IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

初回公開日:2018年03月13日

更新日:2020年03月04日

記載されている内容は2018年03月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

お礼文を書いたことがありますか。お礼文は、ビジネスメールや手紙などで送ることが多いですが、実際に書こうとすると何を書けば良いか迷う方も多いでしょう。ここでは、お礼文のメールや手紙の書き方や文例、またシーン別のお礼文例などをご紹介します。

3.末文

・結びの挨拶:前文で頭語を省略した場合には結語も省略します。

4.後付け

・日付 年号は省略して、月日のみで良いでしょう。 ・署名:差出人名を書きます。

5.副文

「追伸」「二伸」などを書く場合には最後に書きます。親しい人への手紙のみに使い、目上の人への手紙には副文は書かないようにしましょう。

時候の挨拶

お礼文の手紙を書く場合には、一般的には「○○の候、いかがお過ごしでしょうか」などの時候の挨拶を書きます。しかし、この時候の挨拶は決まりきったもので、何度もやり取りをしている相手の場合は少々味気ないと感じることもあります。 時効の挨拶の書き出しにおいては、自分なりの言葉で書いたり、また失礼のない程度に省略するなど工夫してみるのも良いです。自分の言葉をうまく取り入れることで、相手へのあなたの感謝の気持ちがより伝わりやすくなるお礼文になるでしょう。

種類別お礼文の書き方や文例

お礼文とひとくちに言っても、さまざまなシーンで文章内容は異なります。ここでは、種類別のお礼文の書き方や文例をみていきます。

内祝い

お礼文は、基本的に物やサービスを受けたときや世話になったときに、なるべき早めに出すことがマナーです。内祝いのお礼文は、既に自分が何かしらのお祝い(結婚祝い、出産祝い)をいただき、そのお返しの意味で内祝いを送る場合に添えるものです。特にお礼文に入れるべき内容は以下のようになります。 ・お礼のことば ・品物をいただいた場合には、それを活用している様子 ・今後のお付き合いをお願いする挨拶 ・名前と住所

内祝いのお礼状文例

以下に結婚内祝いのお礼状の文例をご紹介します。 (文例)「早春の候 皆様方におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。わたくしどもは、〇月〇日に無事挙式を終えることができました。これから二人で力を合わせ、幸せな家庭を築いていきたいとおもいます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

チケット譲渡

チケット譲渡に対するお礼状というのは、誰でもが書く内容ではありませんが、お礼状には変わりませんので、きちんとした感謝の気持ちを込めて書きましょう。以下にチケット譲渡のお礼状の文例をご紹介します。 (文例)「このたびは、○○のチケットを譲渡いただきありがとうございます。とても行きたいコンサートだったのですが、チケットが手に入らず諦めていたところだったため、大変うれしく感謝しております。いまからコンサートに行くのが待ち遠しいです。当日も、どうぞよろしくお願いいたします。」

お歳暮

関連タグ

アクセスランキング