IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本の労働環境の現状と問題|異常・改善の必要性・海外の反応

更新日:2020年08月14日

経済

日本の労働環境は諸外国に比べて悪いのか?日本で働いていると、これが当たり前と思ってしまうため良いのか悪いのかわかりません。しかし労働環境の悪さを感じるニュースをよく目にするのも事実です。日本の未来のために労働環境の改善は必須です。

長く続いたデフレも労働環境の改善を阻む要因です。値段が安いのが当たり前と消費者が思い込んでしまっているため、なかなか値上げに踏み切れません。そのため従業員の賃上げが難しくなります。労働環境の是正には適正な価格が必要だということを忘れてはいけません。

労働環境の改善に向けた課題と必要性

労働環境の改善は早急に必要です。とはいえ課題は多く、中にはすぐに解決できないようなものもあります。しかし無理に思えても、今後日本経済が世界の中で生き残っていくためにはやらなければなりません。

働き方は変わるのか

働き方改革の実現に向けて労使が一体となって望む必要があります。人口減少時代に入った日本にはもはや時間的猶予がないということを知る必要があります。

形だけ作ってもダメ

いま働き方改革のためにさまざまな法案が準備されていますが、もちろん法案などで形だけ整えても実行されなければ意味がありません。どのように実行させるのかまでが一つのスキームです。

企業は7割潰れていい?

厳しい言い方をすれば、劣悪な労働環境で人を働かせる会社は潰れた方が世の中のためとも言えます。いま中小企業の7割が赤字とも言われています。黒字化し、潰れないための最善の手は人へ投資することです。

人への投資こそすべて

企業の業績を上げるために必要なのは何より人です。一時は天下取りに最も近いと言われた戦国時代の名君主である武田信玄は「人は城、人は石垣」と経営における人材の重要性を500年も前に語っていました。現代にこそこの言葉の重みがより感じられるのではないでしょうか。

初回公開日:2018年03月07日

記載されている内容は2018年03月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング