IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

メール

お礼文を書いたことがありますか。お礼文は、ビジネスメールや手紙などで送ることが多いですが、実際に書こうとすると何を書けば良いか迷う方も多いでしょう。ここでは、お礼文のメールや手紙の書き方や文例、またシーン別のお礼文例などをご紹介します。

更新日時:

お礼文のメールの書き方

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

いまはビジネスにおいてメールによるやり取りは不可欠ですが、その中でも重要なメールがお礼のメールです。ビジネス上何かしてもらったり、お世話になったときにはこまめなお礼メールをすることで、相手からの信頼度合いが違ってきます。 また、せっかくのお礼メールですので、丁寧に失礼のない内容で書かなければなりません。ここでは、メールによるお礼文の書き方についてみていきます。

お礼文のメールの書き方;件名

件名のみで内容がわかるようにします。例えば「○○についてのお礼」などのように書き、件名の後に(○○株式会社 ○○○○)のように会社名と氏名をかっこ書きで書くようにすると相手にもわかりやすいです。

お礼文のメールの書き方;書き出し

お礼文のメールを書く場合でも、まずは書き出しとして通常のメールと同じくいつもお世話になっていることへのお礼と自分が誰であるかを書きます。例えば、「いつもお世話になっております。株式会社○○の○○です。」のように書きましょう。

お礼文のメールの書き方;結びなど

お礼文のメールの結びとしては、以下のような文言を書きます。 ・まずはお礼申し上げます。 ・まずは、ご報告まで。 ・まずは、用件のみにて失礼いたします。 また、返信が不要の場合には以下のような結びの文でも良いでしょう。 ・なお、返信は不要です。 ・ご確認いただければ、返信は不要です。

「取り急ぎお礼まで」は失礼

お礼文のメールの結びとして、「取り急ぎお礼まで」と書かれている場合がありますが、これはお礼文の結びとしては失礼です。「取り急ぎ」という言葉はお礼をいう場合には不適切です。もし、同じような意味をお礼文の結びとして使いたいのであれば、「まずはお礼まで」としましょう。

お礼文のメールの書き方;本文

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

お礼文の本文には、お礼したい内容を簡潔に書くとともに感謝の言葉を書き添えます。またビジネス上のお礼であれば、その他伝えたい情報があれば、それも伝えましょう。例えば、以下のような文になります。 (例文)「このたびは、○○のご注文をいただきまして、誠にありがとうございます。今回の貴社よりのご注文を大変うれしくおもっております。ご注文いただきました○○につきましては、〇月〇日の納品を予定しておりますので、もうしばらくお待ちくださいませ。」

お礼文のメールは他の要件を書かない

お礼文のメールを書く場合には、他の要件を書かないようにしましょう。他の要件を書いてしまうと、お礼文がついでのようになって、相手に感謝の気持ちが伝わりにくくなってしまいます。お礼文は誠意をもち、自分の素直な感謝の気持ちを書くように心がけましょう。

お礼文のメールは早めに送る

お礼文のメールを送る場合に気を付けなければならないことに、送るタイミングがあります。お礼文のメールでは、仕事上のものにしろプライベートにしろ、相手に何かしらのことをしてもらった場合です。できれば、その当日、遅くとも翌日にはお礼文のメールを送るようにしましょう。 ビジネス上のメールであれば、できるだけ早めのお礼文メールを送ることが重要になってきます。これから信頼関係を築く相手であれば、タイミングよくこまめなお礼文を送ることは大変効果的です。ビジネス上のツールとして、上手にお礼文メールを活用していきましょう。

お礼文の手紙の書き方

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

お礼文を手紙で送る場合には、どのように書けば良いのでしょうか。手紙の書き方には縦書きと横書きがありますが、基本的に改まったものや目上の方に書く手紙は縦書きで、親しい相手に送る手紙は横書きで書きます。ここでは、お礼文の手紙の書き方を縦書きの場合と横書きの場合で分けてご説明します。

お礼文の手紙の書き方;縦書き

目上の人や改まった相手へ書く場合には、白無地の便箋に縦書きで書きます。文章は、前文、主文、末文、後付けという構成で書きます。

1.前文

縦書きのお礼文の手紙の前文には以下の内容を書きます。 ・頭語:手紙の一番先に書く挨拶、末文の結語とセットで使います。(拝啓と敬具など) ・時候の挨拶:時節、天候など季節感をあらわす言葉を頭語から一文字空けて書きます。 ・安否を尋ねる挨拶:相手の健康や安否を尋ね、気遣う文を入れます。 ・自分の安否と現況:自分の現況を報告します。 ・感謝やお礼:お世話になった方への感謝の言葉を書きます。

2.主文

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

お礼文ですので、何に関してのお礼なのか、また自分の感謝の気持ちをできるだけ簡潔に書きます。このとき、相手へのお礼の気持ちがきちんと伝わるように、お礼文ではない他の事柄の内容は入れないように気を付けましょう。

3.末文

・結びの挨拶:用件をまとめて、今後の健康や繁栄を祈ることばを書きます。 ・結語:頭語とセットで書きます。(「拝啓」の場合の「敬具」など)

4.後付け

・日付:漢数字で年号を含め日付を書きます。 ・署名:差出人の名前を書きます。 ・宛名:フルネームで、必ず敬称をつけ、若干大きめの字で書きます。

お礼文の手紙の書き方;横書き

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

横書きのお礼文は、親しい人宛の場合のみにしましょう。横書きで書くお礼文の書き方も、基本的には縦書きの構成と同じですが、縦書きのときよりもカジュアルな分、省略して良い項目もいくつかあります。横書きのお礼文の構成は以下のようになります。

1.前文

・頭語:親しい人宛のお礼文のため、頭語は省略することも可能です。 ・時候の挨拶:手紙を書く季節や天候に応じ、季節感をあらわす言葉を書きます。 ・安否を尋ねる挨拶:相手の健康、安否を気遣うような言葉を書きます。

2.主文

本文では、お礼の内容について明確かつ簡潔に書きます。いつどのできごとに対してのお礼なのか、または何かをいただいてのお礼なのか、きちんと相手に伝わるように書きましょう。また、それに対するあなたの感謝の気持ちも詳しく入れてみると、より相手に気持ちが伝わりやすくなります。

3.末文

・結びの挨拶:前文で頭語を省略した場合には結語も省略します。

4.後付け

・日付 年号は省略して、月日のみで良いでしょう。 ・署名:差出人名を書きます。

5.副文

「追伸」「二伸」などを書く場合には最後に書きます。親しい人への手紙のみに使い、目上の人への手紙には副文は書かないようにしましょう。

時候の挨拶

お礼文を手紙を書く場合には、一般的には「○○の候、いかがお過ごしでしょうか」などの時候の挨拶を書きます。しかし、この時候の挨拶は決まりきったもので、何度もやり取りをしている相手の場合は少々味気ないと感じることもあります。 時効の挨拶の書き出しにおいては、自分なりの言葉で書いたり、また失礼のない程度に省略するなど工夫してみるのも良いです。自分の言葉をうまく取り入れることで、相手へのあなたの感謝の気持ちがより伝わりやすくなるお礼文になるでしょう。

種類別お礼文の書き方や文例

お礼文とひとくちに言っても、さまざまなシーンで文章内容は異なります。ここでは、種類別のお礼文の書き方や文例をみていきます。

内祝い

お礼文は、基本的に物やサービスを受けたときや世話になったときに、なるべき早めに出すことがマナーです。内祝いのお礼文は、既に自分が何かしらのお祝い(結婚祝い、出産祝い)をいただき、そのお返しの意味で内祝いを送る場合に添えるものです。特にお礼文に入れるべき内容は以下のようになります。 ・お礼のことば ・品物をいただいた場合には、それを活用している様子 ・今後のお付き合いをお願いする挨拶 ・名前と住所

内祝いのお礼状文例

以下に結婚内祝いのお礼状の文例をご紹介します。 (文例)「早春の候 皆様方におかれましてはお健やかにお過ごしのことと存じます。わたくしどもは、〇月〇日に無事挙式を終えることができました。これから二人で力を合わせ、幸せな家庭を築いていきたいとおもいます。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。」

チケット譲渡

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

チケット譲渡に対するお礼状というのは、誰でもが書く内容ではありませんが、お礼状には変わりませんので、きちんとした感謝の気持ちを込めて書きましょう。以下にチケット譲渡のお礼状の文例をご紹介します。 (文例)「このたびは、○○のチケットを譲渡いただきありがとうございます。とても行きたいコンサートだったのですが、チケットが手に入らず諦めていたところだったため、大変うれしく感謝しております。いまからコンサートに行くのが待ち遠しいです。当日も、どうぞよろしくお願いいたします。」

お歳暮

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

お歳暮をいただいた場合には、お礼文を出すのがマナーです。お歳暮をいただきお礼文を書く場合には、お歳暮をいただいたことに対する感謝の気持ちを伝えるように書きましょう。以下がお歳暮へのお礼文に書くべき項目になります。 ・挨拶の言葉 ・お歳暮をいただいたお礼と感謝の言葉 ・自分はもちろん、家族も喜んでいる様子 ・末永いおつきあいをお願いすることば ・相手の健康をねがう言葉 ・日付と差出人名

お歳暮へのお礼文はできるだけ早めに送る

お歳暮へのお礼文は、お歳暮が届いてから2~3日以内には送りましょう。また手紙で送ることが一般的で、はがきは目上の人に対しては失礼になりますので注意が必要です。もし、どうしても目上の人にはがきでお礼文を出す場合には、「はがきにて失礼いたします」と一言添えるようにしましょう。

お歳暮をいただいた場合のお礼文例

(文例)「拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さて、このたびはご丁寧に結構な品を賜り、まことにありがとうございます。毎々のご配慮に恐縮するとともに、心よりお礼申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。寒さはこれからが本番でございます。どうかみなさまご自愛くださいますようお祈りいたしております。まずは、略儀ながら書面にてお礼申し上げます。」

保育参観

保育参観後に保護者宛にお礼文を書く場合があります。以下が保育参観のお礼文の文例になります。 (文例)「〇日の保育参観には、たくさんのご父兄のみなさま、ご家族のみなさまにお越しいただきまして、ありがとうございました。子供たちもたいへん喜んでいる様子で、普段以上に子供たちの笑顔が見れた一日でした。 また、参観後に行ったクラス懇談では、子育ての悩みを話し合ったり、アドバイスをしあうなど和気あいあいとした雰囲気で懇談できたことはとても良い経験でした。みなさま、本当にありがとうございました。」

運動会

運動会は、保護者にいろいろな協力をしてもらう場合も多く、終了後にお礼文を送ることも多いです。以下が運動会のお礼文の文例になります。 (文例)「保護者、ご家族のみなさま、〇月〇日はお忙しい中運動会にご参加いただきましてありがとうございました。また、当日は早朝より準備、設営、また終了後の後片付けなど快くご協力いただきまして、ありがとうございます。職員一同より、お礼申し上げます。 子供たちも、お父さん、お母さんん、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に楽しい時間を過ごせたようで、たくさんの楽しい思い出ができたようです。ケガや事故もなく運動会ができましたのも、みなさまのご協力の賜物です。今後ともたくさんの思い出をつくれるような行事運営を心がけてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。」

ホワイトデー

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

ホワイトデーは、バレンタインで何かしらいただいた場合のお返しです。しかし、ただお返しの品を送るだけでなく、お礼文を添えると、よりお相手への感謝の気持ちをつたえることができます。以下がホワイトデーのお礼文の文例になります。 (文例)「いつもお世話になっております。バレンタインではお心遣いありがとうございました。日頃の感謝のきもちを込めて贈ります。これからもよろしくお願いします。」

餞別など

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

転職や異動のときに餞別をいただく場合があります。この餞別へのお礼文はどのように書けば良いでしょうか。餞別のお礼文の文例をご紹介します。 (文例)「拝啓 ○○の候、みなさま方におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。先日は過分なお餞別をいただきまして、ありがとうございました。あたたかいお心遣いをいただき、大変うれしく感謝いたします。 さて、わたくしは新任地で挨拶まわりも終わり、ようやく落ち着きはじめました。みなさまに教えていただいたことを守りつつ新たな業務に取り組んでいく所存です。これまでのご指導に感謝申し上げるとともに、○○のみなさまのご健勝とご発展をお祈り申し上げます。」

お礼文はマナーを守りできるだけ早めに送りましょう

お礼文のメールの書き方・文例|メール/手紙/内祝い/お歳暮

いかがでしたか。お礼状は、基本的に相手から何かしらの物をいただいたり、何かをしていただいたことへのお礼であり、できるだけ早く送ることがマナーです。メールでも手紙でも、重要なのは相手への感謝の気持ちを表すことです。 また、ビジネスにおいては、お礼状はこまめに送ることで、信頼関係を強くするツールとしても活躍します。特にビジネス上のお礼状は、丁寧な言葉遣いや失礼のない文章を心がけて、できるだけ早めに送るようにしましょう。

アクセスランキング