IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「ご迷惑を〜」に続く敬語の使い方・メール例文

敬語

ビジネスシーンでよく使う「ご迷惑」という言葉。皆さんは、正しい意味や使い方を知っていますか?このページでは、「ご迷惑」という言葉の使い方や意味をご紹介しています。また、例文や同義語との使い分けについてもまとめているので、ざひ参考にどうぞ。

更新日時:

「ご迷惑」はどう使う?正しい敬語の使い方

ビジネスシーンで謝罪をする際、「ご迷惑をおかけして申し訳ございません」というフレーズがよく使われます。 また、頼み事などをする際は、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」と話す方もいらっしゃいますね。 このように、「ご迷惑」という言葉はビジネスシーンで頻繁に使われるものです。聞き慣れたものであると同時に、言い慣れた言葉となっている方も、多いことでしょう。 しかし、「ご迷惑」を使った上記のフレーズは、本当に正しいものなのでしょうか?また、「ご迷惑」の正しい使い方はどのようなものなのでしょうか? 今回は、日常生活で何気なく使ってしまいがちな「ご迷惑」という言葉をテーマに、正しい敬語の使い方をご紹介していきます。

「ご迷惑」の意味

そもそも「ご迷惑」とはどのような意味なのでしょうか? 「ご迷惑」は、「迷惑」を丁寧な形で表現した言葉です。 「迷惑」という言葉には、「ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。また、そのさま。(※1)」「どうしてよいか迷うこと。とまどうこと。(※1)」といった意味があります。 現代社会では、前者の意味で使われることが多い印象を受けます。

「ご迷惑をおかけします」は、不利益を生じさせることを謝罪するフレーズ

では、ビジネスシーンで度々使われる、「ご迷惑をおかけします」は、どのような意味になるのでしょうか? 上記で、「迷惑」という言葉は、不利益や不快感を受けたり感じたりすることを意味しているとご紹介しました。 その為、「ご迷惑をおかけします」という言葉は、「不利益を生じさせてしまいます」「不快感を与えてしまいます」とも置き替えられると考えられます。 単に上記の意味合いだけで使われることもありますが、「不利益を生じさせてしまいます」「不快感を与えてしまいます」には、「申し訳ありません」「すみません」といった謝罪やお詫びが込められている場合も多いのではないでしょうか? このような観点から、「ご迷惑をおかけします」には、謝罪やお詫びの気持ちが込められていると言えそうです。

「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」は失礼

続いて、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」というフレーズについて、考えていきたいと思います。 「ご迷惑をおかけして、申し訳ありません」などのフレーズと共に、こちらもよく聞いたり使ったりする言い回しですね。 しかし、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という言い回しは、失礼にあたるという見解もあります。 上記でもご紹介したように、不快感や不利益を意味する「迷惑」。つまり、「迷惑をかける」ということは、相手に不快感や不利益を感じさせることになりますね。 その上で、「よろしくお願いします」と続けると、相手に不快感などを与えることを理解している上で、何かを頼んだり依頼したりしていることになるのです。 相手に迷惑がかかることを知っているのに、それをお願いするのは失礼なのでは?という見解から、「ご迷惑をおかけしますが、お願いします」という言い回しは、時と人によっては失礼なフレーズということになります。

「ご迷惑」に続く言葉

上記で、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」などの言い回しは、失礼にあたる可能性があるとご紹介しました。 では、「ご迷惑」に続く言葉やフレーズとしては、どのようなものが正しいのでしょうか?例文を通して、「ご迷惑」の使い方について考えていきましょう。

謝罪の言葉として使う場合

「ご迷惑」を使った例文を見ていると、やはり謝罪の言葉と共に使われることが多いようです。 ・私が至りませんで、ご迷惑をおかけしてしまいました。(※2) ・この度はご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。(※2) ・今までご迷惑をおかけした分、取り返すようがんばります。(※2) ・ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。(※3) 中には、クッションのような形で前置きのように使っているものもありますが、全体的にはやはり謝罪の言葉とセット、もしくは謝罪の意を表す言葉として使われるケースが多い印象を受けます。

前置きとして使う場合

謝罪やお詫びの言葉とセットで使われることが多い「ご迷惑」ですが、前置きの言葉として使われることもあります。 ・ご迷惑とは存じますが~(※2) ・迷惑をおかけしたと思いますが~(※2) ・たいへんなご迷惑をおかけしておき、弁解するつもりはありませんが~(※2) とはいえ、これらの言い回しは、「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」などのように、使い方次第で相手に失礼な印象を与えてしまう可能性も。 「ご迷惑」を前置きとして使う場合は、相手に失礼と感じさせたり、言い訳がましくなったりしないよう、言葉の選び方を工夫する必要がありそうです。

メールで使える!「ご迷惑」の例文

続いて、「ご迷惑」を使った例文をご紹介していきます。メールなどでも使える表現や言い回しが多数あるので、ぜひ覚えて使ってみて下さいね。 ・この度は、多大なご迷惑をおかけしまして、深くお詫びいたします。 ・大変ご迷惑おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 ・多大なご迷惑をおかけしましたことを陳謝[チンシャ]いたします。(※2) ・ご心配やご迷惑をおかけいたしました。(※2)

「ご迷惑をおかけしました」だけで使ってもOK

「ご迷惑」に続く言葉や言い回しをいくつかご紹介しましたが、「ご迷惑」は、謝罪やお詫びの言葉と組み合わせなければ使えないというわけではありません。 「ご迷惑をおかけしました」などのシンプルな使い方をするのも、文法としては間違っていません。 ただ、心から謝罪をしたい場合などは、やはり「ご迷惑をおかけしました」だけでは、物足りないでしょう。陳謝したい場合は、「申し訳ございません」などの言葉と組み合わせて使った方が、丁寧な印象になりますよ。

「ご迷惑」の同義語

今回は、「ご迷惑」をテーマに、さまざまな観点から正しい使い方について考えてきました。 しかし、「ご迷惑」と同じようにお詫びや謝罪などに使える言葉や言い回しはたくさんあります。 使えるフレーズや言い回しが多ければ多いほど、スムーズに会話ができるようになるので、ぜひ似たような言葉やフレーズも覚えておきましょう。

「手数」の意味や使い方

「ご迷惑」と同じように頻繁に使われる言葉で、「お手数」などが挙げられます。 「手数」とは、「それをするのに要する動作・作業などの数。てかず。(※4)」「他人のためにことさらにかける手間。てかず。(※4)」などの意味を持つ言葉です。 「お手数ですが、よろしくお願いします」などと使われることが多く、「よろしくお願いします」などの依頼やお願いの言葉とセットで使う場合は、「迷惑」よりも適切な使い方であると考えられます。

「面倒」の意味や使い方

「ご面倒」という言葉もまた、「迷惑」や「手数」と並んで、ビジネスシーンなどでよく使われる言葉の1つです。 「面倒」は、「迷惑」と同じようなニュアンスで使われることが多い言葉です。 ただ、「迷惑」よりも程度は軽く、より親しい間柄で使われることが多いように感じます。 「ご面倒をお掛けして申し訳ありません(※3)」のように、こちらも謝罪やお詫びの言葉と共に使われることが多いようです。

同義語との使い分けが大切

「ご迷惑」とその同義語の意味や使い方をご紹介しましたが、比較してみるとそれぞれ少しずつ、意味やニュアンスが異なります。 上記でご紹介した「手数」は、「迷惑」と比較すると、不利益というよりは作業や手順などを意味しており、「よろしくお願いします」などの言葉と使うには、「迷惑」よりも相性が良さそうです。 また、「面倒」は「迷惑」よりも近しい相手に使われる印象があり、目上の人には「ご目迷惑」を、同僚などのやや親しい人物には「ご面倒」を使うなどすると良いでしょう。 どんな時でも「ご迷惑」を使うのではなく、状況や相手、会話の流れに合わせて、「お手数」や「ご面倒」なども使い分けられると、より丁寧且つ適格な会話ができるようになりますよ。

「ご迷惑」は、意味と後に続く言葉を考えて使う

いかがでしたか?今回は、「ご迷惑」という敬語をテーマに、正しい意味や使い方をご紹介しました。 「ご迷惑」という言葉は、謝罪や依頼の際に何気なく使ってしまいがち。 しかし、状況や使い方によっては、失礼な発言となってしまう場合もあります。同義語を含め、意味や使い方をしっかり把握して、使い分けていくことが、敬語や会話の上達の鍵と言えるでしょう。

紛らわしい敬語を正しく使えるようになりたいあなたへ

こちらの本は正しい敬語の使い方についてよくまとまっており、 シチュエーション別の使い分け方やよくある間違い例など、非常に役に立ちます。 敬語入門者の方や新社会人の方にオススメの1冊です!

※1:ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。また、そのさま。・どうしてよいか迷うこと。とまどうこと。

※2:私が至りませんで、ご迷惑をおかけしてしまいました。・この度はご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。・今までご迷惑をおかけした分、取り返すようがんばります。・ご迷惑とは存じますが~・迷惑をおかけしたと思いますが~・たいへんなご迷惑をおかけしておき、弁解するつもりはありませんが~・多大なご迷惑をおかけしましたことを陳謝[チンシャ]いたします。・ご心配やご迷惑をおかけいたしました。

※3:ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。・ご面倒をお掛けして申し訳ありません

※4:それをするのに要する動作・作業などの数。てかず。・他人のためにことさらにかける手間。てかず。

関連タグ

アクセスランキング