IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「よろしくお願いします」の意味と正しい使い方・敬語表現

敬語

よろしくお願いしますという言葉をよく見かけるでしょう。ビジネスや日常生活など、あらゆる場面で見聞きすることがあります。よろしくお願いしますは何気なく使っているでしょうが、実はルールがあります。一度、よろしくお願いしますの意味について知っておきましょう。

更新日時:

「よろしくお願いします」の意味と正しい使い方

「よろしくお願いします」の意味と正しい使い方

私達は日常生活のあらゆる場面で人に挨拶をします。買い物やほんの軽い雑談など、シチュエーションは数え切れません。またビジネスや学業でも、目上の人や自分よりも年下の人とも挨拶をするでしょう。そういう時に、よろしくお願いしますと挨拶することが多いです。 長年の友人や家族の場合はそこまでかしこまらないでしょう。しかし人によっては気心が通じ合った相手に対してもよろしくお願いしますと言う場合があります。もしも周りに気を遣いたくて、よろしくお願いしますを使いたい場合は言葉の意味をきちんと学んでみましょう。 相手との円満な関係を築くために頻繁に使われる挨拶がよろしくお願いしますです。ですが、よろしくお願いしますという言葉にも、ふさわしい場面とそうでない場面があります。いつも使っている軽い挨拶でも、使い方を間違えないようにしましょう。

「よろしくお願いします」を使いこなすには

「よろしくお願いします」を使いこなすには

よろしくお願いします、という言葉を使いこなしたい場合は「よろしく」の意味を理解するべきです。軽い挨拶や社交辞令としてよろしくを見聞きしたり、あるいは自分で口にする人は多いでしょう。もちろん、よろしくという言葉は気軽に扱うことができます。 よろしくは漢字で書くと「宜しく」になります。程よい具合や適当の意味を持っていたり、または誰かに対する好きという感情を表す時に使われる言葉です。基本的に、自分よりも立場が上の人を敬ったり、または誰かに頼みごとをする時に口にする言葉と考えましょう。 ビジネスでも、上司や外部のお客さまに対してよろしくお願いしますと口にすることが多いでしょう。また、人によっては部下に対しても敬語で接することがあり、その時によろしくお願いしますと言って、頼みごとをするケースがあるので、汎用性が高い挨拶です。

声量にも意識して

声量にも意識して

もちろん、軽いノリでよろしくという挨拶を使っては反感を買うケースもあります。お世話になっている人や、仕事で直接の上司に対して軽々しくよろしくと言っては信用を失います。やる気を感じさせたい場合、表情や姿勢を意識しながら、きちんと仕事に取り組みましょう。 また、大声を出すこともおすすめしません。例えやる気をアピールするとしても、大声を出しては周りから反感を買う恐れもあります。また聴覚過敏の人がいたら、その大きな声に不快感を抱いてしまい、トラブルを招くでしょう。そのため、周りへの気遣いも求められます。 ぽそぽそと話すべき、という意味ではありません。はっきりと、そして明るい表情で挨拶をすれば他人から信用されるので、相手に聞こえるようにすることは大事です。まずは自分の声量をきちんと把握して、信用される挨拶の練習をしてみると良いでしょう。

よろしくお願い致しますの使い方

よろしくお願い致しますの使い方

より相手を敬う表現によろしくお願いいたします、があります。こちらも、よろしくお願いしますと並ぶほどにビジネスや日常生活の多くの場面で見聞きするでしょう。一見すると丁寧な表現に見えますが、実はこちらもよろしくお願いしますと同じで使用には注意が必要です。 漢字で書くと「よろしくお願い致します」になりますが、この「致します」という漢字は結果を起こす意味が含まれています。それはマイナスの意味での結果という印象が強いので、基本的にはひらがなで表現することをおすすめします。細かい漢字の意味も知りましょう。 相手に対する礼儀を現したいのなら、常に言葉の勉強を続けていきましょう。特にビジネスの場面では、言葉の使い方についても意識する人がいます。そうした人から評価されるためにも、勉強は欠かせません。ビジネス文章も提出する前に推敲してみましょう。

ひらがなの表現が無難

また、上記の意味に限らず、ひらがなで表現した方がくどくなりません。例え丁寧さをアピールするとしても、漢字を多用しては読む方も疲れてしまいます。そのため、よろしくお願いしますなどの表現では漢字は最低限だけ使われるケースもあります。 もちろん、きちんと使うべき漢字は多いです。しかし繰り返しますが、一つの文章の中に漢字を盛り込んでも文章が読みにくくなります。よろしくに限らず、「あらかじめ」や「また」のように感じで表現できる言葉もありますが、あえて使わない人もいます。 漢字は覚えておいて損はありませんが、実際に使う時は読んでくれる人のことも考えましょう。ビジネス文章ならともかく、日常でのメールやSNSで人に連絡をする際は、あまり漢字を使い過ぎては相手から嫌がられます。漢字を使うなら、状況を考えることをおすすめします。

よろしくお願いしますとの違い

よろしくお願いしますよりも丁寧な言葉遣いをしたくなった時、よろしくお願いいたしますが使われます。この時、上記で書いたように「いたす」の書き方には注意しましょう。漢字が逆効果になる可能性もあるので、不安な場合は一度調べてみることがおすすめです。 ビジネスメールでも「よろしくお願いいたします」が頻繁に使われるでしょう。あるいはよろしくお願いしますといたしますの両方を使っていたら、一度それぞれの意味を学び直してみることをおすすめします。細かい違いがあるので、両方の意味を把握しましょう。

敬語表現の「よろしくお願いします」の言い方

敬語表現の「よろしくお願いします」の言い方

相手を敬う表現として、よろしくお願いしますを使うでしょう。ですが、尊敬語や丁寧語は世の中に多くあり、もっと相手に対する敬意を伝えることも可能です。あまりにくどすぎては逆効果になりますが、ビジネスやパーティーの挨拶などで丁寧語は役立ちます。 他にも、会議や面談で目上の方はもちろんのこと、同僚や部下と大事な話し合いをする際はどうしても敬語になります。相手は自分のために貴重な時間を割いてくれたので、正しい敬語を使うことが大事です。そのためにも、心を込めてよろしくお願いしますと言いましょう。

丁寧語

よろしくお願いしますの丁寧語の例としては、よろしくお願い申し上げますがあります。申し上げますとは、目上の人に対して、自分がもっともへりくだった意味を持ちます。そのため、何か重要な頼みごとがある場合に使われることが多く、ビジネスでも頻繁に見かけるでしょう。 そして尊敬語にはおっしゃるがあります。相手の発言や指摘を全面的に同意する意味を持ちます。そのため、こちらもよろしくお願いしますと同じようにビジネスのコミュニケーションで頻繁に使われるので、使い方について学んでおくことがおすすめです。

よろしくお願いしますを使う場面

よろしくお願いしますを使う場面

よろしくお願いしますはあらゆる場面で使われるでしょう。日常生活でも、近所の人と世間話をしている最中に頼みごとをしたくなったら、相手によろしくお願いしますと言います。そして買い物をしている時でも、店の人からよろしくお願いしますと言われることがあるでしょう。 また、家具や家電製品を購入する際にも、契約書を確認することを求められて相手からよろしくお願いしますと言われます。高い買い物になるので、お店の方もどうしても対応が慎重になります。大きな品物になると、購入後に不備があったと言われても対応に時間がかかります。 もちろん、購入後のアフターケアも充実していますが、保証期間が決まっていることがほとんどです。その確認を怠らないことを念押しするため、よろしくお願いしますと口にします。状況によっては、強調の意味合いを持つことも考えましょう。

アナウンスとして

店内や駅でアナウンス放送がされる際にも、最後の挨拶としてよろしくお願いしますが使われます。新しい商品が追加されたり、あるいはサービスを始める時のアナウンスによろしくお願いしますと書き込むサイトもあるでしょう。今後も贔屓にしてもらうために使われます。 他にも、朝の通勤ラッシュや満員電車の最中でも、何らかのトラブルが起きて電車が止まるような事態になった時にもよろしくお願いしますが使われます。朝は多くの人が通勤や通学で電車を利用するので、緊急事態に陥るケースもあるでしょう。それを説明するために使います。 鉄道会社に限らず、サービスを提供する側の多くが業界の成長や顧客側からの信用を得るために力を尽くしています。しかし、どうしてもトラブルが起きることは避けられないので、相手からよろしくお願いしますと言われたら、それを素直に聞きましょう。

自己紹介の時に

自己紹介をする時にもよろしくお願いしますは欠かせません。初対面の人と仲良くなりたい時に使う挨拶や、新入社員として共に働くチームの方々に対して自分との距離を縮めるために用いられます。または、学習塾や習い事でも講師の先生と挨拶する際に口にするでしょう。 自己紹介は自分の第一印象を決める大きなチャンスなので、言葉遣いには気を付けましょう。もちろん、あまりに飾りすぎてはくどくなり、自己満足に終わります。ほどほどに気遣うことを考えながら、自分という人間について話し、最後によろしくお願いしますで締めましょう。 人前に立って自己紹介をするのは緊張するでしょう。しかし、それは誰でも同じです。多少、あがるようなことがあっても責められることはないので、自分のことを話しましょう。ただし、あまりに長すぎてはうんざりするので、長くても3分までに留めるべきです。

「よろしくお願いします」を含む言葉の使い方と例文

「よろしくお願いします」を含む言葉の使い方と例文

ここからは、実際によろしくお願いしますを使う際の例文についても知っておきましょう。プライベートや仕事で頻繁に使う機会が訪れるでしょうが、それだけにいい加減な使い方をすると反感を買います。例え付き合いが長くても、礼儀を忘れては信用を失うのは当然です。 決して礼儀を常に意識するべきという意味ではありません。ですが生きていく以上、どうしても誰かに頼みごとをする機会は訪れます。むしろ、私達はお互いに頼みごとをし合っているからこそ、毎日を生きていくことができます。そのためにも言葉はきちんと使うべきです。 まずはよろしくお願いしますの例文についていくつか紹介していきます。表現の仕方はたくさん揃っていますが、それぞれの使い方をきちんと知ることをおすすめします。知識を蓄えていけば語彙は増えますし、それに伴って当人も信用されるようになります。

こちらこそ、よろしくお願いします

こちらこそ、よろしくお願いします

相手からよろしくお願いしますと言われたら、こちらこそよろしくお願いしますと答えるでしょう。こちらこそ、とは自分を意味する言葉です。「こそ」とは自分のことを強調する役割を持ち、相手からの気持ちを受け止めるために使われていると考えましょう。 相手の感情を肯定している意味もあるので、こちらこそを文章で使う際は具体的な内容も書きましょう。例えば、感謝を伝えたい場合はこちらこその後に、自分がしていただいた好意を述べておくと良いでしょう。仕事を手伝って貰ったなど、思い出に残ったことを話しましょう。

どうぞ、よろしくお願いします

どうぞ、よろしくお願いします

どうぞ、よろしくお願いしますも相手に頼みごとをする時に頻繁に使われる言い回しです。「どうぞ」は人に物を頼んだり、あるいは何かを勧めるための丁寧な表現として使われます。今後、相手とのいい関係を構築していくために使われるのが、どうぞよろしくお願いしますです。 ただし、履歴書で志望動機の後に書く場合は、よろしくお願いいたしますの方が無難でしょう。どうぞ、よろしくお願いしますでも間違っていませんが、履歴書の志望動機のように自分の人生がかかった文章を書くなら、できるだけ丁寧な表現を選んでおくべきです。 年賀状や手紙などの挨拶なら、よろしくお願いしますでも問題ありません。よろしくお願いしますだけでも充分に丁寧になるので、そこにどうぞを付け加えればもっと引き立ちます。状況に応じて、挨拶で使う言葉を選んでいくことが大事です。

何とぞよろしくお願いします

何とぞよろしくお願いします

何とぞ、よろしくお願いしますという言葉を聞きます。こちらも相手に対する頼みごとをする際によく使われる表現ですが、何とぞの意味を理解しているでしょうか。もしも何となく使っていたら、何とぞよろしくお願いしますの意味を改めて学び直してみましょう。 漢字で表現すると「何卒」になります。この言葉も、どうぞと同じ意味を持ちます。しかし何卒はどうぞ以上に強い気持ちが込められているので、目上の人にどうしても頼みたい用事がある時に使われる言葉と考えましょう。余程の事情があるのだと、相手も察してくれます。 逆を言うなら、そこまで重要な用事でもないのに何とぞよろしくお願いしますと口にしては、かしこまりすぎたような印象を与えます。どうしても、それも早急な対応が必要になった時に使ってみることがおすすめです。そうすれば、相手も要求を受け入れてくれるでしょう。

引き続きよろしくお願いします

引き続き、よろしくお願いしますもビジネスシーンで頻繁に使われる締めの言葉です。仕事がひと段落した後、次の業務について説明した後にこの挨拶を口にします。仕事の指示を口頭で受けていたり、あるいはメールの文末で業務について説明する時に使われます。 基本的に、仕事中に使う表現と考えましょう。この言葉が使われている相手は、たくさんの仕事が任せられる程に信頼されています。仕事で上司からこの挨拶を言われたら、それに応えられるように励みましょう。もちろん、自分の体調にも気遣うべきです。 もしも自分が上の立場に立ち、下の立場にいる人間に対して引き続きよろしくお願いしますと言いたい場合は、誠意を忘れないようにしましょう。言葉を丁寧に使っていても、一人の人間に大量の仕事を任せてはトラブルに繋がります。仕事は役割分担が大事です。

確認して頂けるよう、よろしくお願いします

相手に確認を求める時も、よろしくお願いしますが使われます。契約書を始めとした多くの報告書には、仕事を円滑に進めるにおいて必要な情報や決まりごとが載っています。ただし、その中には自分にとって不利益となり得る事項もあるので、それをきちんと把握するべきです。 法律違反となり得る悪質な契約は結ばないようにすることは大事です。また、それ以外にも自分にとって不利に繋がる契約もあるでしょう。例え相手側に悪意がなくとも、自分のことを守れるのは自分だけです。その意味もあって、確認が相手側より求められます。 注意書きは豊富に書かれているので、確認が億劫になるでしょう。ですが契約の内容は顧客と企業の双方にとって重要な決まりが書かれています。その確認を怠らないよう、契約の際にはきちんと必要事項に目を通し、わからないことは誰かに相談しましょう。

今後もよろしくお願いします

今後もよろしくお願いしますも、とても便利な挨拶の一つです。今後とは、未来や将来のことを意味する言葉です。そのため、これからの関係を構築するための挨拶として頻繁に使うでしょう。もしも関係を深めたい相手をいたら、今後もよろしくお願いしますと挨拶しましょう。 今後はあらゆる場面で使われます。挨拶に限らず、将来のことを考える際にも今後を口にするでしょう。繰り返しますが、今後もよろしくお願いしますは自分と相手の関係を構築する最初の挨拶と考えてください。そこから、お互いの信頼を深めていくことを考えましょう。 信頼を深めるには時間が必要で、それに加えて相手の地雷を踏まないように気を配ることが大事です。過剰に気にする必要はありませんが、まずは相手の好きなことから知ってみましょう。それに興味を持っていけば、相手からも自分に興味を持ってもらえます。

調整して頂けるよう、よろしくお願いします

調整して頂けるよう、よろしくお願いします

ビジネスでは何らかの事情によって重要な話し合いが必要となる状況が多々あります。もちろん、事業を成功させるのであればチーム内で意識の共有はするべきですし、また定期的な報連相が求められるでしょう。しかし、仕事をしているとそう都合よく時間は合いません。 そのため、面談が必要になったら相手に時間の調整をしてもらうことを頼む必要があります。それに最適な表現が「調整して頂けるよう、よろしくお願いします」です。相手の貴重な時間を使わせてもらう以上、それに伴った礼儀をこちらから見せる必要があります。 時間は有限ですし、もう二度と戻ってくることはありません。時間とは命そのものであり、相手から奪い取るのは許されないです。特にビジネスは一秒でも無駄にすることができないので、時間を調整してもらう場合は誠意を持って頼みましょう。そうすれば相手も答えてくれます。

以上、よろしくお願いします

仕事など、何かの説明を終えた後の挨拶として「以上、よろしくお願いします」が使われます。ここで言われる「以上」とは、手紙などでも用いられていて、主に結びとして表現されます。結びとは、何かの結末を意味する部分と考えましょう。 友達との会話や、または何らかのコミュニティで集まった際に議題を終わらせたい時に「以上」と口にして締める場合もあります。しかし、ビジネスの場合は相手に多大な失礼となるので、よろしくお願いしますを付け加えましょう。もちろん、誠意も必要です。 話が長くなりすぎると、締めの言葉を出すタイミングも悩みます。そのため、話をする際はあまり長すぎないようにまとめることも心がけてください。丁寧に話すことは必要ですが、くどすぎると話の中身が頭に入らないので、ほどほどの長さを心がけることが大事です。

ぜひとも、よろしくお願いします

ぜひとも、よろしくお願いしますという挨拶もあります。「ぜひ」とは物事の正しさを問うか、あるいは多くの困難を乗り越えても成し遂げたいことがあったり、または心を込めて強く願うことを意味します。そのため、どうしてもお願いしたいことがある時に使いましょう。 強調する意味を持つので、何度も繰り返して利用することはおすすめしません。挨拶として使うとしても、なにとぞやどうぞのように他の表現も合わせましょう。ここぞという時の頼み事をしたい時に使った方が、こちらの挨拶にも説得力を持たせやすいです。 ビジネスシーンでは自社の新商品を顧客に宣伝したい場合や、または企画のプレゼンをするための挨拶としてぜひとも、よろしくお願いしますの表現が使われます。そして納品や返答の期日を強調する際にも、ぜひともよろしくお願いしますが使われることが多いです。

していただきたく存じます

していただきたく存じます

相手に何かを頼みたくなった時、よろしくお願いしますと口にすることが多いでしょう。もちろん、よろしくお願いしますは汎用性の高い言葉ですし、敬語としても適切です。しかし相手に何かを頼むために使う表現は、よろしくお願いしますの他にもあります。 していただく存じます、という敬語もあります。こちらも相手に頼みごとをするための敬語であり、いただくと存じますを合わせた言葉です。いただくは「して欲しい」であり、存じますは「考えている」という意味を持ちます。目上の人やお客さまに対して使いましょう。 相手に何かを頼みたい時が来るでしょう。しかし、その相手が自分にとって目上の人になれば躊躇するでしょう。その時は正しい敬語を利用することはもちろんのこと、可能であればそれをやってくれた後のお礼も用意してみましょう。そうすれば相手もやる気になります。

していただければ幸いです

上記のしていただく存じます、と似たような表現になりますが、していただければ幸いですという言葉もあります。こちらの場合は、それをしてくれると嬉しいという意味を持っています。また、幸いですの場合はそこまで強い強調を持っていないので、固くならずに済みます。 そして幸いですの場合、してくれると嬉しい、という意味も含まれています。そのため、期日が迫っていたり早急の返事が必要な場合は存じますの方で伝えましょう。両方の表現を上手く使いこなして、今後の関係を上手く構築していきましょう。相手からも信用されます。 よろしくお願いします、でも充分に誠意が伝わるでしょう。しかし言葉は無限にあり、それを一つでも多く知っておけば、同じ相手と何度も面談する際に信用されます。やはり、同じ表現を使い続けては当人の教養が疑われます。そのため、挨拶の仕方も学んでおきましょう。

謝罪の際の連絡は

謝罪の際の連絡は

何らかのトラブルが起きて、約束の時間に守れなくなるなどのミスを起こす場合もあります。もちろん、人間は完璧ではありませんし、誰にでも失敗はあります。ですが、失敗をしたらそれを必ず取り戻せるように努めることが大事です。悔やむよりも、改善に目を向けましょう。 同じミスを何度も繰り返しては、相手からの信頼を失います。そして仕事を任せられなくなり、最悪のケースとしては契約を打ち切られる危険もあります。それを避けるためにも、謝罪の時の表現はもちろんのこと、どうすれば繰り返さないのかを考えることが大事です。 まずは失敗した内容をメモに残し、どうすればそれを繰り返さないのかを振り返りましょう。例え経験者であっても、慣れが生じてはどこかでミスが起こります。それを避けるためにも、常に自分のミスを俯瞰する時間は作っておきましょう。そうすれば相手からも非難されません。

お詫びの際の言葉も知っておこう

お詫びの際の言葉も知っておこう

どうしても謝罪や断りを入れたい時は、きちんとそれに対する誠意を見せましょう。ご無礼と存じておりますが、またはご容赦して頂けるようになどの前置きが必要です。相手への謝罪の気持ちや、こちらの事情を理解していただくためには説得が必要です。

「よろしくお願いします」に対する返事の仕方

よろしくお願いします、という挨拶をされたらその返事をしましょう。相手からの言葉を受け取ったら、こちらもそれに応えることがコミュニケーションでは大事です。よろしくお願いしますに対する適切な返事も学んでおけば、対人関係も上手く行くでしょう。

よろしくお願いしますの返事:わかりました

よろしくお願いしますの返事:わかりました

よろしくお願いしますの返事として使われることが多いのが「わかりました」という表現です。相手の話を理解したことを肯定する意味を持っていて、ビジネスや日常生活のあらゆる場面で耳にするでしょう。大人から子どもまで、幅広い年代層が使っている肯定の言葉です。 もっと丁寧な表現に「かしこまりました」や「了解しました」があります。もちろん、わかりましたでも充分に誠意が込められていますが、重要な会議に参加する時にはおすすめしません。もしも信頼されている立場にいる自覚があれば、もっと別の表現も身に付けましょう。 プライベートの場面なら問題ありませんし、また目上の人が同席していても気楽な場面にいるならこの返事でも大丈夫です。あまり場の空気を固くしたくない時は気楽な返事もしておきましょう。もちろん、相手を傷付けるような言動は避けてください。

よろしくお願いしますの返事:こちらこそ

こちらこそ、とは自分が相手と同じ意思を持っていることを肯定する返事です。上記でも書きましたが、この表現もよろしくお願いしますと同じほどに多くの日本人が返事として用いています。そのため、相手との距離を縮めるには非常に便利な返事と言えるでしょう。 こちらこそ、よろしくお願いしますの他にも使い方はたくさんあります。こちらこそ、嬉しいですのように喜びの感情を表現します。または、こちらこそお会いすることができて光栄ですと表現して、相手に対する敬意を言葉にすることも可能なので、積極的に使ってみましょう。

よろしくお願いしますの返事:かしこまりました

かしこまりました、も相手の言葉を肯定して、また従うことを意味しています。そしてわかりましたの敬語にも該当しますし、より丁寧かつ自分を下に立たせる意味合いも含まれています。そのため、ビジネスにおける接客の際にも多用される表現と言えます。 高級感が溢れるレストランやホテルの従業員が口にすることが多いです。お店の人はお客さまを上の立場と扱ってくれますが、それに甘えて無礼な振る舞いをすることは許されません。他のお客さまにとっても迷惑になりますし、また店の雰囲気だって悪くなります。 もしも良質なサービスを受けたいのであれば、まずは顧客の方からよろしくお願いしますと丁寧に挨拶をするべきです。礼儀をせずに一方的に押し付けるような人間は客と判断されません。場の空気を悪くしないためにも、きちんとよろしくお願いしますと挨拶しましょう。

よろしくお願いしますの返事:承ります

承りますとは、受けるとたまわるの二つが組み合わせたことで作られた言葉です。たまわるとは、もらうの謙譲語と考えてください。こちらがよろしくお願いしますと頼みごとをした後、承りますと返事をされたら、こちらの提案を肯定されたと考えましょう。 受け賜わるというよく似た言葉もあります。こちらも敬語の一種ですが、使う機会がかなり少ないです。外部の人から何か贈り物を頂いた時、それに対して使う敬語と考えましょう。相手の好意を受け取るのであれば、それに伴った礼儀も必要です。

手紙での「よろしくお願いします」の使い方・書き方

手紙での「よろしくお願いします」の使い方・書き方

手紙もコミュニケーションの手段として欠かせません。インターネットや電子メールが発達するようになりましたが、手紙を愛用する人もたくさんいます。また郵便でもお祝いの手紙を送送ったり、あるいは特定の企業が何か大事な書類を郵送するケースもたくさんあるでしょう。 手紙の前文や末文を書く際、定型文を使うでしょう。その中にはよろしくお願いしますが含まれており、今後のことや用件を伝えるために書く人も多いです。手紙を書くことが多い人は、ぜひともよろしくお願いしますを使うべきケースについて知っておきましょう。

相手の幸せを願って

相手の幸せを願って

まず、手紙は相手を気遣うために送るケースもあります。今後ともお体とご多幸を大切にして頂けるよう、よろしくお願いしますが例文です。よろしくお願いしますはこちらの頼みごとをするために使われますが、相手に対する配慮をする際にも使うことが可能です。

今後の関係を続けるために

今後の関係を続けるために

相手ともっと仲良くなるために、今後ともよろしくお願いしますと頼むこともあります。他にも、今後もご指導の程、よろしくお願いしますと目上の人に頼むケースもあるでしょう。または、今後も変わらぬお付き合いをしていただけるよう、よろしくお願いしますという文もあります。 相手が自分にとって大切な人であれば、誠意を持って手紙を書くことが大事です。日頃からの信用も必要ですが、同時に手紙を書くのであれば礼儀を忘れないようにしましょう。今後も良好な関係を保ちたいという意味を込めて、よろしくお願いしますを使うべきです。

用件を伝えるために

こちらから何か伝えたいことがあれば、それを頼む意思表示としてよろしくお願いしますを締めの言葉に添えることができます。何か仕事で必要なものを用意して欲しかったり、業務で変更点がある場合は納得してもらう必要がある場合、よろしくお願いしますと書くでしょう。

早急な返事を求める場合

用件を伝えるためにこちらからメッセージを送り、それに対する連絡を求めてよろしくお願いしますと書く場合もあります。就職活動や契約更新、あるいは重要な買い物をする時は書類にサインが必要です。その場合、期日が限られているので、早急な対応が求められます。 期限を無視して返事を遅れたり、または怠ることは許されません。そのようなことをしたら相手からの信頼を失いますし、また自分の今後にも関わるでしょう。どうしても期日までの返事が難しい場合、相手側にその事情をきちんと説明するべきです。

手紙はきちんと気持ちを込めて

手紙はきちんと気持ちを込めて

スマートフォンやPCを利用したインターネットが発達したことで、アナログの作業が減りつつあります。文字も電子機器を利用して入力するケースが増えており、自分で書く機会も少ないです。しかし、手紙を自分で書いて気持ちを伝える風潮もまだ残っています。 手紙を必要ないと考えている相手には送る必要はありません。ですが、手紙を書くことが好きな人が身近にいたらぜひとも送ってみましょう。その時、素敵な写真を添えてあげれば見る方も楽しくなります。素敵な文章の後に、よろしくお願いしますと付け加えましょう。

間違えやすいよろしくお願いしますの使われ方

間違えやすいよろしくお願いしますの使われ方

よろしくお願いしますは生活の多くの場面で使われる挨拶です。しかし、そんなよろしくお願いしますにもきちんとルールがあり、使い方を間違えたら反感を買います。信用を失わないためにも、よろしくお願いしますの間違った使い方についても知りましょう。

よろしくお願いしますの使う相手

よろしくお願いしますの使う相手

よろしくお願いしますを使う場合、できるだけ自分に近い立場の人だけに留めましょう。直接の上司か、あるいはプライベートで出会う目上の方だけにした方が無難です。ビジネスで使う場合は、よろしくお願いいたしますの方が適切な表現と言えます。 もちろん、敬語としてはふさわしいですが、顧客や外部の偉い人に対してよろしくお願いしますは不適切です。相手をより敬うような表現にした方が良いでしょう。特にビジネスで重要な場面になると、細かい言葉遣いが評価の対象になる場合もあります。 もしも今の仕事を成功させたいのであれば、まずは言葉遣いや挨拶から見直してみましょう。もちろん、実績の方が遥かに大事ですが、マナーを守れていない人間は信頼されません。よろしくお願いしますだけでなく、他の表現も学んでいきましょう。

お世話になっております、は正しいか

お世話になっております、は正しいか

お世話になっておりますも相手への挨拶として頻繁に使われます。基本的には会話や文章の頭に添えられるでしょう。また、メールでも頻繁に見かけますが、何度も同じ表現ではくどくなります。ご返事ありがとうございますなど、他の返事も利用してみましょう。 数日前のことでお礼を言いたい場合は「先日はありがとうございました」でも大丈夫ですし、久しぶりに連絡する時は「大変ご無沙汰しております」が相応しいです。よろしくお願いしますと同じくらいに浸透している表現ですが、それだけに使用には注意が必要です。

相手との関係性を考えよう

相手との関係性を考えよう

挨拶をするにしても、まずは相手と自分の関係について考えてみましょう。普段使っているよろしくお願いしますでも、それが全ての人にとってふさわしい挨拶とは限りません。自分と相手の距離感を考えた上で、よろしくお願いしますを使うかどうかを選びましょう。

ビジネスの場で使いたい場合は

ビジネスの場で使いたい場合は

ビジネスの場では挨拶を欠かすことはできません。ですが、挨拶はよろしくお願いしますだけに限らずたくさんあります。状況が変われば、挨拶の内容も変わることも心がけましょう。頼みごとで用いられる表現の一部を紹介するので、今後に役立てることができれば幸いです。

ご指導の程、よろしくお願いします

ご指導の程、よろしくお願いします

何かを教わりたくなった時、特別な指導をしてくれる人に対して頼みごとをします。そうなったら、ご指導の程をよろしくお願いしますと頼みましょう。相手から何かを教えてもらう時は、こちらから礼儀を見せることが大事です。そのために、ご指導と相手を敬う表現を使います。

ご検討を、よろしくお願いします

ご検討を、よろしくお願いします

検討とは相手に対して考えてもらうことを意味します。何か重要なビジネスプランを持ちかけたり、あるいは契約を結んでもらいたい時に提案をするでしょう。その時、相手にとってそれが理想であるかを考える時間が必要です。そのため、ご検討をよろしくお願いしますと口にします。

ご連絡の方を、よろしくお願いします

連絡が必要になったら、ご連絡の方をお願いしますと相手に頼みましょう。ビジネスでは早急な連絡が求められることが多いですし、またプライベートでも返事が早い方がお得なこともあります。もしも相手からの返事が必要な状況になれば、こちらからそれを最初に伝えましょう。

メールの際にも使い方に気を付けて

メールの際にも使い方に気を付けて

よろしくお願いしますはメールの文末にも添えられることが多いです。ビジネスの場合はよろしくお願いいたしますの方が一般的ですが、使い方次第でいくらでも印象が変わってしまいます。特に相手が偉い立場の人の場合は、メールの文末に添える言葉を注意するべきです。

状況に応じて使い分ける

あらゆるコミュニケーションは初めの挨拶と終わりの挨拶があります。よろしくお願いしますは代表的な締めの言葉になり、相手に何かを教わりたい場合はご教示やご指導を使った上でよろしくお願いしますと書きましょう。相手の時間を使うという意識を持つことが大事です。

返答な不要な場合があればきちんと文末に添える

返答な不要な場合があればきちんと文末に添える

メールで返信不要と書きたい場合は、きちんとその旨を伝えましょう。仕事のメールの中には確認だけで、相手側の返信が不要となる場合があります。その場合にも、返信が不要であることをあらかじめメールの中に書いておきましょう。そうすれば不要なメールもなくなります。

ご返信は必要ありません、など

ご返信は不要です、あるいはご連絡は必要ありませんなどが返信が不要な時に使われる連絡です。相手が確認してくれればそれで充分であることをきちんと書いておけば、それだけで大丈夫です。もちろん、相手が何か返信をしてきたら、それを受け取っておきましょう。

不都合がある場合はきちんと連絡を

ただし、何らかの事情によって連絡が必要となるでしょう。その場合は、きちんと連絡をしてもらえるように伝えるべきです。何か不備を見つけてもらったら、早急の連絡が必要ですし、また改善に力を尽くすべきです。そのためにも、例外についても書いてみましょう。 何か不具合がありましたら、連絡をよろしくお願いします。このような文章と共に連絡先も載せておきましょう。そして、実際にトラブルに関係する連絡をいただいたら、きちんと誠意を持って対応するべきです。信頼を取り戻せるように力を尽くしましょう。

よろしくお願いしますの類語

よろしくお願いしますの類語

ここからは、よろしくお願いしますの類語について紹介します。相手に何かを頼むとしても、状況によって挨拶が変わります。また、その中には普段の生活では聞き慣れない言葉もあるので、学んでおくと雑学として役立ちます。機会があれば日常でも使ってみましょう。

伺わせていただきます

伺わせていただきます

伺いますとは、伺うの謙譲語です。伺うとはいくつもの意味があり、相手の顔色を確認することや目上の方の所に尋ねることを言います。よく使われる表現として伺わせていただきますがありますが、こちらは二重敬語になってしまうのでふさわしくありません。 伺わせていただきます、は頻繁に使われていることも確かです。そのため、あまり細かく気にしない方がよろしいでしょう。むしろ、こちらが伝えたいことをきちんと伝える方が遥かに大切なので、要件はしっかりまとめておくことをおすすめします。

お願い申し上げます

上記でも書いたように、お願い申し上げますとはよろしくお願いしますの丁寧語になります。面談や商談、そして会議などで偉い人と出会う機会がある場合は、このお願い申し上げますの表現を用いましょう。そうすれば、相手からの印象も良くなっていきます。 申し上げるとは、言わせていただくと同じ意味です。目上だけでなく、外部の人も対象になります。相手にお礼やお詫び、あるいは重要な会議の日程を伝えたい場合におすすめです。もちろん、よろしくお願いしますでも問題ありませんが、こちらの方がより丁寧です。 企業で重要なポジションに立っていたら、プレッシャーを背負うことが多いでしょう。そんな時は、まずは挨拶から学んでおきましょう。にこやかな顔で挨拶をすれば、相手との距離も縮まりますし、また面談も落ち着いて行うことができます。少しでも緊張をほぐしましょう。

願いあげます

願いあげるも敬語の一種で、よろしくお願いしますの類語です。ただし、願いあげますは口にする機会は滅多になく、主に手紙での挨拶に用いられます。今後のご配慮を願いあげます、という使い方がメインになるので、手紙で相手に頼みごとをしたい時に使ってみましょう。

お頼みします

お頼みとは、人にものを頼む時に使われる言葉なので、よろしくお願いしますの類語に該当します。頼みに「お」が付く言葉なので、頼みごとをする際のお約束になっています。もしも誰かに何かを頼みたい場合は、よろしくお願いしますの他に使ってみましょう。

お頼みいたします

上記のお頼みしますをより丁重にした表現がお頼みいたしますです。お頼みにいたしますを加えるので、もっと硬い印象を与えるでしょう。目上の人に手紙を送る場合は、こちらのお頼みいたしますを使った方がよろしいです。重要な会議の日程ならなおさらです。 例えば、日時と場所が決まった場合は「○月×日に東京駅で待っていただけるよう、お頼みいたします」が例文になります。このようにスケジュールが決まった場合はきちんとそちらも添えましょう。その後に、相手との面談が成功できるように礼儀を示してください。

お頼み申し上げます

申し上げるは「お頼み」の時にも使います。そして申し上げるとお頼みはどちらも表現が古いので、両方を合わさると和風の印象を与えるでしょう。そのため、和風の雰囲気が漂う場で用いられることが多いです。茶道や日本料理に携わっている人に向いています。

して頂けることを望みます

望むとは願いや要望の類語で、自分のことや相手に対する理想を意味しています。そのため、こちらが抱く願いを伝える際にこの言葉が使われます。何か要望があればそれをきちんと伝えて、それを聞いてくれるように頼んでみましょう。誠意があれば聞いてくれます。 もちろん、ただ一方的に押し付けるのは駄目です。聞いてくれる人にとってのメリットもきちんと提示して、その上でこちらの望みを伝えておきましょう。ビジネスはもちろんのこと、コミュニケーションにおいても相互理解を求めるのであれば、互いのメリットを提示するべきです。

要望します

要望はこちらの期待を意味します。上記で書いたように、こういった要望に関わる言葉はビジネスでは何度も使われるでしょう。人に要望をする時は、その内容を具体的に書きましょう。例えこちらがお金を出す側であったとしても、それが横柄な態度を取っていい理由になりません。 お金を出すとしても、相手には要望を断る権利もあります。また、悪質な顧客やクライアントに対しては、法律によって罰せられるケースだって珍しくありません。どちらかが道理に合わない要望を続けていたら、訴えられる可能性だってあるので気を付けましょう。

よしなに

よしなにという言葉があります。人によっては聞き慣れないでしょうが、こちらもよろしくお願いしますと同じように、相手に何かを頼む時に使われる言葉です。よろしく、あるいはうまい具合になって欲しいと考えていたら、よしなにを文章に組み込みましょう。 よしなにお伝えください、と書かれていたら、よろしくお伝えくださいという意味と考えましょう。そしてよしなにという言葉は曖昧なので、言われた側が自己判断で仕事をする可能性もあります。使う場合は、納期や仕事の相手についてもきちんと説明しましょう。

よろしくお願いしますの使い方を理解しよう

よろしくお願いしますの使い方を理解しよう

よろしくお願いします、という言葉は日常的に使うでしょう。しかし、実は類語はたくさんありますし、また使い方にもルールがあります。それも知った上でこの言葉を使っていけば、今後の挨拶がより便利になります。そのため、よろしくお願いしますの意味をきちんと学びましょう。

関連タグ

アクセスランキング