IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「精進します」の正しい使い方は?言い換えや敬語表現も紹介

更新日:2022年10月27日

敬語表現

皆さんはビジネスシーンで「精進します」という言葉をよく見るかと思います。ですが、それが正しい使い方なのか悩んだ事はありませんか?当記事では「精進します」の正しい使い方や、敬語表現、言い換え表現を紹介しています。皆さんも当記事を参考に、正しい使い方学びましょう。

「今後とも精進いたします。」 「本年も精進いたします!」 「御社に貢献できるよう精進します。」 ビジネスでもよく使用されている「精進します」、皆様は正しく使えていますでしょうか? また、使用する場面や言い換え表現などで迷った事はありませんか? 当記事では「精進します」という言葉の意味から使用用途や場面、言い換えた場合の言葉を紹介しますので是非参考にしてください。 最後まで読み進めて頂ければ、「精進します」とはどういう意味なのか、場面ごとの使い方などが分かってきます。 言い換えた表現なども一緒に紹介していきますので、ビジネスの場面で適切に利用できるようぜひ、参考にして頂いてビジネス用語の幅を一緒に広げていきましょう。

「精進します」の意味

「精進します」の意味

そもそも「精進します」とはどういった意味なのでしょうか、その部分から解説していきます。「精進します」とは基本的に「努力をする事」、とされておりその他に「精進」が付いた言葉はありますが、意味合いが異なってくるものが多いです。 「精進します」の他には、「精進料理」、「精進明け」という物がありそれぞれ別の意味合いがあり、「精進料理」は主に料理においての利用で、「精進明け」は喪に服す期間が明ける事を意味しております。 「精進」という単語には複数の意味合いが存在しており、菜食する事や、努力する事、肉食を断つ事などの他にも仏教用語として使用されることが多いです。

「精進します」の使い方・例文

意味が分かった所で、次は使用するシーンを見ていきたいと思います。使用するシーンは複数あり、ビジネスで使用する事も多いので是非参考にしてみてください。 単純に「がんばります」から「精進します」と言い換えるだけでも少しかしこまった文章になるので、文面のブラッシュアップなどに使うと相手に良い印象を与える事ができるかもしれません。 では、シーン毎にどういった使用方法があるのか一つずつ解説していきたいと思います。

ビジネスメールで使う場合

まずは一番使う機会が多い、メールでの使用例や文面に入れる場合を紹介致します。 ビジネスメールと言っても色々なパターンが考えられますが、「精進します」という文言を使用するシーンは限られている場合が多いです。 まず挙げられるのが、相手方から褒められた際に返答として「今後も精進します」など加える事や、社内での異動があった際に、異動先の部署へメールを送る場合「精進します」と付け加える等が一般的になります。 次に挙げられるのが、イベント事における上席として関係各所へ送るメールとして付け加える事が多く、相手方からお叱りを受けた際にも「今後より一層精進してまいります」などの敬語表現を付け加える事が多いです。

履歴書で使う場合

この場合はかなり限定的な範囲ではありますが、経歴書や志望動機の欄に「精進します」と付け加える事で、相手方に意気込みを伝える事が可能です。基本的には志望動機の締めの文言として入れることが多く、「御社の力になれるよう精進します」などを付け加える事が多くあります。 また「精進します」を付け加えて文章を引き締める効果もあり、「精進してまいります」などの文言を一言入れるだけで印象が変わってくるので、積極的に使っていきましょう。

年賀状で使う場合

年賀状では会社関係の人や、取引先の相手方に出す際に今年の目標を添え「精進します」という言葉で締める事で、受け取り手には前向きな印象を与えることができます。昨今では年賀状を送る機会は減ってきているとは思いますが、何かの拍子に送る事になった場合は使用してみるのもいいでしょう。

挨拶で使う場合

この場合もシーンによって「精進します」という文言を使用するのは限られており、大まかに分けると入社した時、異動により着任した時、第三者へ部下や後輩を紹介する時などに分かれます。

お詫びに使う場合

相手方に謝罪を行った後、相手方の指摘を踏まえて「精進します」の敬語表現で「精進していく所存です」などを加えることが多いです。 お詫びの際は対面、電話対応、メールなど様々なシーンで使用する事が多く、より一層努力していきますのでよろしくお願いします、といった意味合いで使われます。

お礼状で使う場合

一般的に「精進します」という言葉を用いるのは、お礼状で相手方に使用するシーンが多いです。 例として挙げられるのは、研修や実習などでお世話になった相手方にお礼状を送る場合ですが、勉強させてもらった事へのお礼の後に「精進します」の敬語表現で決意表明として付け加えるのがいいでしょう。 これはメールなどでお礼状の代わりとする場合にも使用するシーンがあると思いますので、覚えておいて損はありません。

面接で使う場合

次のページ:「精進します」を使う際の注意点
初回公開日:2017年03月14日

記載されている内容は2017年03月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング