IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

優しすぎる人の特徴/性格/心理・仕事での傾向と適職

初回公開日:2017年04月30日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

客観的に自分を見てもらった時に、「あなたは優しすぎる」と言われたら、どう思いますか?「〜すぎる」と言われるとあまり良い気持ちにはならないかもしれません。今回は、そんな優しすぎる人について、詳しく解説していきたいと思います。

優しすぎる人の特徴とは?

世の中には、人に厳しく文句ばかり言っている人、相手に敵意ばかり向けている人がいる反面、人に優しすぎる人も大勢います。時に「ちょっと優しすぎるのではないか」、「相手の事を考えすぎなんではないか」とまで思われてしまう人も。 さて、ここではこういった優しすぎる人の特徴や、優しすぎる人にあった適職、優しすぎる人の深層心理などについてご紹介していきます。 「優しすぎる人」と一言にいっても、様々な方がおり、その”優しさ”にもいくつか種類がありますが、ここでは優しすぎる人全般にみられる特徴をいくつかご紹介していきます。

優しすぎる人は、見た目が万人向け

優しすぎる人は、前述したとおり人間関係を重視する傾向があるため、人間関係の基礎となる見た目の部分も、比較的万人受けするような風貌で固めている事が多いです。例えば、髪型は男性であれば短髪、女性であれば女性らしい長髪など無難なもの、服装は個性を避けユニクロなどで売られているようなよくあるもの、化粧やネイルは薄目などですね。もちろんファッションが趣味な方などであればまた話は変わってきますが、全般的には万人向けで無難な見た目の人が多い傾向があります。

優しすぎる人は、やや口下手

優しすぎる人は、相手の気持ちを読むことは得意ですが、その分、相手を上手くそそのかしたり、あることないことを述べておだてる事がやや下手な方が多いです。所謂”口下手”という人ですね。また無口というほどではないものの、よく相手の気持ちを読みながら話すため、口数自体がやや少ない方が多い傾向があります。

優しすぎる人は、丁寧で几帳面

優しすぎる人は相手の事を考えるため、職場や外出先では、相手のために整理整頓を徹底する、読みやすい綺麗な文字で書くなど、丁寧で几帳面な対応をとるのが特徴的です。一方で自分の部屋などプライベートな環境となると乱雑になってしまう方もいます。 以上が優しすぎる人によく見られる特徴です。あなたやあなたの周囲の人は該当していましたでしょうか。

優しすぎる人の性格とは?

続いて、優しすぎる人の性格の傾向について。こちらも一概には言えませんので、あくまで傾向としてご紹介していきます。

優しすぎる人は、分析型の性格が多い

優しすぎる人は、よく相手の心情や、物事の流れ経緯を分析して考える、分析型の性格の方が多い傾向があります。表面的には人あたりの良い柔らかな性格に見えても、心の内ではよく回りを分析し物事を深く見通そうとする方が多い傾向があります。

優しすぎる人は、人に甘く自分に厳しい

優しすぎる人は、他人にたいしては比較的寛容的で、例えば他人がミスなどをしても肯定から入る傾向があります。一方で自分自身のミスには厳しく、特に人間関係などで大きな間違いをしてしまうと内面的に大きなダメージを受けネガティブ思考になり引きずってしまうこともあります。

優しすぎる人は、安定重視の性格

優しすぎる人は、人間関係だけでなく、仕事や収入、家庭などにも安定を求める安定重視の性格が多い傾向があります。このため、何事においてもリスクを負うような冒険は避け、確実で安定、安全な方法を取る事が多いです。

優しすぎる人の適職はどんな仕事

優しすぎる人には向いている仕事もある反面、全く向いていない仕事もあります。ここでは優しすぎる人にあった適職、仕事についてご紹介していきます。

優しすぎる人は、人と関わる仕事が向いている

優しすぎる人は、他人の事が十分考えられ、かつ優しい対応で好印象を与えられますので、人と関わる事の多い仕事が向いています。具体的には、販売員・介護職・カウンセラー・アドバイザーなどが適職として挙げられます。一方で営業職のような人の気持ちを意図的に動かすような仕事はやや不向きな場合もあります。

優しすぎる人は、分析型の仕事が向いている

優しすぎる人は、物事の経緯を深く読み取る傾向があるため、分析し結果を導く仕事も向いています。具体的には、研究者、マーケティング職、アナリスト職などが適職として挙げられます。

優しすぎる人は、共同作業系の仕事が向いている

優しすぎる人は、周囲の人をよく考え協調して物事を進めていけるため、一人単独で働く仕事よりもチームやプロジェクトなどで集団で共同作業をする仕事で成果を出しやすいです。具体的には、商品開発、システムエンジニア、事務職、クリエイティブ職などですね。ただし常々同じような人と関わる事で、気苦労を溜めやすいリスクもあるのでこの点は注意したい所です。

優しすぎる人の仕事傾向は?

続いて、優しすぎる人の職場での働き方、仕事の傾向における特徴についてご紹介していきます。

優しすぎる人は、職場のムードメイカー

優しすぎる人は、リーダータイプの人のように周りを巻き込みながらムードを作る事は少ないですが、周囲をフォローし時には柔らかで温かい雰囲気を作ってくれる傾向があります。

優しすぎる人は、従順的で確実な仕事をする

優しすぎる人は、頼まれたことはしっかりと確実に仕上げてくれる仕事傾向があります。ただし、頼まれると断れない側面もあるため、余りに無理に仕事を振ると破綻させてしまうリスクも。

優しすぎる人は、やや仕事が遅い

優しすぎる人は、相手の事を考えもっと良いものに仕上げようと、時には仕事として余計な所にまで手を出してしまう仕事傾向があり、仕事を仕上げるまでの時間が遅くなってしまう事があります。

優しすぎる人は、理不尽な事には厳しい

優しすぎる人は、物事を肯定的に考える傾向がありますが、明らかに道理の通らない理不尽な事を持ち掛けたりすると、厳しい反応をみせ、時には反抗的な態度を取られる事もあります。

優しすぎる人の心理とは

最後に、優しすぎる人の”優しさ”はどこからきているのか。優しすぎる人の深層心理の部分の特徴をご紹介していきます。

幼い頃に優しい人に囲まれ育った

幼い時に受けた体験はその後の性格形成に大きく影響すると言われています。優しい親や兄弟、友人に恵まれ、優しさ溢れる環境で育ってきた方は、それが当然だと考え優しすぎる人になり易いです。

窮地に追い込まれた時に優しさに助けられた

人は窮地に追い込まれた時や落ち込んだ時に、人から優しさを受けると、他者にも優しさを与えられる人間になると言われています。これまでの人生の中で窮地に追い込まれ周囲の優しさに救われた方は、優しすぎる人になり易いです。

コンプックスの裏返し

コンプレックスを抱えていたり、悩みや問題を抱えている方は、それを紛らわすため、また人から好かれるために、優しさを利用する事があります。こういった方も優しすぎる人になり易いです。

作為的な優しさ

最後にこれまでと趣旨が変わりますが、優しくして評価を得たい、優しくして恋人がほしいなど、対価を求めて作為的に優しさをアピールする方もいます。疑似的な優しさとなりますが、こういった理由で優しすぎる人になる(演じる)人もいます。

適度に優しい人に

いかがでしょうか? 以上が優しすぎる人の特徴となります。 優しさというのは人間であれば多かれ少なかれだれもが持っているものですが、「優しすぎる人」と言われるくらい過剰になってくると、特徴はやや複雑になってきます。 適度に優しい人が真に優しい人となりうるでしょう。 本記事が少しでもみなさんのお役に立てれば幸いです。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング