IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

優しすぎる人の特徴/性格/心理・仕事での傾向と適職

更新日:2020年05月15日

マネジメント

客観的に自分を見てもらった時に、「あなたは優しすぎる」と言われたら、どう思いますか?「〜すぎる」と言われるとあまり良い気持ちにはならないかもしれません。今回は、そんな優しすぎる人について、詳しく解説していきたいと思います。

優しすぎる人には向いている仕事もある反面、全く向いていない仕事もあります。ここでは優しすぎる人にあった適職、仕事についてご紹介していきます。

優しすぎる人は、人と関わる仕事が向いている

優しすぎる人は、他人の事が十分考えられ、かつ優しい対応で好印象を与えられますので、人と関わる事の多い仕事が向いています。具体的には、販売員・介護職・カウンセラー・アドバイザーなどが適職として挙げられます。一方で営業職のような人の気持ちを意図的に動かすような仕事はやや不向きな場合もあります。

優しすぎる人は、分析型の仕事が向いている

優しすぎる人は、物事の経緯を深く読み取る傾向があるため、分析し結果を導く仕事も向いています。具体的には、研究者、マーケティング職、アナリスト職などが適職として挙げられます。

優しすぎる人は、共同作業系の仕事が向いている

優しすぎる人は、周囲の人をよく考え協調して物事を進めていけるため、一人単独で働く仕事よりもチームやプロジェクトなどで集団で共同作業をする仕事で成果を出しやすいです。具体的には、商品開発、システムエンジニア、事務職、クリエイティブ職などですね。ただし常々同じような人と関わる事で、気苦労を溜めやすいリスクもあるのでこの点は注意したい所です。

優しすぎる人の仕事傾向は?

続いて、優しすぎる人の職場での働き方、仕事の傾向における特徴についてご紹介していきます。

優しすぎる人は、職場のムードメイカー

優しすぎる人は、リーダータイプの人のように周りを巻き込みながらムードを作る事は少ないですが、周囲をフォローし時には柔らかで温かい雰囲気を作ってくれる傾向があります。

優しすぎる人は、従順的で確実な仕事をする

優しすぎる人は、頼まれたことはしっかりと確実に仕上げてくれる仕事傾向があります。ただし、頼まれると断れない側面もあるため、余りに無理に仕事を振ると破綻させてしまうリスクも。

優しすぎる人は、やや仕事が遅い

優しすぎる人は、相手の事を考えもっと良いものに仕上げようと、時には仕事として余計な所にまで手を出してしまう仕事傾向があり、仕事を仕上げるまでの時間が遅くなってしまう事があります。

優しすぎる人は、理不尽な事には厳しい

優しすぎる人は、物事を肯定的に考える傾向がありますが、明らかに道理の通らない理不尽な事を持ち掛けたりすると、厳しい反応をみせ、時には反抗的な態度を取られる事もあります。

優しすぎる人の心理とは

次のページ:適度に優しい人に
初回公開日:2017年04月30日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング