IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違う人も多い「ご報告いたします」の使い方・報告と連絡の違い

メールマナー

会議の場なのでよく登場する『ご報告いたします』という敬語。正しい使い方をご存知でしょうか?なんでもかんでもご報告していてはいけません。敬語を正しく使えるかどうかで、あなたの社会人としての力量を問われる場合もありますので、この機会に覚えておくのもいいでしょう。

更新日時:

使い勝手がいいからこそ、正しく使いたい敬語『ご報告いたします』

会社でよく使われる単語に『報告』があります。『報告』の頭に『ご』をつけることで、敬語として成立します。 この『ご報告』という敬語は、打ち合わせや会議など、複数の人の前で発表する機会でよく登場します。とても便利なので、発表する際の枕詞のようにガンガン使ってしまいがちです。しかし、その『ご報告いたします』の敬語は正しい使い方をしているのでしょうか? 実は『ご報告いたします』という敬語は、使う相手の立場によっては、敬語としてはおかしな使い方となってしまうんです。 内輪だけの中の良い同僚との打ち合わせなどで『ご報告します』と使ってしまっていませんか?残念ながらその状況では『ご報告いたします』の敬語は正しい使い方とは言えません。相手の立場に合わせて、使い分けることが必要な敬語なのです。

『ご報告』の敬語はどのように使い分ける?

ほうこく [報告] 〈スル〉 (調査や任務の結果を)告げ知らせること.また,その内容.

『報告』の単語の頭に『ご』をつけて敬語に発展した『ご報告』に、『いたします』『させていただきます』という言葉を続けると、謙譲語へと変化します。 謙譲語になったということは、自分をへりくだり相手を立てる役割を果たします。つまり『ご報告いたします』という敬語は、自分より目上の立場の方へ使うのが正解です。 『ご報告』の後にどの言葉で続けるのが正しいのか。これは『ご報告させていただきます』と覚えておくといいでしょう。 『いたす』は場合によっては二重敬語になってしまい、使用がNGとなることもあります。しかし『ご報告』に関しては『いたす』を付け加えても、二重敬語にはならない便利な敬語なので、安心して使えますね。

『取り急ぎご報告いたします』の注意点

ビジネスメールなどで『ご報告いたします』と書くとき、頭に『取り急ぎ』と付け加えることはありませんか?『取り急ぎ』をビジネスメールで使用すること自体は全く問題はありません。 しかし、濫用してしまうのはいかがなものでしょう?『取り急ぎご報告いたします』は、言葉を見ての通り ・急いで報告をしなければならない ・他の事よりもこちらを先に確認してほしい このような場合のみに使用するようにしましょう。

『取り急ぎご報告~』は使う相手によってはNGに。

『取り急ぎご報告いたします』は、一見丁寧な敬語にも見えますが、取引先の相手や、顧客に対しての連絡時に使用するのは避けるのがマナーです。なぜ使わないほうが良いかは、言葉の意味を知ることで分かります。

とりいそぎ [取り急ぎ] 〈副〉 とりあえず. ▼~お礼まで *手紙文で使う.

『とりあえず』という意味を持つ『取り急ぎ』単語。間に合わせ感が出てしまいますので、なぜ顧客やクライアントに対して使わないほうがいいかがよく分かります。 相手の関係性に注意する以外には、「とりあえず」と言っているのですから、他の連絡事項や伝達事項を入れ込むのも避けたほうがいいです。別件で『ご報告』したい事がある場合は ・別途○○については、追ってご連絡をさせていただきます。 このように付け加えるといいでしょう。 もう1つ注意したいのが、後程必ずきちんとした連絡を入れることを忘れないようにしてください。『取り急ぎご報告』と書いているのですから、当然ですよね。もう報告を済ませたからとうっかり連絡しないのは、社会人としてマナー違反になり兼ねませんので、忘れないよう注意してくださいね!

『報告』?『連絡』?二つの違いと正しい使い方

『ご連絡差し上げます』 『ご報告いたします』 似ているようで異なるこの二つの違いも、ぜひこの機会に把握しておきましょう。

れんらく [連絡] {▲聯絡} 〈スル〉 (1) 知らせること.その知らせ. (2) つながり‐がつく(をつける)こと.そのつながり. ▼~船

『報告』については冒頭で意味について触れましたので、『連絡』の意味と比較してみましょう。 『報告』は結果を知らせることのみに使用され、『連絡』は報告のみならず大きな意味で、知らせるという意味を持っています。 『報告』は上司の指示のもと行われた結果を、部下が伝えるものである一方、『連絡』は上下関係の有無を問わないのも大きな違いです。

正しい敬語は『ご報告させていただきます』

『ご報告いたします』についてお話ししてみました。正しい書き方は『ご報告させていただきます』となりますので、覚えておいてくださいね! 使い方やつたえる相手次第で大きく印象を左右する『ご報告』を用いた敬語。 このような敬語はいくつか存在し、その敬語をきちんと使えるかどうかで、周りからのあなたの評価を左右します。 よく使う便利な敬語だからこそ、きちんと意味を把握し、適切な場所で使えるように、普段から敬語の勉強をしておきましょう!

マナーについてもっと知りたいという人が読むべき一冊

「ご報告させていただきます」という言葉一つとっても、知らないマナーがたくさんありますよね。 食事や日常の振る舞いも含めると、数えられないくらいのマナーがあります。 そんなたくさんのマナーの中から押さえておきたいマナーについてまとめた本が「図解 マナー以前の社会人常識」です。 この本は、形にとらわれがちなマナーの一番大事な「こころ」の部分がしっかりとおさえらえているため、なぜそのような作法になるのかまでを理解できるベストセラーのマナー本です。 マナーのこころを理解し、大事な場面で、大切な人に失礼のない振る舞いをできる人になりましょう。

関連タグ

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)