IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

社内SEへの転職方法は?社内SEの転職に強いサイト・エージェント

職種研究

「社内SEに転職するための方法は何がある?」「社内SEに強い転職エージェントはどこがいいの?」気になりますよね。今回は社内SEの基本的な仕事内容から社内SEの年収などの気になる話や社内SEの転職面接で役に立つ志望動機や自己PRの書き方について解説していきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • 社内SEは縁の下の力持ちになれる方に向いている仕事
  • 納得のいく転職をするには自分の希望を把握し、条件の合った求人に応募することが大切
  • おすすめの転職エージェントは「マイナビエージェントIT

会社内のパソコントラブルを解決する社内SE。なかなか求人サイトで条件に合う求人を探すのは難しいですよね。 そんなときは、転職エージェントを有効活用しましょう。社内SEに転職するなら「マイナビエージェントIT」がおすすめです。すべてのサポートが無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

社内SEとは

社内SE(システムエンジニア)という職業がありますが、この社内SEとはどのような職業なのでしょうか。 今回は社内SEについて解説していきます。適性や志望動機の書き方についても後述しています。

社内SEとは会社内のパソコントラブルや悩みを解決する職業

社内SEとは会社内のパソコントラブルを解決する職業のことです。 例えば会社内のパソコンが動かなくなってしまった時や、社内に新しい社員を迎え入れるための社員専用のパソコンのセットアップを行うなど、社内におけるパソコンのトラブルや悩みを解決するのが社内SEの仕事です。

社内SEの仕事内容

では社内SEの仕事はどのような事を行うのでしょうか。社内SEの仕事内容について詳しく解説していきます。

①社内システム開発

社内SEは社内のシステムを開発する仕事も行います。 社内システムを開発する際には外部のSEと共にシステムを作り出すため、外部のSEとの連絡を行い、進捗確認や品質状態のチェックなどの作業を管理する業務もあります。

②社内のパソコンのセットアップ

社内SEは社内にあるパソコンのセットアップを行う業務も行います。 新人社員が仕事をするためのパソコンをセットアップを行い新人社員を迎え入れる準備をする業務も社内SEの仕事です。

③社内のパソコントラブルの解決

社内SEは社内で起きるパソコントラブルを解決するための業務もあります。パソコンはある日突然故障したりシステム上でトラブルを起こす事もあります。 そのようなトラブルが起きた時にパソコンのシステムを修復したりする作業も社内SEの仕事です。

④社内の要望からシステムを新しく作る

社内の社員からのシステムの改善点や要望を聞き、そこから新しくシステムを開発する業務もあります。

⑤社内システムの保守や運用

社内SEはトラブルだけに対応すればいいわけではありません。社内システムに何らかのトラブルか起きないか常に保守運用を行う必要があります。

社内SEとSEの違い

社内SEとSEとは何がどのように違うのでしょうか。社内SEとSEの違いについて解説していきます。

企業のシステム開発を依頼する社内SEなどが依頼人

社内SEの場合は企業に所属して社内での作業を行いますので、お客様という物はありません。いうならば社内の社員すべてがお客様です。 社内SEに対してSEのお客様は企業のシステム開発などの依頼をする人達です。この、外部の企業の依頼にこたえるSEこそが、社内SEのクライアントです。

依頼人からの要求を聞き希望通りのシステムを作る

SEは依頼人からの希望を聞き、その希望通りにシステムを作ります。 システムの基本的な部分やプログラミングでシステムを作成し、実際にそのシステムが動くのかどうかのテスト業務もあります。

SEとプログラマーの違い

SEとプログラマーは何がどう違うのでしょうか。混同されやすいSEとプログラマーの違いについて解説していきます。

プログラマーとは アプリケーションを作る人

プログラマーとは簡単に言うとアプリケーションを作る人の事をいいます。プログラマーに対してSEはシステムを作るための提案や設計を行うのがSEです。プログラマーが行う作業はとにかくアプリケーションを作るのが仕事です。 確かにSEもアプリケーションを作る作業は行うこともありますが、実は作業よりもクライアントとの打合せを行っている事がほとんどです。 クライアントと打ち合わせをしてどんなアプリケーションを作ればよいのかなどの要望などの詳細を聞き、SEからも提案を出したり工程について話し合います。そしてそれを元にプログラマーに作業を発注します。 プログラマーについて間違えて覚えてしまいがちなので覚えておくとよいでしょう。

社内SEに向いている人

社内SEに向いている人はどのような人なのでしょうか。社内SEに向いている人について解説していきます。

①人と関わるのが苦痛じゃない人

社内SEの仕事はただパソコンに向き合ってシステムを開発していればいいわけではありません。企業内の社員から出てくる様々な要望や改善点をしっかりと聞くコミュニケーション能力が必要です。 良いシステムを作るためには利用している人達の声をしっかり聴いて参考にすることが大切です。そのような人と関わるのが苦痛に感じない人が社内SEには向いています。

②評価されにくい縁の下の力持ちでもやりがいを感じるができる人

社内SEの仕事は裏方業務です。縁の下の力持ちの様な業務であるといえます。そのため評価されにくい面があります。 評価されにくい事に対してもやりがいを感じる事が出来る人が社内SEに向いているでしょう。

③前向きな人

社内SEの業務は社員のささやかな要望や希望を取り入れる事が必要です。そのため一見面倒にと感じる事でも前向きに取り組む必要があります。 中にはシステムについて詳しくない人から無理難題を言われる事もあるでしょう。そういった時でも前向きに取り組む人が社内SE向きであると言えます。

④所属する企業の事業や業務に関心が強い人

社内SEはSEと比べると代わり映えしない業務が多くなります。そのためSEとしてのスキルアップを望んでいる人には少し苦痛を感じる事があります。 向上心のある最新技術を学びたい人よりも所属している企業の事業や業務に対して関心を強くもっている人が良いでしょう。

SEに比べて社内SEは楽?噂は本当か

通常のSEと比較して社内SEは楽だという話を聞く事がありますが、社内SEは本当に楽なのでしょうか。社内SEが楽なのかについて解説していきます。

①ミスしてもストレスが少ない

社内SEは企業に所属して企業内のシステムに関する作業を行います。つまりお客様は企業内にいるわけです。例え何か小さなミスをしてしまったとしても大きな問題にはなりにくいと言えます。 SEの場合は依頼主が外部にいるので、もしも小さなミスをしてしまうと、外部のお客様を巻き込んだ大きな問題に発展しやすいです。 最悪の場合小さなミスから依頼がもらえなくなるようなこともあるでしょう。それに比べて社内SEは仕事でミスをしても問題にならないのでストレスが少なく楽と感じる方も多いです。

②SEより働かなくても良い

社内SEはSEに比べると働く時間が少なくて済みます。社内SEは企業内で働くため、時間は企業の営業時間が労働時間です。 社内SEに対してSEは依頼主の納期に合わせて動く必要があるため、徹夜で作業をするなど労働時間は長くなりがちであり、残業も多いです。そのため労働時間の観点から見ても、社内SEはSEに比べ楽だという方が多くいます。

全ての企業の社内SEが楽だというわけではない

あくまでこれは一部の企業の話です。SEに比べると仕事の内容が比較的楽になりますが、残業が0になることや納期が全くないというわけではありません。 SEに比べると楽にはなっても必ずしも社内SEだから楽が出来るとは限らないので鵜呑みにしない方がよいでしょう。

社内SEのやりがいや魅力

社内SEのやりがいや魅力はどのような事があるのでしょうか。社内SEのやりがいや魅力について解説していきます。

①社内の社員からの感謝される事が多い

社内SEは企業内のシステム開発の他に些細なパソコントラブルのサポート業務も行います。 そのため企業内のパソコンのトラブルを解決すると感謝される機会も多いので、やりがいを感じることができるでしょう。

②何かを作り運営する楽しさを感じる事ができる

社内SEは社内のシステム開発をします。そのためにSEやプログラマーなどに仕事を依頼して作る事もありますが、ただ作って社内のシステムとして導入するだけでその作業が終わるわけではありません。 その後にシステムの改善案や要望などがあればそれらを聞き入れ取り入れる必要があります。 会社や社員にとってどのようなシステムが使いやすいのかを常に考えながら運営をしていくため、難しさと共に面白さややりがいを感じる事ができます。

気になる社内SEの年収

社内SEの年収はどれくらいなのでしょうか。やりがいはもちろん、納得のいく転職をするためには給与について自分の希望を把握し、条件の合った求人に応募することが大切です。 気になる社内SEの年収についても解説していきます。

400万~700万

社内SEの年収についてですが業界や企業規模によりかなり差が出てくるので一概には断言できませんが大まかにいうと最低400万円、最高が700万円程度の収入が一般的です。

外資系だと1000万を超える

外資系の企業の様に社内に大規模なシステムがある企業では年収1000万を超える事も珍しくないでしょう。外資系の投資銀行などの場合は30代で年収1000万以上の給与をもらっている社内SEもいます。

社内SEには未経験でも転職できる?

社内SEには未経験でも転職する事ができるのでしょうか。未経験でも社内SEになれるのかという疑問について解説していきます。

独学でもプログラミングスキルがあれば未経験でも転職する事は可能

社内SEになるためには最低限プログラミングのスキルは必要ですが、独学でもプログラミングのスキルを身に着けている人であれば未経験からも社内SEに転職する事は可能です。 社内SEが未経験でもプログラミングスキルがある人は今からでも社内SEに転職する事は可能なので探してみるのも良いでしょう。

社内SEに転職したい人の社内SEへの転職方法

社内SEに未経験から転職する事が可能なのは分かりましたが、どのように社内SEの求人を探すと良いのでしょうか。 社内SEに転職したい人の社内SEへの転職方法について解説していきます。

社内SEに転職したい人は求人サイトで探す

求人サイトに社内SEの求人が募集されていますので、求人サイトで探してみましょう。

社内SEに転職したい人の転職の際に役に立つ求人サイト一覧

社内SEに転職したい人の転職の際に役に立つ求人サイトをいくつかご紹介しておきます。社内SEに転職しようとお考えの方は参考にして探してみるといいでしょう。

社内SEに転職したい人は転職エージェントを活用する

社内SEに転職したい人は転職エージェントを活用するとスムーズに社内SEに転職できる可能性が高くなります。以下では転職エージェントのメリットについて紹介していきます。

転職エージェントのメリット①非公開求人もある

通常の求人サイトでは公開されている求人のみに応募する事ができます。転職エージェントに登録して仕事を探す場合は非公開の求人に応募する事が可能になります。 複数の転職エージェントを利用すればさらに転職の求人数も増えるので社内SEに転職するチャンスが増えるでしょう。

転職エージェントのメリット②転職活動のアドバイスをもらえる

転職活動が苦手な人でもアドバイスをもらうことができます。履歴書を書くのが苦手な人や、職務経歴書の書き方がわからない人、自己PRが下手な人、面接そのものが苦手な人などは転職活動に対するアドバイスを転職エージェントからもらうことができます。 転職エージェントを掛け持ちで登録してはいけないなどの決まりはないので複数の転職エージェントを活用して社内SEになるチャンスをつかみ取りましょう。

社内SEに転職するための社内SEの求人に強い転職エージェントの一覧

社内SEに転職するための社内SEの求人に強い転職エージェントをご紹介します。社内SEに転職したい人は参考にして転職エージェントを探してみましょう。

社内SEの転職面接でよくある質問

社内SEの転職面接ではどのような質問をされる事があるのでしょうか。社内SEの転職面接でよくある質問について解説していきます。事前に答えを用意して面接に臨むのが良いでしょう。

①社内SEになぜ転職したいのですか?

社内SEの転職面接でよくある質問の1つ目は「社内SEになぜ転職したいのですか?」です。この質問でよくある回答で「現状の職場環境に満足していない」と受け取られてしまう回答をする人が多いです。 この質問は自己都合的な理由を聞きたいのではなく「なぜ社内SEになりたいのか」という建設的な志望動機を求められています。 例えば社内SEになれば社内のシステム構築のためにプログラマーやSEなどに対して進捗状況の確認をしたり、状況管理をするなどのマネージメントを行うこともあります。こうした点からマネージメント力を身に着ける事もできますし、今まで経験した事のない事を経験する事もできるでしょう。 上記のように、この質問には社内SEという仕事を通じてあなたが身に着けたいと思っているスキルや経験を交えて回答すると良いでしょう。

②なぜうちの会社に転職したいのですか?

社内SEの転職面接でよくある質問の2つ目は「なぜうちの会社に転職したいのですか?」というものです。この質問は他の業種でもよくある質問です。なぜ当社でなければいけないのか、答えた後に「それはうちでなくてもできますよ?」と言われる事があります。 そのような切り返しを入れられないよう、人事担当者を納得させる回答をする必要があります。「この会社だからこそ〇〇ができます。だから私のスキルを○○に貢献していきたいです。」のような答え方をすると良いでしょう。

③入社10年後にはどのようになっていたいですか?

社内SEの転職面接でよくある質問の3つ目は「入社10年後にはどのようになっていたいですか?」というものです。この質問では会社にどのように貢献してどのような成果を目標としていきたいと考えているかについて尋ねられています。 例えば「今以上に業務の効率化を果たし、企業の発展に貢献していきたい」などと答えると良いでしょう。

社内SEの転職面接の志望動機の書き方のポイント

社内SEの転職面接の志望動機の書き方のポイントについて、押さえておくべきポイントを2つ解説していきます。

①当社である必要性を志望動機に盛り込む

社内SEの転職面接の志望動機の書き方のポイント1つ目は「当社である必要性を志望動機に盛り込む」です。社内SEの志望動機ではこの内容を必ず盛り込みましょう。志望動機でありがちなのが自分の事しか考えていない志望動機です。 例えば「SEは納期に追われてつらいので社内SEに転職したい」と伝えると「社内SEにも納期はありますよ」と返答されることが予想され、この後どう繋げていけばよいのかわかりません。このような失敗をしないためにもこの会社である理由をしっかりと考えておかなくてはいけません。 なぜこの会社なのかを考えるためには企業の情報を集める必要があります。まずは企業のホームページから調べてみましょう。

②採用するメリットに答えられる事

社内SEの転職面接の志望動機の書き方のポイント2つ目は「採用するメリットに答えられる事」です。今まであなたが経験してきたSEとしての経験やスキルを応募する企業でどう活用していけるのかについて書いていきましょう。 書き方の一例としては、「私は今まで〇〇についての運用実績があります。そのため社内SEとしても〇〇に対応する事ができます。」のように経験から想定できる事をアピールしてみると説得力があり、人事担当者もイメージしやすく納得しやすいでしょう。

社内SEの転職面接の志望動機の例文

社内SEの転職面接の志望動機の例文をご紹介していきます。社内SE経験者、未経験者に応じて複数の例を紹介致しますので、実際に履歴書を書く際の参考にしてください。

例文①社内SE未経験の志望動機

前職では総務をしていました。働きながら興味のあったプログラムに関しての知識やインフラについての知識を独学で学んできました。現在はプログラミングの専門学校に通いプログラミンやインフラについてさらに知るためとレベルアップのために通っています。総務の業務は企業にとって重要な職種で起きた問題を解決するプロの一面があります。 私は社内で起きた問題を解決する事やどのようにすれば問題が起きなくなるのか対策を考え、今まであった事例を参考に新しい制度作りに取り組んだり新しいルールを提案してきました。その結果トラブルを減らす事に貢献する事ができました。 このような経験から得た分析力と問題解決のための見る目で社内で求められている物は何かをしっかりとくみ取り業務のさらなる効率化と生産性の向上するようなシステムを作っていきたいと考えております。

例文②社内SE経験あり

私は4年間アプリケーション開発の会社でシステムの設計から構築までの業務に携わってきました。長年経験をしてきたのでチームリーダーに抜擢され、会社からも信頼してもらえるようになりました。 これからの事を考えて次のステップアップをしたいと考えております。そこで今後は事業規模の大きな貴社のようなグローバル展開をされている企業の社内SEとしてさらにスキルと経験を積み重ねたいと考えております。 前職でのチームリーダとしてのチームの業務効率化を心がけチームとして業務にあたっていた経験を強みとして最大限に貴社の業務効率化に貢献していきたいと考えております。

例文③SE経験あり

私が御社を志望したのは業務成果を正しく評価する制度があるという点と「システムを自らの手で手掛ける事ができる開かれた環境」にとても惹かれました。 御社のネット決済システムでは全行程を一から携わる事ができるというお話をお伺いいたしました。外部のエンジニアに発注しないからこそできる経験と蓄積されたノウハウを取り込む事ができる環境と私のSEスキルを高める事が可能な環境だと感じました。 学生時代にラグビーをしていたのでチームで何かに取り組み目標を達成する事は何よりも得意です。通常のSEとはまったく違いチームでの連携や作業に取り組む事になる社内SEの環境で私自身の力と経験を最大限に発揮できると考えております。

社内SEの転職面接の自己PRの書き方のポイント

社内SEの転職面接の自己PRはどのように書いたら良いのでしょうか。社内SEの転職面接の自己PRの書き方のポイントについて解説していきます。

①貢献していける事をアピール

社内SEの転職面接の自己PRの書き方のポイント1つ目は貢献していける事をアピールするというです。 どのような貢献していけるのか、どれくらいの事をできるのかもアピールしていくといいでしょう。具体的に取り組んできた事などを交えてイメージしやすい「貢献していける事」をアピールしていきましょう。

②経験がある場合はその経験と課題解決をしてきた経験をアピール

社内SEの転職面接の自己PRの書き方のポイント2つ目は、経験がある場合はその経験と課題解決をしてきた経験アピールするというです。 SEの経験をしてきた人はスキルを簡単に説明し、取り組んできた中でなんらかの課題や解決すべき問題があればその問題を解決に導いたときの経験等を盛り込むと良いでしょう。

③未経験なら柔軟性のある学ぼうとする姿勢や意欲をアピール

社内SEの転職面接の自己PRの書き方のポイント3つ目は、未経験なら柔軟性のある学ぼうとする姿勢や意欲をアピールするということです。SEや社内SEそのものが未経験の場合は柔軟に今後も学ぼうとする前向きな姿勢がある事をアピールしましょう。 この時に勘違いしてはいけないのが企業で学ぼうとするのではなく、あなた自身が学ぼうとする意欲がある事をアピールする必要があることです。 企業で教わるという考えで書いてしまうとよくないのであなた自身が責任をもって柔軟に取り組もうとする意思を自己PRでは盛り込むと良いでしょう。

社内SEの転職面接の自己PRの例文

社内SEの転職面接の自己PRの例文をご紹介して行きます。 もちろんこちらの文章をそのままコピー&ペーストするのではなく、御自身の体験談を交えアレンジしながらオリジナルの自己PRを作り上げていってください。

例文①

私は高校生の頃から携帯電話やスマートフォンのアプリケーションに興味があり独学にて勉強をしていました。さらに知識を高めるためにスクールに通ったこともあります。その努力を買われ入社した前職ではさまざまな社内のアプリケーション開発システム構築管理を行うチームに配属されました。 5年経過したころにチームリーダーに任命されてからはどのように作業の効率を計るかを課題でした。課題をクリアするにはチーム全体のコミュニケーションが足りない事ともっと親睦を深める事だと感じた私はチーム全体の親睦とコミュニケーションをさらに深める事を提案し社内のコミュニケーションの活性化に貢献する事ができたと自負しています。

例文②

銀行のシステムの開発チームに13年在籍後、現在では銀行システムのメンテナンスやサポートをする部門のチームリーダーをしております。現場が開発チームからサポートチームに異動してみると実装されているシステムの機能をまったく使いこなすことができていませんでした。その影響で顧客サポートへにも余計な手間や時間が掛かるという問題が起きていました。 そこで問題を解決するために現状起きている問題点を洗い出し開発チームとサポートチームの架け橋となり問題の解決案のために行動しました。起きていた問題を解決するために提案したり、使いやすいシステムについて話し合ったりしてきました。その結果使いやすいシステムの構築と実装する事ができました。 私は柔軟な思考と問題を客観視するような思考が身についております。将来的には会社全体を見渡していけるような業務にも関わっていきたいと思っております。

憧れの社内SEになるために積極的に企業に売り込んでいこう

記事のまとめ
  • 社内SEは縁の下の力持ちになれる方に向いている仕事
  • 納得のいく転職をするには自分の希望を把握し、条件の合った求人に応募することが大切
  • おすすめの転職エージェントは「マイナビエージェントIT

今回は社内SEについて解説してきました。社内SEとは何かという話から始まり、その仕事内容、適した人物像や志望動機の書き方についてもお分かりいただけたと思います。 社内SEは細やかな気配りができる縁の下の力持ちになれる方に向いている仕事であり、通常のSEと比べても概して業務におけるストレスが少ない魅力的な職業です。社内SEに関心をお持ちの方はこの記事を活かし、転職を検討してみてはいかがでしょうか。 社内SEに転職するなら「マイナビエージェントIT」がおすすめです。すべてのサポートが無料なので、まずは気軽に相談してみましょう。

関連タグ

アクセスランキング