IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自己紹介の基本項目5つ・上手なの自己紹介のポイント・NG点

更新日:2022年10月31日

社会人常識

自己紹介を求められる機会は人生の中で多々ありますが、その度にどんなことを話せばいいのか悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。ここではそんな自己紹介について項目を設けてポイントを解説するとともに、各項目における注意点についてもご紹介します。

面白い自己紹介をしようと、笑いだけを狙った発言をするのはよくありません。自己紹介は、あなたの人物像を語る場であり、エンターテインメントの場ではありません。 ウケ狙いの発言は、内容がないので結局何も伝わらないことに加え、うまく決まらなかった場合には場がしらけてしまいます。このようにリスクはあってもメリットは少ないのでウケ狙いは避ける方が良いでしょう。

NG2「あいまいな表現」

自己紹介は、自分のことを自分で紹介する物ですので、あいまいな表現はあり得ません。自分のことは自分にしかわからず、わかっているはずの自分自身が自己紹介の項目を自信なさそうに話していると聞いている方は混乱してしまいます。 「かもしれません」「だと思います」という表現ではなく、「です」「ます」など、断定する表現を使いましょう。それによって相手もあなたの話を信頼できるようになります。

NG3「えー、や、あのー、などの多用」

話をしている最中に言いよどみ、その間を埋めるために意味のない声を出しすぎてしまうのも自己紹介の印象を悪くします。「えー」「あのー」などと連発していると、自己紹介の項目そのものが適当なもののように思われてしまう可能性もあります。 事前に準備をしていない、という評価にもつながってしまい、社会人としての能力が低いと思われてしまう可能性もありますので、できるだけ無意味な発言は控えましょう。

NG4「長すぎる」

自己紹介が長すぎると、名前や出身、人となりなどの重要な自己紹介の項目が相手の記憶から抜け落ちてしまう可能性があります。また、聞いている人が疲れてしまいます。 自己紹介は、本来「自分がどういう人間で、何ができるのか」という簡潔なもののはずですので、深く掘り下げたり、あまり多くの要素を取り入れすぎたりする必要はありません。要点をシンプルにきちんと伝えることが何より大事です。

上手な自己紹介で好印象を与えよう

自己紹介は、成功すれば相手に好印象を与えることができ、今後の人間関係も良くすることができるイベントです。この機会を十分に活用しましょう。 基本情報や人となり、今後の目標などの自己紹介の項目を理路整然と伝えることが重要です。また、発表の際には明るい表情で、はきはきと相手の目をみて話しましょう。これによってあなたの第一印象は大きく変わります。

相手に伝えたいと思う気持ちが大事

自分のことを語ると言っても、自己紹介では相手にそれが伝わることが一番重要なことです。自己紹介の項目を「相手にわかってもらいたい」「伝えたい」という気持ちをもって臨むことが大切です。 1人よがりの発表は他人にとって魅力的ではありません。自己紹介の項目だけでなく、相手がそれについてどう感じるかも考えて自己紹介を作成しましょう。

初回公開日:2018年03月03日

記載されている内容は2018年03月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング