IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

都庁職員の志望動機の書き方と例文|インターンシップでの志望動機

初回公開日:2017年05月21日

更新日:2020年03月05日

記載されている内容は2017年05月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

このページでは、「都庁職員の志望動機の考え方」をテーマにして、都庁職員の志望動機を考える際のポイントや注意点、例文などをご紹介しています。また、インターンシップの志望動機の考え方についてもまとめているので、ぜひ参考にどうぞ。

都庁のインターンシップの志望動機の考え方

都庁のインターンシップの志望動機の考え方
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

ここまで、都庁職員として採用される為の志望動機の考え方や例文をご紹介してきましたが、実際の採用に関する選考ではなく、インターンシップの場合は、どのような点に注意して志望動機を考えるべきか、気になる所です。そこで続いては、都庁のインターンシップを志望する際の志望動機の考え方について、コツやポイントをご紹介していきます。

都庁のインターンシップの志望動機の考え方【1】:なぜインターンシップを受けたいのか

採用に関する志望動機と、インターンシップの志望動機の考え方の決定的な違いは、「なぜそのインターンシップを受けたいのか」という内容の有無にあると考えられます。 インターンシップは、学生がさまざまな物事を学んだり、有意義な体験をしたりすることができる内容となっています。ですので、インターンシップの志望動機について述べる際は、都庁のインターンシップを通して、何を学び得たいのかも志望動機の内容に加えることが大切です。

都庁のインターンシップの志望動機の考え方【2】:「なぜ」を追究する

都庁のインターンシップの志望動機の考え方【2】:「なぜ」を追究する
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

インターンシップの志望動機で多いのが、「インターンシップを通して、人として成長したい」「さまざまな経験を積んでおきたい」といった内容ですが、それだけでは具体性に欠けると捉える面接官もいるでしょう。成長したいという言葉は漠然としていますし、なぜ成長したいのかを都庁のインターンシップに結び付けて述べないと、説得力がない志望動機になってしまいがちです。 また、「さまざまな経験」という言葉も、抽象的な印象を受けます。具体的にはどのような経験を積みたいのか、また経験を積んでそれをどう活かしていきたいのか、まで説明した方が熱意が感じられる志望動機になるでしょう。ですので、志望動機を考えていて、漠然としていたり抽象的だと感じる部分があるようなら、なぜそのように思うのか、「なぜ」や「どうして」を追究すると、より説得力がある志望動機を考えやすくなります。

「なぜ」を見つけて答えを考えることが大切

「なぜ」を見つけて答えを考えることが大切
※画像はイメージです
出典: https://static.pexels.com

いかがでしたでしょうか?今回は、「都庁職員の志望動機の考え方」をテーマにして、都庁職員の志望動機を考える際のポイントやコツ、注意点や例文などをご紹介しました。 都庁職員の志望動機を考える場合は、自分が考えた志望動機の内容の中から、「なぜ」と面接官から質問されそうな部分を見つけ出し、隙と言える部分や矛盾が感じられる部分を解消していくことがポイントです。「なぜ公務員として働きたいのか」「なぜ地元や地方ではなく東京都なのか」といったように、「なぜ」をたくさん見つけ出し、それらを明確に説明することができる内容にすることで、熱意が伝わって説得力がある志望動機になるでしょう。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング