IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「為念・念のため」の意味とは?目上の人への使い方と例文集

初回公開日:2016年11月04日

更新日:2020年05月28日

記載されている内容は2016年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

敬語

「念のため」と「為念」の使い方や意味、違いについて例文を使ってまとめています。また、相手に失礼なことがないようビジネスメールで曖昧な表現を使う際のマナーや敬語への言い換え方などについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「為念」とは

念の為(ねんのため)、万が一に備えて、などの意味の表現。漢文調の古い文章などにしばしば見られる他、インターネット上の文章でもスラングや隠語のようにしばしば使われるが、通常は「念の為」と書くことが多い。

「為念」の意味

「為念」はメールでNG?

「為念」はメールだけてはなく話し言葉でも使う人がいます。この「為念」を使うか使わないかは、企業や業界の風土による場合が多く、「為念」という言葉自体を知らない人も多いと考えられます。 万人が知っているとは限らない言葉や、略語は敬語と相反するものなので、相手を敬う表現には適さない言葉は内輪での会話に留めておいて、ビジネスメールでは使わないようにしましょう。

「念のため」は曖昧表現

「念のため」の意味

「念のため」の類語

その他の曖昧表現 ビジネスシーンでの言い換え?
一応 念のため
多分 おそらく
とりあえず まずは
できるだけ 精一杯、可能な限り

「念のため」のビジネスメールでの使い方

ビジネスメールに関するマナーは、使用頻度も高く重要なスキルだと思います。仕事のやりとりをメールでする機会が多く、ビジネスメールのマナーなどで日々頭を悩ませている方も、少なくないのではないでしょうか? 今回は、会話などでついつい言ってしまいがちな「念のため」や「一応」といった表現について考えていきたいと思います。

「念のため」のビジネスメールでの使い方1:「一応」を「念のため」に言い換える

結論から言うと、「一応」をビジネスメールで使用するのは、好ましくないと言われています。「一応」という言葉を文章に盛り込むこと自体は、文法として問題はありません。ビジネスでは、確証のある返答や回答が求められる傾向があるのです。 このような背景から、「一応」という言葉をビジネスメールで使うのは、なるべく避けて、「念のため」を使う事を強くおすすめします。

「念のため」のビジネスメールでの使い方2:曖昧表現は「念のため」

ビジネスメールでどうしても曖昧な表現を使う場合は、なるべく敬語を使うようにしましょう。「一応」の場合は、「念のため」と言い換えると、曖昧な回答ながらも相手を敬っていることになります。 「一応ご報告致します」は「念のためご報告致します」、「一応明日までに完成させます」なら「念のため、明日までに完成させます」などと言い換えるようにしましょう。

「念のため」の正しい敬語表現とは

「念のため」の使い方と例文

「念のため」の使い方1:連絡や報告の時

例文
  • 〜につきまして、念のためご報告いたします。
  • 念のためのお知らせですが、提出期限が〇月〇日に迫っております。

「念のため」の使い方2:確認するとき

例文
  • 念のためご確認ですが、明日は◯時にご来店されますか?
  • 心配だったため、念のためご確認しました。

作成した資料や文書を仕上げる際や、許可は必要ないけれど内容が間違っていないかを上司または取引先に確認してもらうときに用いられます。 また、相手にメールや書類が届いているかを確認する場合に使われることや、自分以外の人にも確認をしておいて貰う場合や、一度確認したことを繰り返し確認する際に使用します。

「念のため」の使い方3:依頼や催促するとき

例文
  • 念のため、お電話番号をうかがってもよろしいでしょうか。
  • 念のため前回の資料をお送りいただけますでしょうか。

「念のため」の代わりに使える正しい曖昧表現

「念のため」は曖昧表現の代表的な表現になりますが、他にも「万一のため」、「万が一に備えて」、「念押しして」という表現があります。 メールで文章を作成している時に、「念のためじゃないんだよな」と思った方は、今から紹介する曖昧表現なら大丈夫ではないでしょうか?それでは、「念のため」以外の曖昧表現をご紹介していきます。

「念のため」の言い換え1:万一のため

「念のため」の言い換え2:万が一に備えて

「念のため」の言い換え3:念押しして

「念押しして」の意味は「年を押すこと、注意して確かめること」です。 「念を押す」とも使います。 例文 ・忘れないように念押ししてください。 ・もう一度彼に念を押した。

正しい曖昧表現を覚えてビジネスに活かそう

いかがでしたでしょうか?今回は、ビジネスメールにおける「念のため」という曖昧表現についてご紹介しました。 上記でご紹介したことを、最後に復習していきたいと思います。 ビジネスにおいて、返答などをする際は、なるべく確実な内容で断言することが大切です。そのため、「念のため」「一応」といった曖昧な言葉を使うこと自体、出来れば避けた方が良いでしょう。

関連タグ

アクセスランキング