IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「ご迷惑を〜」に続く敬語の使い方・メール例文

更新日:2022年09月07日

敬語表現

ビジネスシーンでよく使う「ご迷惑」という言葉。皆さんは、正しい意味や使い方を知っていますか?このページでは、「ご迷惑」という言葉の使い方や意味をご紹介しています。また、例文や同義語との使い分けについてもまとめているので、ざひ参考にどうぞ。

「ご迷惑をおかけしました」だけで使ってもOK

「ご迷惑」に続く言葉や言い回しをいくつかご紹介しましたが、「ご迷惑」は、謝罪やお詫びの言葉と組み合わせなければ使えないというわけではありません。 「ご迷惑をおかけしました」などのシンプルな使い方をするのも、文法としては間違っていません。 ただ、心から謝罪をしたい場合などは、やはり「ご迷惑をおかけしました」だけでは、物足りないでしょう。陳謝したい場合は、「申し訳ございません」などの言葉と組み合わせて使った方が、丁寧な印象になります。

「ご迷惑」の同義語

今回は、「ご迷惑」をテーマに、さまざまな観点から正しい使い方について考えてきました。 しかし、「ご迷惑」と同じようにお詫びや謝罪などに使える言葉や言い回しはたくさんあります。 使えるフレーズや言い回しが多ければ多いほど、スムーズに会話ができるようになるので、ぜひ似たような言葉やフレーズも覚えておきましょう。

「手数」の意味や使い方

「ご迷惑」と同じように頻繁に使われる言葉で、「お手数」などが挙げられます。 「手数」とは、「それをするのに要する動作・作業などの数。てかず。(※4)」「他人のためにことさらにかける手間。てかず。(※4)」などの意味を持つ言葉です。 「お手数ですが、よろしくお願いします」などと使われることが多く、「よろしくお願いします」などの依頼やお願いの言葉とセットで使う場合は、「迷惑」よりも適切な使い方であると考えられます。

「面倒」の意味や使い方

「ご面倒」という言葉もまた、「迷惑」や「手数」と並んで、ビジネスシーンなどでよく使われる言葉の1つです。 「面倒」は、「迷惑」と同じようなニュアンスで使われることが多い言葉です。 ただ、「迷惑」よりも程度は軽く、より親しい間柄で使われることが多いように感じます。 「ご面倒をお掛けして申し訳ありません(※3)」のように、こちらも謝罪やお詫びの言葉と共に使われることが多いようです。

同義語との使い分けが大切

「ご迷惑」とその同義語の意味や使い方をご紹介しましたが、比較してみるとそれぞれ少しずつ、意味やニュアンスが異なります。 上記でご紹介した「手数」は、「迷惑」と比較すると、不利益というよりは作業や手順などを意味しており、「よろしくお願いします」などの言葉と使うには、「迷惑」よりも相性が良さそうです。 また、「面倒」は「迷惑」よりも近しい相手に使われる印象があり、目上の人には「ご目迷惑」を、同僚などのやや親しい人物には「ご面倒」を使うなどするとよいでしょう。 どんな時でも「ご迷惑」を使うのではなく、状況や相手、会話の流れに合わせて、「お手数」や「ご面倒」なども使い分けられると、より丁寧かつ適格な会話ができるようになります。

紛らわしい敬語を正しく使えるようになりたいあなたへ

こちらの本は正しい敬語の使い方についてよくまとまっており、シチュエーション別の使い分け方やよくある間違い例など、非常に役に立ちます。 敬語入門者の方や新社会人の方にオススメの1冊です!

※1:ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること。また、そのさま。・どうしてよいか迷うこと。とまどうこと。

※2:私が至りませんで、ご迷惑をおかけしてしまいました。・この度はご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ございません。・今までご迷惑をおかけした分、取り返すようがんばります。・ご迷惑とは存じますが~・迷惑をおかけしたと思いますが~・たいへんなご迷惑をおかけしておき、弁解するつもりはありませんが~・多大なご迷惑をおかけしましたことを陳謝[チンシャ]いたします。・ご心配やご迷惑をおかけいたしました。

※3:ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。・ご面倒をお掛けして申し訳ありません

次のページ
初回公開日:2016年12月02日

記載されている内容は2016年12月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング