IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

商社営業の仕事内容・平均年収・向いている人|メーカー営業との違い

職種研究

商社営業とはどのような営業でしょうか。他の営業と比較して記載してみました。商社営業はとても人気のある仕事ですが、実際に商社営業として仕事をしてみるとどのような仕事なのかもまとめてみました。これを見て、実際の商社営業をイメージ出来ればと思います。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

商社営業の仕事内容

商社営業の仕事は、ある商品を仕入れて様々な会社や個人に対して営業販売する仕事です。車や電車で色々な会社を訪問して営業を行います。とてもコミュニケーション能力を必要とするのと、商品に関する知識も身に付ける必要があります。そういった意味では日々勉強する必要があります。こつこつ勉強を続けているとお客からも気に入られてきます。やはり、知識や経験が豊富な商社営業マンは人気が高いです。商社営業と言っても大切なことは、その人が信頼できるかどうかです。もし信頼を無くすような事があれば、その人は商社営業として問題でしょう。

どのような商品を取り扱うことがあるか

一つしては、商社営業として輸入した機器などを扱うことがあります。全部英語などで記載されている取り扱い説明書などもある程度理解しなくてはいけません。その輸入した機器に関しての知識を用いて営業をすることが主な仕事です。もちろん営業なので、いかにして売り上げを上げるかということも重要になってきます。商社営業は特に社員一人一人の売り上げを管理されています。あの人は自分より毎月高い売り上げをあげているなどの比較もされたりします。そのプレッシャーの中でどのように自分のもっている力を発揮できるかが勝負です。技術系の仕事とは違って毎月のノルマのようなものも存在します。

商社営業の1日のスケジュールとは

朝出社してから今日どこの会社に訪問するか確認します。また、メール等も確認して特に今日関係するようなメールに関しては早めに返信しておく必要もあります。その日に訪問する会社に関する準備を済ませたら会社を出発します。商社営業は足でかせぐところがあるので無駄な事はなるべくはぶいて行動するようなスケジュールを組みます。訪問先の会社に付いたら挨拶をすませ、自分の会社で扱っている商品についての説明などを行うます。ここが大切な仕事になりますが、どのような情報を持っていくかで相手の反応も変わりますので、良くシミュレーションすることです。あとは、一日でまわる会社を終えたら帰社して報告書を作成します。

商社営業の一番多い仕事内容

やはり一番多い仕事は、客先に行って商品の説明をすることでしょう。商社営業では、どのような商品をどのようにPRして販売するかが大きなポイントです。同じ商品でも違う説明をすれば、お客も違う反応になります。その説明に必要な情報収集などを特に先輩などに習っておくことが大切です。一人で営業まわりするようになったら自分で即座に判断しなくてはならない事が多くあります。その判断の一つ一つがお客の購買意欲を増すような考えであれば良い商社営業が出来るでしょう。さらに、フットワークも重要になります。商社営業は電車や車などを駆使してどれだけの会社に訪問したかが勝負でもあります。

商社営業の転職・就職事情

商社営業の転職では、経験をしている人が優位に働く時は確かにあります。ですが、ほとんど経験が無くても自分のやる気などを理解してくれて採用にいたるケースもあります。その場合でも、自分の基本的な能力が何なのかを良く把握しておく必要はあります。しっかりとしたバックボーンを持っていれば、商社営業の経験があさくても採用されることはあります。また、新卒などの就職事情では、様々な経験を積極的にしていきどんな時でも柔軟に対応できるような商社営業になるという目標や考え方が必要です。それを面接でも見てくるでしょう。体力的にもつらいところのある商社営業なので、そのあたりもPRすることが重要です。

商社営業に就職する時に大切なこと

どのような商品を扱っているかが大切です。その商品についてもともと知識がある人は、入社する前の段階で何をすべきかがある程度分かるでしょう。もし、知識がほとんどない商品を扱うことになる時は、自分なりに商品について勉強してみるのも良いです。そのような勉強をする姿勢は入社後も継続して行っていくことで上司にも信頼してもらえる商社営業になれるでしょう。また、転職などで商社営業の仕事をする場合は自分の得意とするものを一つでも持っていると良いでしょう。それが例えば英語力であっても何でも良いです。その力を会社は認めてくれて早い段階から色々な仕事を任せてもらえるようになります。

面接で採用担当者が見てくるところ

商社営業の場合、何を経験してきたかが大切です。その中で会社に入社してからどのようなパフォーマンスが出来るか具体的な人が採用されるでしょう。なので、経験をもっている人は自分の経験を上手に伝えることが大切です。インターネットで情報収集してその企業がどのような企業なのかを自分なりに分析するようにしましょう。その企業のイメージと自分とを比較した時にどのような接点があるか考えることで志望動機なども自然とまとまってきます。採用担当は具体的な志望動機や自己PRをもとめていますから自己分析した分だけ良い志望動機などが言えるようになります。

自分に合った商社に営業として入社する為には

自分の得意とする仕事の内容をある程度明確にすることです。自分が不得意とする営業品目しか取り扱っていない時は、入社したとしてもつらいでしょう。また、経験がある商品などを扱っている場合は、商社営業をしていてもやりがいにつながります。その会社の社風なども分析するのも良いです。大体の会社は複数回面接の機会があります。この機会に自分も会社側から見られますが、逆に会社を分析するのも良いです。人事の対応一つで大まかな会社の社風などがわかる時もあります。また、採用段階での会社の対応でどのようなイメージの会社なのかも分かります。これらの情報もふまえて受けている会社を具体的に理解しましょう。 転職エージェントでは、自分の理想の条件を満たした企業の求人を紹介してくれます。今後のキャリアについて相談したり、あなたに合った求人を紹介してくれるかもしれません。

商社営業の給料や年収

大手の商社営業などでは、かなり待遇が良いです。平均年収で1000万円を超えるところはかなりあります。また、商社は大手だけでなく中小企業も沢山あります。このような商社でも平均年収は600万円位はあります。非常に他の業種と比較して恵まれていると言えます。さらにしっかりと残業代なども付く企業が多いです。商社営業が他の仕事と比べて人気があるのはこのような待遇面も関係しています。営業という仕事で考えた場合、同じ営業でも商社営業の場合は、同じような仕事をしても待遇が良いと言えます。平均年収が高いからと言って激務をしていることはほとんど無いようです。

商社によってどれくらいの年収の差があるか

大手の商社と中小企業といわれる商社の年収の差は、数百万にもなります。この年収の差は、その商社の規模などに関係しています。コストダウンを可能とする規模の大きい商社であれば、無理なく社員の年収を高い金額に出来るといったところです。また、大手の商社は海外展開している会社が多くその利益はかなりのものです。中小企業の商社は、どうしても国内のみでの事業展開になってしまいます。この結果、国内の需要が落ち込んだりすると中小企業の商社はその影響を多く受けます。グローバルに展開している大手の商社は、国内の需要が冷え込んでも、海外でなんとか経営を維持することができます。

商社営業の仕事と年収はつり合っているか

商社営業の仕事は客先に行って自分の会社の商品を売り込むことにあります。それなりに神経を使ったり体力勝負であったりするところが多々あります。このあたりを考えると年収が他の業種より良いからといって決して楽であるとは言えません。体力的につらい時があるのは、色々な会社に一日のうちにまわることもあります。一社だけの訪問であれば、それほど疲れることはないかもしれません。それを複数社まわることで疲労もかなりします。ですので、年収が高い分だけ商社営業は仕事をしていると言うことです。人によってはこれだけの商品を販売したのに、年収とつり合っていないと考える商社営業の人もいます。

どれ位の年収が商社営業で理想的か

商社営業の仕事内容を考慮すれば、理想的には1000万円を超える年収が良いでしょう。とても高いと感じる方もいるとは思いますが、仕事内容が非常に大変な為この年収が妥当です。また、商社営業は仕事意外の付き合いも結構あってこれは会社から支給されません。ですので、そういった出費を考えも1000万円位で丁度良いです。商社営業は想像以上にストレスにさらされる仕事であり、たとえ他の業種よりも沢山給料をもらっても色々な出費で無くなってしまいます。本当に自分の体を心配する人であれば、商社営業を継続する為には相当な工夫が必要となります。

商社営業は忙しい?

忙しい時は極端に忙しいのが商社営業です。普段は一日に数社営業でまわるような仕事をしている商社営業ですが、忙しい時はさらに多くの会社を訪問することになります。時には、普段の倍くらいの会社を営業で訪問することもあるでしょう。一概には言えない所もありますが、忙しい時期は商社営業は他の仕事と比べてかなり体力的にも精神的にもつらいです。この繁忙期を乗り越えらえるかどうかで継続して仕事を出来るかが決まります。学生の頃から商社営業を夢見てきた人は多いと思いますが、実際に何年も忙しい日々をおくり、あまり休暇も取れない日を続けていると会社に対して疑問を持つ人も多いです。

どのような時に商社営業は忙しいか

商社営業は、一般的にはボーナスが入る時期が忙しくなる傾向があります。それは、消費者の購買意欲と関係があります。消費者は、ボーナスをもらったら様々な商品を購入したいと考えます。その時には商社営業は商品の需要が高くなる為繁忙期となります。結構長い期間続いたりするので商社営業の忙しい時期は長いです。時には、一年中忙しい年もあります。それは扱っている商品によって異なってきます。運悪く何年も人気の商品を取り扱っていれば、長いこと忙しい状態が続きます。逆にあまり需要のない商品を扱っていれば、そんなに忙しくないでしょう。しかし、会社も売り上げを上げる為に魅力的な商品を取り扱うので結果として、商社営業とは忙しい仕事となります。

商社営業で忙しい時はどう対処するか

商社営業とは複数で営業しているのが普通です。忙しい時は、前もって上司や同僚に伝えて役割分担するようにしましょう。早い段階で上司に伝えておけば、何か考えてくれます。商社とは相手の会社や個人がいて成り立つものなので、急なスケジュールの変更などもかなりあります。それらに対して柔軟に対応できるコミュニケーション能力は大切です。常に会社の同僚や上司とコミュニケーションをよくとっていれば、いざと言う時にもみんなで対応できます。それに対して、孤立して商社営業をしている人は自分の力の限界を知ることになります。常識的なことかもしれませんが、問題が起こる前に会社の人に聞くことで忙しい時も乗り越えるので良いです。

忙しい商社とは

本当の意味で忙しい商社とは、営業や他のセクションも無駄なく働いている会社です。マーケティングや戦略がしっかりとしている商社では常に無駄のない商社営業を行っているところが多いです。それに対して、突発的に忙しくなったり急に暇になったりするような商社では安定した会社であるとは言えません。忙しい商社とは、様々なお客の需要に対して適切に対応している商社が理想的です。さらに、その商社でしかできないサービスを展開している商社などでは、商社営業がそれほど頑張らなくても有利にビジネスを展開しています。それは、長い企業としての経験などが必要になってきます。

商社営業とメーカー営業の違い

商社営業の場合は、他の会社がつくった商品を販売しています。それに対して、メーカー営業は自社でつくった商品を販売します。似ているようでまるで違います。メーカー営業の場合は、自社で商品をつくっている関係もありその商品に対しての全てを知っている必要があり、アフターサポートも含めてお客が満足できるようにサービスを行う必要があります。ですが、商社営業の場合は、時には詳細はメーカーに確認して下さいといったような言い方もあります。言い換えれば、分からないことは最終的にメーカーにお願いして教えてもらう事ができます。どちらが良いかは難しいところですが、どちらの営業もそれぞれ魅力があります。

どちらが自分にあった営業なのか

いわゆる商社で営業をしたいと考えるのであれば、商社営業を希望した方が良いかもしれません。メーカーにこだわる傾向がある人は、メーカー営業も視野に入れましょう。比較することは難しいですが、商社営業の方が取り扱っている商品の種類が多いです。なので、沢山の商品を扱うような営業をしたい方は商社営業向きと言えます。性格的には、商社営業はより社交的に性格の方が向いているようです。メーカー営業は、いわゆる技術営業に近い側面もあるので技術に興味があるとなお良いです。

メーカー営業の特徴

メーカー営業の特徴は、専門とする商品の担当をあたえられるところです。専門の商品に関しては何でも回答出来るようにしておく必要があります。また、メーカー営業は営業ではありますが、技術的な事にも知識があることが望まれます。毎日こつこつ商品に関して勉強する姿勢が売り上げにつながっていきます。

商社営業とはグローバルに活躍できる仕事

商社営業は広い視野に立ってものごとをとらえる人が向いています。取り扱う商品の数も相当な数があり、常に様々な事を吸収する力も必要です。どちらかというと一つの事を専門的にやると言うよりかは、幅広く知識をつけその知識を用いて営業を行います。 また、商社営業での海外展開などについては、英語力を発揮して外国人と交渉するような機会もあります。商社営業とはこのようにグローバルに活躍できる仕事と言えます。 商社勤務の求人を探すなら、転職エージェントがおすすめです。経験豊富なプロがあなたの希望に合った求人を紹介してくれます。また、確実に内定を勝ち取る術を教えてくれます。

関連タグ

アクセスランキング