発想力がある人の特徴・鍛える方法・発想力を活かせる仕事

仕事で発想力を発揮する人ってカッコイイですよね。斬新な提案を出来るようになりたいですよね。発想力を鍛えたいと思いませんか?実は発想力は鍛える事ができるんです。今回は発想力のある人の特徴と鍛える方法と発想力と想像力の違いについて解説していきます。

発想力と想像力の違い

発想力に似た言葉に想像力がありますが、発想力と想像力の違いは何なのでしょうか。まずはこの二つの言葉の意味を調べて比較してみました。

発想力とは ひらめきや思い付きを広げ実現したりする力

ひらめきを元に知らない事を思い付き考えをまとめたり形をとらせる力の事が発想力です。

想像力とは 知っている情報から様々な可能性を思い描く力

知っている情報を元に頭の中で様々な可能性を推測したり思い描く事の出来る力が想像力です。

発想力と想像力の違い 知っている情報から得た物かひらめきから得た物かの違い

発想力と想像力の違いはすでに知っている情報から得た物かひらめきから得た物かの違いです。

発想力のある人の5つの特徴

発想力のある人はどのような特徴があるのでしょうか。あなたの周りにもこの特徴に当てはまる発想力のある人はいませんか?ここでは発想力のある人の特徴をいくつか挙げていきます。

①明確な目標がある

発想力のある人の特徴1つ目「明確な目標がある」です。発想力のある人は明確な目標をいつも持っています。

発想力のある人には実現したいと思っている目標があり、それを常に目指して行動しています。

目指す物があるという事はその目標がはっきりとしているので、ただ漠然とした目標を持っている人よりもその目標へ辿り着こうとする推進力が高いです。

そのためあっという間に目標まで到達する事ができます。

目標に達しても満足しない

目標まで到達しても満足する事なく、さらに上の目標に行こうと発想力を求めて行動します。
そしてその目標よりもう一段上にある目標へも到達する事ができます。

発想力の無い人は目標に到達したら満足してしまい、発想力のある人にどんどん追い抜かれてしまうのです。

②他人とは違う見方をする

発想力のある人の特徴2つ目「他人とは違う見方をする」です。

発想力のある人は見方が他の人と違います。発想力は常識や固定観念を持ってしまうと凝り固まり柔軟性を失ってしまいます。

柔軟性を持つためには常識や固定観念だけに拘らない柔軟な考えや、他人とは違う見方をする事も時には大事になります。

発想力のある人はこうした他人とは違う見方見るように常に行動しているので斬新なアイデアが浮かぶのです。

固定観念に拘らない

発想力の無い人は群れる事で安心し、みんながする事は正しい事で間違ってないと思い込んでしまっています。

みんなと同じ事、つまり常識や固定観念の事です。斬新な発想力を持つためには常識や固定観念に拘りすぎてしまうと新しいアイデアは浮かばないのです。

③自分とは違うタイプと付き合う

発想力のある人の特徴3つ目「自分とは違うタイプと付き合う」です。

発想力のある人は自分とは違うタイプの人間と付き合おうとします。自分と似たタイプというのは考え方や趣味趣向も似た人が集まります。

新しい発想や斬新な発想を思いつくためには、自分とは違う考え方や趣味趣向を持った人と関わる方が良いのです。そのため自分とは違うタイプの人と付き合うのです。

同じ考えの人や同じ趣味趣向の人とばかりいると、いつまで経っても新しいアイデアは思いつきませんので、発想力のある人になりたいのなら時には自分とは異なる趣味趣向の人とも付き合ってみると思いもよらないアイデアが生まれるかもしれませんね。

④新しい事に敏感

発想力のある人の特徴4つ目「新しい事に敏感」です。

発想力のある人は新しい事に敏感です。新しい情報、例えば流行も新しい情報ですね。こうした情報も拒絶する事無く取り入れていこうとします。

新しく斬新な発想をするためには古い考えばかりに捉われていてはいけないのです。発想力のある人は常に新しいアンテナを張り、新しい情報を敏感にキャッチします。

ただ新しい情報に敏感なだけではただの情報に詳しい人なので、その情報をさらに進化させたりしていきます。

発想力のある人は新しい情報を参考にさらに先の先を目指そうとしていくのです。その結果新しい事からひらめきやアイデアを膨らませていく事ができるのです。

どんな情報も好き嫌いで判断しない

発想力の無い人は新しい情報を聞いても好き嫌いで判別し、時には同意した時には拒絶します。自分の好き嫌いで判断してしまうので、発想力に乏しいままなのです。

発想力には新しい事は新しい事で認め、取り入れる事も大切なのです。

⑤失敗を恐れない人

発想力のある人の特徴5つ目「失敗を恐れない人」です。

発想力のある人は失敗を恐れません。普通は失敗する事を恐れますよね。

失敗する事は恥ずかしいですし、それが仕事ならなおさら失敗はできませんから失敗って恐い物ですね。失敗する事を恐れて人は行動できなくなってしまう事もあります。

発想力のある人には失敗を恐れる事で行動しなくなる事は失敗を恐れる事で発想ができなくなる事と同じなのです。

失敗はすればするほど恐れも増しますが、失敗は経験として積み重ねる事ができます。時には失敗を恐れず挑む事も大事なのを発想力のある人は知っています。

チャンスは失敗の中にある

それに失敗を恐れるという事は斬新なアイデアを生み出すチャンスを逃す事にも繋がります。せっかくのチャンスと斬新なアイデアを失敗への恐れで生み出せないよりも生み出す事の方が有意義だと思いませんか。

発想力のある人はそうした失敗をも恐れない人であり、例え失敗してもそれを次に活かす事ができるタフな人なのです。

発想力を鍛える5つの方法

発想力のある人になるためにはどのような事をすれば発想力を身に着ける事ができるようになるのでしょうか。発想力は鍛える事で身に着ける事ができるんです。ここではそんな発想力を鍛えるための方法を解説していきます。

①固定観念を外す

発想力を鍛える方法1つ目は「固定観念を外す」です。固定観念とは自分自身の主観や意見です。まずはそれらを一つずつ外していきましょう。

なぜ固定観念を外す事が発想力を鍛える事につながるのかといいますと、固定観念は柔軟な発想をする上でとても邪魔な物なのです。そのため発想力を鍛えるためには固定観念を外す必要があるのです。

②柔軟性を身に着ける

発想力を鍛える方法2つ目は「柔軟性を身に着ける」です。

発想力のある人は柔軟性を持っています。それは固定観念を外したことと常識に拘らないような考え方をしているからです。あらゆる物事を自由に取り入れ自由な発想で活かしていくために柔軟性を身に着けているのです。

発想力を鍛えるためはあらゆる物事を受け入れる柔軟性も大事なんですね。

③異なる物を合わせる

発想力を鍛える方法3つ目「異なる物を合わせてみる」です。

異なる物と言うと食べ物で例えてみるとミスマッチな物ですね。

例えば
うどんとカルボナーラを合わせた「カルボナーラうどん」
いちごと大福を合わせた「イチゴ大福」
ピザと肉まんを合わせたピザまん

意外な発見がある

上記の物は一見一緒にしてしまうのはどうだろうと思う物がありますね。しかし合わせてみるととても美味しいという意外な発見がありました。

異なる物を常識に捉われる事なく合わせる事で思っている以上においしい物やすごい物が出来上がります。

このように発想次第では異質だと思っている物を合わせるとすごい物が出来上がる事があるんです。

日常でもそうした考え方を巡らせてみて、自分でもおいしい料理を作ってみたり、アイデアグッズを作ってみる事であなたの中の発想力は鍛える事ができます。

④連想ゲームトレーニングで鍛える

発想力を鍛える方法4つ目「連想ゲームトレーニングで鍛える」です。連想ゲームで発想力を鍛える事ができるんです。しかし普通の連想ゲームをしているだけでは発想力は鍛える事はできません。ではどのような連想ゲームをするのでしょうか。

ある事から連想していく連想ゲームなのですが、連想していく物にはある条件で連想していきます。
それは変わった物に連想するというところがポイントです。

例えば「海」という言葉から連想する物で変わった物を連想していくとします。

連想ゲームで鍛える 連想例

海→外国→夜景→カジノ・・・

山→女心→台風→休校日・・・

変わった物を次から次に連想していく事で発想力が鍛えられる

このように変わった物を次から次に連想していきます。海と言ったら夏では特に変わった物ではありませんよね。できるだけ変わった物を想像していくのです。

今回の場合は海と言ったら海外旅行、海外旅行と言ったら夜景、夜景と言ったらカジノ、といった具合で連想していきました。これは人によって連想する物が違うため、正解はありません。好きにやって問題ないです。

このように変わった物に変えていく連想ゲームをしていく事であなたの中の発想力を鍛える事ができるのです。

⑤発想の転換トレーニング

発想力を鍛える方法5つ目「発想の転換トレーニング」です。

発想の転換とは、例えばあるネガティブな物事も、視点を変えて見ると実はポジティブな発見をする事があります。これを発想の転換と言いますね。これをする事で発想力を鍛える事に繋がるのです。

例えば
忙しくて夕飯を食べるのを忘れた→夕食代浮いた!ダイエットにもなる!
階段を踏み外して足を大けがをして入院した→最近忙しかったからやっとゆっくりできる!

この様にネガティブに感じる物事をポジティブに転換してみるといいでしょう。このような発想の転換も発想力を鍛える事に繋がるのです。

⑥発想力をつけるのにおすすめの本を読む

発想力を鍛えましょう

いかがでしたか。今回は発想力と想像力の違いや発想力を持つ人の特徴や発想力を鍛えるための方法について解説してきました。発想力を身に着けるという事は、今ある自分の中の思い込みや考え方の癖の様な物をほぐして柔軟にする必要がある事がわかりました。

そして発想力は鍛える事が可能である事も分かりましたね。今現在持っている発想力をさらに鍛えたいと考えているのでしたら連想ゲームトレーニングはおすすめです。自分の中の常識や思い込んでいる事は、ほぐしてやらないと肩こりの様に凝り固まり続けます。自由な発想をするという事を認め自分を解放する事、とても大事な事だと思います。ぜひあなた柔軟な発想力を身に着けてもあなたの奥底に眠る発想力を解放してみましょう。

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)
キャリアコンシェルジュ

キャリアコンシェルジュ

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)