IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「為念・念のため」の意味とは?目上の人への使い方と例文集

更新日:2022年11月19日

敬語表現

「念のため」と「為念」の使い方や意味、違いについて例文を使ってまとめています。また、相手に失礼なことがないようビジネスメールで曖昧な表現を使う際のマナーや敬語への言い換え方などについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

「念のため」の使い方と例文

「念のため」の使い方1:連絡や報告の時

例文
  • 〜につきまして、念のためご報告いたします。
  • 念のためのお知らせですが、提出期限が〇月〇日に迫っております。

「念のため」の使い方2:確認するとき

例文
  • 念のためご確認ですが、明日は◯時にご来店されますか?
  • 心配だったため、念のためご確認しました。

作成した資料や文書を仕上げる際や、許可は必要ないけれど内容が間違っていないかを上司または取引先に確認してもらうときに用いられます。 また、相手にメールや書類が届いているかを確認する場合に使われることや、自分以外の人にも確認をしておいて貰う場合や、一度確認したことを繰り返し確認する際に使用します。

「念のため」の使い方3:依頼や催促するとき

例文
  • 念のため、お電話番号をうかがってもよろしいでしょうか。
  • 念のため前回の資料をお送りいただけますでしょうか。

「念のため」の代わりに使える正しい曖昧表現

「念のため」は曖昧表現の代表的な表現になりますが、他にも「万一のため」、「万が一に備えて」、「念押しして」という表現があります。 メールで文章を作成している時に、「念のためじゃないんだよな」と思った方は、今から紹介する曖昧表現なら大丈夫ではないでしょうか?それでは、「念のため」以外の曖昧表現をご紹介していきます。

「念のため」の言い換え1:万一のため

「念のため」の言い換え2:万が一に備えて

「念のため」の言い換え3:念押しして

「念押しして」の意味は「年を押すこと、注意して確かめること」です。 「念を押す」とも使います。 例文 ・忘れないように念押ししてください。 ・もう一度彼に念を押した。

正しい曖昧表現を覚えてビジネスに活かそう

次のページ
初回公開日:2016年11月04日

記載されている内容は2016年11月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング