IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

日本における役職と職位・職位別の職責|階級役職/職階/等級

更新日:2020年05月13日

社会人常識

職位、役職、職責など、ビジネス用語には意味も響きも似た言葉が多く、意味の違いを説明できるほど理解していないけど、「今更聞けない」という方も多いでしょう。今回は、職位の意味、役職など似ているビジネス用語を解説します。人に聞かれても説明できるようになりましょう。

一般的に言えば、常務以下は、会社によって地位、位置付けがさまざまです。役職者なのか、単なる職位なのか、なかなか判断しにくいもので、相手側が数人いる場合には、誰が一番偉いのかはっきりしないことも多いでしょう。会社の規模や業種などで判断していくことが重要です。また、職位を個人に与えることで、それぞれのモチベーションがアップしたり、対外交渉で有利になる場合もあります。会社組織の活性化、健全化に有効に使える側面もあります。 しかしながら、役職や職位の上下に関係なく、組織に属している以上、それぞれが仕事の範囲をもっているので、社会人として責任を持って仕事をしていくのが一番ではないでしょうか。

初回公開日:2017年05月22日

記載されている内容は2017年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング