IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人材業界の志望動機の書き方と例文|履歴書や面接カードなど

マネジメント

人材派遣業界への志望動機を書く時には、どのような事がポイントになるのでしょうか。その人を知り人を動かすことができる人でなければなりません。人材業界へ受かりやすい志望動機の書き方をご説明致します。ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

更新日時:

人材業界へ応募する際の志望動機とは?

人材業界への履歴書の志望動機を書く際に、特に気をつけたいのが、その人材業界の会社がどのような人を求めているかです。ホームページや、会社の募集内容に、よく目を通しておきましょう。会社方針などがあれば、志望動機に入れると好感度がアップするでしょう。 その人材業界の人事の方へ、どのような人か伝わるだけでは不十分です。あなたを雇うことによって、会社がどのような利益を得ることができるのか、自分自身を見つめなおし、些細なことでも良いので、志望動機でアピールしてみましょう。

人材業界への履歴書の志望動機 例文1

【志望動機 例文①】 私は人と話しすのが大好きな為、家族や友人から相談される事もよくあります。人とのコミュニケーションは得意な方です。アドバイスした相手が喜ぶ姿をみていると、とても嬉しく思います。人と企業の架け橋となる人材業界に関心をもつようになり、志望致しました。

人材業界への履歴書の志望動機 例文2

【志望動機 例文②】 人のキャリアに携われる仕事は、他にはないと思います。責任感も大きいですが、相手の喜ぶ姿も身近にみれることが、やりがいになるでしょう。貴社では派遣会社としてスタッフへのサポートをより重視されていることを拝見し、これまでの経験を活かし、貴社に貢献したいと思っております。

人材業界の面接時の志望動機 例文1

【志望動機 例文①】 どの企業にとっても人材は欠かせないものですよね。人材業界では他の業界とは違い、人材と企業とをマッチングをするのが仕事です。私は人と関わる事が、とても大好きです。その為、御社のスタッフさんの気持ちに寄り添うことを、大変重視されている点に、興味を持ちました。御社に採用していただけましたら、スタッフさんの気持ちをよく考え、派遣先の会社と今以上に信頼関係を築いていきたいです。宜しくお願い致します。

人材業界の面接時の志望動機 例文2

【志望動機 例文②】 人材業界では、商品が言い方が悪いかもしれませんが、人になりますよね。商品なら扱い方にそこまで気を遣うことはありません。しかし人を相手にする仕事は、派遣先やスタッフなどへの気遣いが特に大切だと考えます。私は他人への気遣いは、得意な方です。社内での人間関係も、相手に嫌な思いをさせない行動や言葉を心掛けています。その気遣いが、企業との信頼関係を築けるきっかけできます。努力と忍耐力では、誰にも負けない自信がありますので、よろしくお願い致します。

就活を有利に進めるなら

インターンシップの選考や、就活の選考で必ずある面接。「面接官が何を見ているか」が分かれば、想定質問への回答も用意でき、落ち着いて面接にのぞんで、ライバルに差をつけられます。 ・面接官の評価基準 ・どのような質問が来るか 「就活ノート」では、上記2つがわかる資料を無料ダウンロードできます。他の学生が手に入れていない、面接官が実際に使っている評価シートを手に入れて、選考を通過しましょう。

就業未経験・既卒・大学中退の就活なら

「大学4年の夏でまだ内定ゼロ…」 「大学中退したけど就職できるかな…」 「フリーターから正社員になれる…?」 そんな方はJAICと一緒に就活を始めてみませんか? ・就業未経験・既卒・中退の就職率80.3%! ・就職した企業への満足率94.3%! ・企業選びから就職後までずっと安心の個別サポート! 実績豊富なJAICがあなたの就職活動をサポートしてくれます。まずは簡単無料登録をしてみましょう。

人材業界の面接カードの書き方

人材業界への応募の際、ある会社では、面接カードがなく、履歴書のみで書類選考通過した経験があります。ところが、もし一次選考に合格し二次面接になる前に、面接カードがあったなら、どのように書くのが良いのでしょうか。こんな質問をされるかも?と想定して書いてみました。参考にしてみてください。

転職する理由、弊社で働きたい理由 例文

現在は、○○会社で営業事務の仕事をしております。約5年この仕事に従事し、やりがいは感じているものの、自分の本当にやりたかったことは、このような事なのかと考えさせられるようになりました。日々同じ仕事の繰り返しで、ミスを誰よりも少なく正確に、スピーディーに仕事をこなしてきました。 ただふと考えたとき、私は営業の方が取ってきてくれた仕事の事務処理をしているだけで、自分自身ではお金を生み出すことができていない事に気がついたのです。そのような中、貴社の求人を拝見し、人材業界のコーディネーターの仕事が目に留まりました。他社とは違う○○のやり方に大変興味を持ちました。私も自分自身の力で何かできるのではないかと思い志望致しました。

自覚しているご自身の性格について 例文

私は、サザエさんのような性格で、少しそそっかしい所があります。その為、請求書の金額や、仕入先からの請求額のチェックなど、絶対に間違えられない所は、何度も繰り返してチェックしていました。その為経理面では、ほぼミスをしたことはございません。 人間なので、失敗することもあるかと思います。しかし失敗すると言うことは挑戦している証拠ではないでしょうか。自分自身がおおざっぱな性格であることは理解していますので、他人の倍チェックすべき点を理解しています。 人への気遣いは、特に意識してきました。人材業界でも特に必要な、スタッフに対して好印象を与えるということは、得意です。

趣味、特技、休日の過ごし方・ストレスの解消法について 例文

趣味 ピアノを弾くこと 特技 英語 休日の過ごし方  ドライブに出かけたり、緑が多く空気が澄んでいるところへ、お弁当をもって出かけることがよくあります。気分もリラックスでき、休み明けに仕事への意欲が出るようにしています。なるべく、休日中は仕事の事は考えないで、思いっきり楽しんでいます。遊んでばかりいても、稼ぐことはできないので、仕事と休日のめりはりを大事にしています。

ストレス解消法 ストレスが、溜まってきたと感じたら、部屋の掃除をするようにしています。隅々まで綺麗にすることによって気分もすっきりしますしモチベーションも上がってきます。整理整頓できていると、同じものを買うことを避けられ、節約にもつながります。そして何よりしっかりとした睡眠をとれるよう心掛けています。

職務経験  例文

○○の会社で、営業事務を○年。 仕事内容 電話応対、来客応対、在庫管理、請求書、受注発注業務、振替伝票記入 ○○の会社で、歯科助手を○年。 仕事内容 患者様への応対、電話応対、器具の洗浄、治療助手、お口の洗浄 ○○の会社で、施術オペレーターを○年。 電話応対、予約対応、患者様へのシャンプーなどの施術、カウンセリング、商品販売

職務経験で得た知識や能力について 例文

相手に印象を良くするには、イチオクターブ高い声を出すイメージで、電話に出るようにしています。そしてなるべく声のトーンを下げないよう、語尾はトーンを上げる事を意識しています。電話応対は、会社の窓口にもなりますので、好感度を与える電話応対は習得しています。 仕事は一人ではできないので、報告、連絡、相談を徹底してきました。そうすることで、他人から誤解を招くことも少なくできますし、信頼を得ることもできます。このように人材業界に必要な協調性を身につけました。 事務処理の仕事は迅速且つ正確さが必要です。迅速にすることだけを意識しても、間違いがあると、二度手間になってしまいます。何度も失敗しましたが、お蔭で正確に処理できる力を習得しました。

人材業界を受ける際にみられるポイントとは

人材業界を受ける際、みられるポイントや志望動機にはどのようなものがあるのでしょうか。人材業界で働いたことがある知り合いがいます。どのようにして合格したのかを聞いてみました。また人材コーディネーター、コンサルタントになるには、仕事内容を詳しく知っておく必要があるでしょう。一緒にみてみましょう。

人材業界のコーディネーターとは

人材コーデイネーターとは、キャリヤカウンセラーや、派遣コーディネーターとも呼ばれ、応募してきた人材をクライアントが求める条件にあてはまるようにマッチングさせる仕事です。営業が受注してきた業務に適切なスタッフを、登録されたスタッフの中から、ピックアップし、電話で紹介します。仕事内容を詳しく説明し、その仕事をしたいと思えるように話しができなければなりません。

人材コーディネーターに必要なこと

人を見抜く力があるかどうかが大切でしょう。職務経験だけをみて、経験がないからと言って、マッチングしないとは限らないのです。電話で話してみて、未経験でもOKな仕事であるならば、紹介してみると案外合うといった可能性もないとはいえません。偏見で相手をみるのではなく、潜在的な能力も引き出すことができるかもしれないのも、この職業の特徴ではないでしょうか。一度やってみないとわからない事も多いです。

人材コーディネーターの志望動機で必要なこと

人材コーディネーターの志望動機で必要なことは、コミュニケーション能力が優れていることを伝えられるかどうかでしょう。社内での協調性も必要ですし、スタッフさんに対しての気遣い、対応もできないと仕事を紹介することすらできません。相手によって対応を変えることができる判断力も志望動機に書かれていると良いでしょう。 入社してからの仕事内容は覚えれば誰にだってできるものです。しかし数十年かけて出来上がっている性格は、なかなか変えることができません。採用する側は、どのような人なのかをまず志望動機から知りたいのです。素直で誠実な人へは仕事を教えやすいでしょうし、努力もしてきたことがわかる内容なら、より好感度をもってもらえることでしょう。

人材コーディネーターになるには

あなたはご自身の事をどれだけ知っていますか?自分をみつめ直すと、他人の事も自然とわかるようになってきます。人と深くかかわる仕事ですので、人を好きでなければ難しいでしょう。短所ばかりに目をやるのではなく、人の長所をみつけられる、そんな人は仕事でも活用できるのではないでしょうか。

人材業界のコンサルタントとは

人材コンサルタントは、企業と個人を繋ぐのが仕事です。即戦力となる人材を求める企業に対して、求職中の個人を売り込みます。その為には企業側が求める人材の特性を、しっかり把握しておかなければなりません。個人の資格やスキルなどから、企業とのマティングする人材を探します。

人材コンサルタントに必要なこと

人材コンサルタントになるには、幅広い職種の仕事内容を理解していなければなりません。時には企業に出向いて、どのような仕事なのかを、自分の目でみて、求職者に伝えてみると、説得力があがるかもしれません。人へ何かを伝えたり、その仕事をしてもらいたいと思う場合、自分自身が体験してみると、一番良いかもしれません。

人材コンサルタントの志望動機で必要なこと

人材コンサルタントの仕事は、求職者に紹介した際、その人にとって一生の仕事になるかもしれません。企業からせかされているからと言って、焦って人を選ぶと言うことはあってはならない事です。志望動機には、人の意見をよく聞いて判断している事を書くと良いでしょう。 結果を急がず、求職者の相談に乗りながら、より合った仕事に就ける手助けができる人でないとできません。焦らずに信頼を得ることによって、企業側からも、その人がより長く働いてくれることにより評価も上がりますよね。人と企業との良い架け橋になれる自信があることも志望動機に書くと、好感度が上がるでしょう。志望動機は自信があることをわかるように書きましょう。

志望動機は、人柄をみせることがポイント

人と深く関わる仕事になるので、まずはどんな人とでも穏やかに話し人を好きであることが志望動機にないと、人材業界へ興味をもってもらう事は難しいでしょう。志望動機を書くためにも、人間性を磨くためにも、他人の長所をいっぱい見つけられる人になりましょう。

関連タグ

アクセスランキング