IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

優しすぎる人の特徴/性格/心理・仕事での傾向と適職

初回公開日:2017年04月30日

更新日:2020年05月15日

記載されている内容は2017年04月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

マネジメント

客観的に自分を見てもらった時に、「あなたは優しすぎる」と言われたら、どう思いますか?「〜すぎる」と言われるとあまり良い気持ちにはならないかもしれません。今回は、そんな優しすぎる人について、詳しく解説していきたいと思います。

優しすぎる人の特徴とは?

世の中には、人に厳しく文句ばかり言っている人、相手に敵意ばかり向けている人がいる反面、人に優しすぎる人も大勢います。時に「ちょっと優しすぎるのではないか」、「相手の事を考えすぎなんではないか」とまで思われてしまう人も。 さて、ここではこういった優しすぎる人の特徴や、優しすぎる人にあった適職、優しすぎる人の深層心理などについてご紹介していきます。 「優しすぎる人」と一言にいっても、様々な方がおり、その”優しさ”にもいくつか種類がありますが、ここでは優しすぎる人全般にみられる特徴をいくつかご紹介していきます。

優しすぎる人は、見た目が万人向け

優しすぎる人は、前述したとおり人間関係を重視する傾向があるため、人間関係の基礎となる見た目の部分も、比較的万人受けするような風貌で固めている事が多いです。例えば、髪型は男性であれば短髪、女性であれば女性らしい長髪など無難なもの、服装は個性を避けユニクロなどで売られているようなよくあるもの、化粧やネイルは薄目などですね。もちろんファッションが趣味な方などであればまた話は変わってきますが、全般的には万人向けで無難な見た目の人が多い傾向があります。

優しすぎる人は、やや口下手

優しすぎる人は、相手の気持ちを読むことは得意ですが、その分、相手を上手くそそのかしたり、あることないことを述べておだてる事がやや下手な方が多いです。所謂”口下手”という人ですね。また無口というほどではないものの、よく相手の気持ちを読みながら話すため、口数自体がやや少ない方が多い傾向があります。

優しすぎる人は、丁寧で几帳面

優しすぎる人は相手の事を考えるため、職場や外出先では、相手のために整理整頓を徹底する、読みやすい綺麗な文字で書くなど、丁寧で几帳面な対応をとるのが特徴的です。一方で自分の部屋などプライベートな環境となると乱雑になってしまう方もいます。 以上が優しすぎる人によく見られる特徴です。あなたやあなたの周囲の人は該当していましたでしょうか。

優しすぎる人の性格とは?

続いて、優しすぎる人の性格の傾向について。こちらも一概には言えませんので、あくまで傾向としてご紹介していきます。

優しすぎる人は、分析型の性格が多い

優しすぎる人は、よく相手の心情や、物事の流れ経緯を分析して考える、分析型の性格の方が多い傾向があります。表面的には人あたりの良い柔らかな性格に見えても、心の内ではよく回りを分析し物事を深く見通そうとする方が多い傾向があります。

優しすぎる人は、人に甘く自分に厳しい

優しすぎる人は、他人にたいしては比較的寛容的で、例えば他人がミスなどをしても肯定から入る傾向があります。一方で自分自身のミスには厳しく、特に人間関係などで大きな間違いをしてしまうと内面的に大きなダメージを受けネガティブ思考になり引きずってしまうこともあります。

優しすぎる人は、安定重視の性格

優しすぎる人は、人間関係だけでなく、仕事や収入、家庭などにも安定を求める安定重視の性格が多い傾向があります。このため、何事においてもリスクを負うような冒険は避け、確実で安定、安全な方法を取る事が多いです。

優しすぎる人の適職はどんな仕事

関連タグ

アクセスランキング