IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

産休に入る際の挨拶まわりと例文・社内で配るお菓子とその予算

初回公開日:2017年01月22日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2017年01月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

社会人常識

産休に入る際、どのようなことをしておくべきなのでしょうか?また、産休前の挨拶には、どんなマナーがあるのでしょうか?このページでは、「産休に入る際の挨拶」をテーマにして、産休前の挨拶のマナーやポイント、例文や挨拶と共に配るお菓子についてご紹介しています。

気持ち良く産休に入る為に知っておきたい、産休前の挨拶マナー

産休は、出産を控えている女性の権利の1つです。元気な赤ちゃんを出産するのに、身体と心の準備をする期間として、欠かせないものです。 とはいえ、産休は職場の人の協力や理解があって成り立つものでもあります。出産後、また職場に復帰することを考えると、職場の人とはできるだけ良好な関係を築いておきたいものだと思います。 そこで今回は、周囲の理解を得て気持ち良く産休に入る為に、産休前の挨拶やマナーなどについてご紹介してきます。

産休に入る前にしておきたいこと

産休に入るということは、仕事に穴をあけるということです。産休は、妊娠している女性の権利ですので、勿論気に病む必要はありません。 しかし、自分が休んでいる間の仕事や職場のことを考えると、引継ぎや後任について考えたり協力したりしてもらえると、周囲も大変助かることでしょう。 出産後、職場復帰を考えているようなら、尚更です。産休中のことを考えて産休前に引継ぎや後任をしっかり準備しておくことで、周囲の人の産休に対する理解も、ぐっと良くなる可能性があります。 職場のことを考えた行動をすることで、同僚や上司にあたたかく見送ってもらえたり、子育てを応援してもらえたりする可能性もあります。また、職場の人々と良好な関係を築いていた方が、将来的には職場復帰もしやすくなります。

産休に入る際の挨拶について

産休に入る前にしておくべきことは、上記でご紹介した後任や引継ぎの準備だけではありません。 産休に入る際は、職場の人々に対して挨拶をしておくことも大切です。しっかりと挨拶をすることで、周囲の人の出産や育児に対する理解を得やすくなりますし、感謝の気持ちなどもしっかり伝えられます。

産休に入る際の挨拶の相手は、大きく分けて3種類

産休に入る際、挨拶をすることをおすすめしましたが、具体的には誰に挨拶をすれば良いのでしょうか。 結論から言うと、産休に入る際の挨拶をするべき相手は、大きく分けて3種類存在します。 1つ目の挨拶するべき相手は、社内の人々です。上司や先輩、同僚や後輩といった、普段から接する機会が多い人や、同じ部署の人といった人々は、産休中もお世話になることが多いので、しっかり挨拶しておきましょう。 2つ目の挨拶するべき相手は、部署などは異なるものの、社内で仕事を協力したり接点があったりする人です。上記の人々と比較すると、一緒に仕事をしたりお世話になったりする頻度は低い場合もありますが、休みを取ることやその間の業務がどうなるのかについては、相手に伝えておくのが礼儀です。 3つ目の挨拶するべき相手は、社外の顧客やクライアントです。お客様とも言うべき相手なので、自分が仕事を休むこと、その間の担当や後任がどうなるのかなどを伝えておくと、相手も安心できるでしょう。

産休に入る際の挨拶をする方法

産休前の挨拶をする際、どのような方法で挨拶をすれば良いのでしょうか。時期や挨拶をする相手によっても異なりますが、産休に入る前の挨拶をする方法は、大きく分けて3種類あります。 1つ目は、メールです。社内の人々に一斉に知らせたり、社外の人に気を遣わせないでやり取りしたい場合におすすめの挨拶方法です。 2つ目は、口頭です。上司に出産や産休について伝える場合などは、まずは口頭で挨拶するのがベストだと思われます。 また、朝礼などの場を借りて、部署や社内も人全員に産休について挨拶するというのも、1つの方法です。 3つ目は、電話です。特にお世話になっている取引先の相手などには、電話で挨拶をする方法もあります。しかし、状況によっては大袈裟になってしまったり、相手の時間を拘束することになってしまう可能性もあるので、電話で挨拶する場合は、相手のスケジュールや状況をよく確認しましょう。

産休に入る際の挨拶をするタイミング

続いて、どのタイミングで産休に関する挨拶をするのがベストなのか、挨拶の時期やタイミングについて考察していきたいと思います。結論から言うと、産休の挨拶のベストなタイミングは、相手によって異なります。 例えば、同じ部署や職場の上司や先輩、同僚など、社内の人に挨拶をする場合は、 1カ月前(※1)が1つの目安と言われています。また、産休に入る1カ月前に挨拶をした後、産休前の最後の出勤日にも再度挨拶をするのが望ましいという見解もあります。 社外の人に関しては、さまざまな見解があります。外回りなどで取引先の企業に訪問する場合があるようなら、やはり1カ月前(※1)くらいに口頭で伝えるのが望ましいと言われています。 しかし、職種や体調によっては、なかなか訪問したり直接会ったりする機会がない場合もあります。 口頭で伝えるのが難しい場合は、メールで挨拶をするのが良いとされていますが、メールであれば最低でも産休には入る1週間前(※1)くらいまでに挨拶をするのが、マナーと言われています。

産休に入る際の挨拶の例文

いざ挨拶をするとなると、どんなことを言えば良いのか、また何を伝えておけば良いのか、内容について頭を悩ませる方も、少なくないと思います。 そこで、産休に入る際の挨拶の内容について、例文をご紹介していきます。業界や職場、また状況によって文言や内容などは異なりますが、産休に入る際の挨拶を考える際には、ぜひ参考にしてみてください。

社内にメールで挨拶する場合

関連タグ

アクセスランキング