IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

考える力がない人の特徴と原因|考える力のつける方法(本など)

初回公開日:2017年06月22日

更新日:2020年05月29日

記載されている内容は2017年06月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

考える力がないと、なかなか物事がスムーズに進行できないのではないでしょうか。考える力を鍛えたい、養いたいと思っている方は大勢いるはずです。今回は、そんな考える力がない人の特徴や、考える力の付け方について詳しく解説していきたいと思います。

競争力を感じていない

考える力がない原因は様々ですが、中でも競争力がないということが原因として挙げられます。仕事をしている以上、誰かと競争することは非常に多く存在します。クライアント間で競争することもあれば、社内で競争することもあります。競争している時に考えるのが、どうすれば競争相手に勝てるかということです。 様々なことを模索した上で出した結論に向かって、躍進することが考える力なのです。しかし、この競争力が欠如してしまっていると、考える力が身につかない原因になってしまうのです。

考えることの重要性を理解していない

考える力を身につけることは重要ですが、そもそもその重要性を理解していない人が多いと言えます。これは、考える力が身につかない根本的な原因といっても過言ではないでしょう。普段の生活の中で考えることの重要性を理解しているとすれば、自ずと考えるようになるでしょう。しかし、その重要性を理解せずに生活していると、思いつきの行動で発言をしたりアクションを起こしたりするのです。

生まれた時から思いつきで行動している

考える力がない人は様々ですが、子供の頃から根付いている性格が原因ということもあります。何かを考えるということは、生活をしていくうちに身についていくものですが、それすらも身についていないというわけです。多少は考えることもありますが、深く考えていないので、考える力が身についていないのです。考え方は様々ですが、自分なりの考え方が身についていないと、何事もその場限りの考えで行動してしまうでしょう。

責任感がない

考える力がない人の原因として、考えられるのは責任感がないということです。ビジネスをしている時に、クライアントや上司から責任感がないと咎められた人も少なくはないでしょう。責任感がないと人は、向き合っている仕事に対して真剣に向き合っていないということになり、考える力が欠如しているのです。 ここで、考える力が身についているのなら、思いつきで行動することもなく、一つの仕事に対して真剣に向き合えることでしょう。ただ、その責任感がないことによって、考える力がない原因になっているということを念頭に置いておくと良いでしょう。

考える力のつけ方

論理的思考力を身につける

行動が先ではなく思考を先にする

考える力を身につけるには、自分の中での意識改革を行うことが重要になってきます。意識改革を行うためには、まず行動が先に出るのではなく、思考を先にすることが重要になります。これは、ビジネスでもそうですが、普段の生活の中から変えることができるものです。商品を買うことを思い出せばわかりやすいでしょうが、衝動買いしてしまう人は行動が先に出てしまいがちです。 しかし、深く考えて結論が出た上で商品を購入したとしたら、思考が先にきていることになります。これ以外にも、何かを考えて行動をするということは日常生活にあふれています。仕事だけのために考える力を身につけるのではなく、日常生活から気をつけることで、根本を変えることができるわけです。

自ら責任感のある仕事を求める

考える力をどうしても身につけたいというのなら、自ら責任感のある仕事を求めてみると良いでしょう。責任感のある仕事は様々ですが、責任感さえ感じていれば、この重大さに気づくことが多くなるでしょう。場合によっては、会社の経営に関わってしまうようなこともありますし、会社の存続に関わってしまう大きな仕事もあるはずです。そういった重大な責任感があれば、自然と考える力も身についてくることでしょう。

考える力をつける本

考える力をつける9つのステップ

関連タグ

アクセスランキング