IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【面接】使い分けが大切!自己紹介と自己prの違いと使い分け方

面接

面接でよく聞かれる自己紹介と自己PR。これらは、どのように違うなのでしょうか?このページでは、自己紹介と自己PRの違いについてまとめています。また、面接をスムーズにクリアするために、自己紹介と自己PRの使い分け方についてもご紹介しているので、ぜひ参考にどうぞ。

更新日時:

面接で聞かれる自己紹介と自己PR、何がどう違うのか?

転職活動や就職活動をしていると、面接を受ける機会が何度も訪れますね。そして、その度に「自己紹介をお願いします。」「自己PRをして下さい。」と、企業側から尋ねられるのではないでしょうか? 1回の面接で、自己紹介か自己PR、どちらか1つだけであれば、そんなに問題はないかもしれません。しかし、最初に自己紹介をして、その後に自己PRもすることになった時、皆さんは使い分けて話すことができますか? 今回は、ついつい混同してしまいがちな、自己紹介と自己PRの違いについてご紹介していきます。現在、転職・就職活動をしている方は勿論、「今は面接とは無縁」という方も、覚えておいて損はない知識ですので、ぜひ参考にしてみて下さい。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

自己紹介と自己PR、上手く使い分けないと面接が台無しに…

自己紹介と自己PR、2つの違いは至ってシンプルです。自己紹介は「自分を紹介すること」で、自己PRは「自分の良さをアピールすること」となっています。 もしも、自己紹介と自己PRを使い分けられなかった場合、どのようなことになってしまうのでしょうか?例えば、自己紹介の際に、自己PRすべき内容まで話してしまうと、後から「自己PRをして下さい。」と言われた時に、重複した内容を話すことになってしまうかもしれません。 話すことが得意な方や、アドリブが上手な方の場合は、もしかしたら上手くやり過ごせるかもしれません。しかし、面接では緊張している方がほとんどだと思います。想定外の展開になり、面接をしている間ずっと、ペースが乱れてしまう可能性もあるでしょう。 そのような失敗を防ぐためにも、以下で自己紹介と自己PRの違いについて、詳しく見ていきたいと思います。

自己紹介とは?

まずは、自己紹介とはどのようなものか、考えてみましょう。 自己紹介とは、面接官への挨拶のようなものです。自分はどういう名前で、どのような人間か、簡潔に話すことが自己紹介です。自分という人間の単なる紹介ですので、無理に良い点や長所を話す必要はありません。 自己紹介の際に、長所や特技、志望動機などを話してしまうと、後からそれらを質問された時に、同じ回答をすることになってしまいます。 とはいえ、氏名を述べただけで自己紹介を終わらせてしまうのは、あまりにも簡潔で味気ないものです。自己PRや志望動機で話す内容は温存しつつ、自分のキャリアの概要や趣味などを簡潔に話すのが、ベストと言えるでしょう。

面接で自己紹介する時のポイント

自己紹介では、以下のような項目を伝えましょう。 ・氏名 ・転職の場合は前職でのキャリアや役職、新卒の場合は出身校や学科 ・専門分野 ・趣味や特技 これらの内容を、大きな声ではっきり伝えることが大切です。 また、面接によっては自己紹介に時間制限がある場合もあります。短い場合と長い場合とで、話す項目や内容を変えられるように考えておきましょう。

自己PRとは?

続いて、自己PRとはどのようなものなのか、見ていきましょう。 自己PRとは「自分の長所や強み、良い所について話すこと」です。自分について話すという意味では、自己紹介とそんなに変わらないように思うかもしれませんね。しかし、自己PRとは、自己紹介のように「どのような人間か紹介すること」ではありません。自分がどんなに素晴らしい人間かを話すことが、自己PRなのです。

面接で自己PRのポイント

上記では、自分の長所や良い点を話すことが自己PRであるとご紹介しました。 しかし、単に自分の良い所を見せびらかすだけでは、企業側は物足りないと感じるでしょう。企業が面接で自己PRや長所・短所について尋ねるのは、「自社にとって戦力になる人かどうか?」を見る為でもあるからです。 自己PRでは、単に長所や特技を話すだけでなく、それらを使って企業にどう貢献していけるかを話すことが重要です。自分の素晴らしさや有能さ、その企業にとってどんなに役立つ人間なのかをセットで語ることができて、初めて「自己PR」と言えるでしょう。

面接で自己紹介と自己PRを使い分けるには

自己紹介と自己PRの違いを理解できれば、面接中に使い分けることも簡単ですね。 面接で「自己紹介をして下さい」と言われた時は、自分の概要について語りましょう。淡々とデータを話すだけでも問題はありません。しかし、面接官に好印象を残したいのであれば、趣味などについて少し話して、人柄や性格などを紹介するのも良いでしょう。時間の制限や場の雰囲気に合わせて、長さや内容を臨機応変に変えることが重要となります。 一方で、「自己PRをして下さい」と言われた場合は、自分の良さや長所に関する内容を中心に語ります。そして、その良さが志望企業の事業にどう活かせるか。自分を採用することで、志望企業にどのようなメリットがあるのかを、セットで話しましょう。

自己紹介と自己PR、正しく使い分けて面接をスムーズに。

いかがでしたでしょうか?今回は、面接でよく聞かれる自己紹介と自己PRについて、2つの違いや使い分けについてご紹介しました。 自己紹介と自己PRは、ほぼ必ず面接で聞かれる質問でありながら、混同してしまいがちです。しかし、2つは全く別のもの。話す内容も、企業側が各質問から知りたいことも、大きく異なっているのです。 自己紹介を通して、企業は自分の何が知りたいのか?また、「自己PRをして下さい」という質問には、企業側のどのような目的が隠れているのか?それらを考えながら回答することで、面接で好印象を与える回答ができるようになりますよ。

関連タグ

アクセスランキング