる難関が待ち構えています。これから一緒に仕事をする方々への自己紹介です。自分という人間を端的に、かつ明確にアピールしましょう。自己紹介を見て、会社の方々はあなたがどんな人間かを判断します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

自己紹介の目的

自己紹介は、初対面の相手に自分がどういう人間なのか紹介し、今後の関係をより良くするために行います。自己紹介がその人の「第一印象」を決めると言っても過言ではありません。 「これからよろしくお願いします」「仲良くしてください」という気持ちを込めて行うものですので、相手の印象に残りやすく、親しみやすい内容が良い自己紹介と言えます。

見た目の印象

見た目の印象
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of ...

「人は見た目よりも中身」とはわかっていても、やはり見た目の印象は大切です。ただし、ここでの「見た目」は「美人」とか「イケメン」という意味ではありません。 相手に自分を良い人物だと感じてもらうために行うのが自己紹介です。無愛想にしているよりも、にこやかに自己紹介をすると、より内容が入ってきやすくなり印象が良くなります。

プレゼンの流れ

まずは挨拶をし、自分の名前や所属など、基本情報を言いましょう。自己紹介ではこの情報が非常に大切です。 自分が何者なのか知ってもらったら、アピールポイントや趣味、特技など、パーソナリティに関する内容に移りましょう。ただし、あまり多くの情報を詰め込みすぎても早口になったり時間オーバーしてしまうことになるので、取捨選択が必要です。 人前で話すことが苦手で悩んでいるなら、就職エージェントへ相談してみましょう!転職のプロがあなたの強みやアピールポイントを引き出してくれます。「自分では気づけなかった自分」を知ることで、苦手な自己PRを克服できるかもしれません!

自己紹介の内容

自己紹介で何を内容に盛り込むと効果的なのか、以下にご紹介します。基本的な情報はしっかりと述べつつ、独自の自己紹介内容で注目を集めましょう。 盛り込む内容によって、印象に残りやすくなったり、興味をひきやすくなるので、自分が特にアピールしたい事項を中心に組み立ててみましょう。

名前はフルネームで

自分の名前は省かず、苗字と名前を両方言いましょう。苗字だけだと、それほど深くかかわるつもりがないような印象を与えてしまいます。下の名前だけを紹介するシチュエーションは、公的な場所ではありえません。 フルネームすべてであなた個人を特定する情報になります。自己紹介では名前は最も重要な内容ですので、抜けのないように注意しましょう。

関連タグ

アクセスランキング