IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職から半年後の不安を解決するには|転職から半年で辞めたい場合

転職の悩み・不安

転職した場合、半年間はどんなことを意識して過ごすべきでしょうか。あるいは、転職したけれど半年で辞めたいという場合は、どうすれば良いのでしょうか。転職後、どのように過ごすべきか、辞めたいときの対処法をまとめましたのでご参照ください。

更新日時:

転職から半年後の過ごし方+転職から半年で辞めたい場合+転職半年で辞めた例+転職して入社時期半年後は可能?

転職してから半年後までの過ごし方とは?

転職活動の末、やっと転職先が決まり、転職を果たした方もいるでしょう。しかし、転職の場合は、ただただ、ぼーっと過ごして与えられた仕事をこなすようでは、いつか会社から肩たたきされるかもしれません。ここでは、転職後半年間どのように過ごせばいいのかについてまとめました。

転職後半年間の過ごし方-自分の武器は何かを周りに知ってもらう。

新たな環境に身を投じてから3ヶ月程した頃には、精神的な疲れや肉体的な疲れのピークを過ぎて、心身ともに復活している頃でしょう。また、新たな環境における社内用語や社員の名前と顔が一致し始める頃でもあります。まだわからないことが多くあるかもしれませんが、慣れてくる頃です。 そんな状況の中で怖いのは、その程度の慣れにホッとして安住し始めることです。転職者の場合は、周りと同じ仕事ができるようになったところで一安心すると聞きますが、上司の立場からすれば、それは普通のことです。社外からわざわざ人材を採用したわけですから、内部にいる人達よりも期待値は高いということを肝に銘じておいてください。

転職してから半年後までにすること

では、まず何をすればいいのかになります。入社して3ヶ月程経った頃は、だいぶ会社の内部事情にも慣れてきた頃ですから、その会社内に何が欠けているか、会社が求めているのに十分には出来ていないということがわかってくるはずです。また、会社の戦術や価値観も既に頭に入っているはずです。それをもとに考えて、例えば人脈が足りないと感じれば、前職の人脈を使って紹介する、新たな発想が足りないと感じれば、前職の業界の知識を最大限に利用して提案してみるなど心がけてください。 ここで、気をつけることは、「私は前職でこんなに凄いことをやってのけた!」なんて自慢げな態度は絶対にしてはいけません。飽くまでも、「実は私は○○が得意だったのですが・・・」とさりげないアピールをするようにしてください。あまりに強いアピールは、かえって鼻につきますし嫌われてしまいますので、ここでは派手に立ち回る必要はありません。 肝心なのは、転職先での自分のポジション確保なのです。そのためにも、周囲と自分を差別化できるような、自分の武器を打ち出して、周りに認めてもらうことです。転職できたということは、前職で培った力も大きいでしょう。自分の過去の財産を活かして、得意分野で成果を上げましょう。そうすることで、転職先で「○○なら、××さんだね。」と評判になって、自分のポジションを確保でき、かつ会社からもなくてはならない存在として認められるようになるのです。周囲の信頼を得れば、あなたの発言権も増しますし、転職成功のカギとなるのです。 ・自分のポジションを確保する

転職後半年間の過ごし方ー意見や提案は慎重にしましょう。

新たな環境に身を置いて、半年もすると、その企業のおかしいところやネガティブなところが目に付き始める時期でもあります。優秀な人ほど、そのように目に付くことも多いでしょう。しかし、この段階ではあなたは、上司や会社に対して、いくら正論であったとしても批判的なことを口にするのは避けた方が良いでしょう。 入社してわずかな期間で、いくら正論だったとはいえ、会社に対する批判的な意見を言われれば、上司も「お前なんかに何がわかる?まだそれほど勤めてないくせに」と反感を買う確率が高いからです。

転職後半年の過ごし方-意見や提案の仕方

では、批判や意見は絶対に言わないようにして我慢すればいいのでしょうか。そうではありません。批判や意見があれば、この段階では言わないだけで、メモなどに書き留めておいてください。そして、その不満が本当に耐えられないものである、または会社のためにも言ったほうが良いのではないか、というものであれば提案してみるのも良いかもしれません。 しかし、その場合は、提案の仕方を工夫しましょう。人間は基本的に否定されることを好みません。かろうじて受け入れられるのは違う考え方があるというところです。例えば、Bという方法よりCという方法が良いという確信があるのに、会社としてはBを選択しそうだというときに、上司に「BではなくCを採用すべきです」とか「Cの方法が前職でもうまくいってました」では、誰もあなたの意見を取り入れてはくれません。 「状況を鑑みると、Bという方法も確かに良い方法であるとは思いますが、前職では、○○というメリットがあることからCという方法をとっていたため、Cという方法も検討してみはいかがでしょうか」といった具合に、相手を否定せずに提案することを心がけましょう。相手を否定しないということは、コミュニケーションを図る上でも大変重要なテクニックですので、その点に気をつけて意見や提案をするようにしましょう。 ・相手を否定せずに、意見を言ったり提案をする

転職後半年間の過ごし方-同僚との飲み会でも会社の悪口は厳禁

上司には会社の悪口を言うのはダメでも同僚ならいいのでは?と思うかもしれませんが、会社の悪口を言うのはやめておいた方が良いでしょう。 確かに入社半年ともなれば、同僚とも軽口をたたける間柄になっているかもしれませんが、あなたが飲み会などで「会社の○○なところは、良くないですね」などと言ったときには、今まで軽口を言っていた同僚からは「まだ何も分かってない癖に、批判される筋合いはない」と言われるかもしれないからです。いくら同僚が会社の悪口を言ったとしても、転職者であるあなたに悪口を言われると、身内意識が働いて、外部から来たあなたを批判したくなるのです。 最初から、転職先の同僚は仲間だという意識は持たずに、クライアントだと思うようにしましょう。例えば、クライアントが「我社はこんなところが足りないなぁ」と言えば、あなたは「そんなことないですよ。御社は○○が凄いじゃないですか」と返すでしょう。こういった受け答えが転職者の受け答えにふさわしいのです。入社して半年経ったとしても、たとえ飲み会であっても気を緩めることなく、緊張して過ごしたほうが良いということです。

転職後半年間の過ごし方-会社内の人間関係を熟知しておくこと

転職した場合に、周りの人を覚えようとするのは当たりまえだと思います。しかし、ただ顔と名前を覚えるだけに留まっていたら、後で大きなしっぺ返しがあるかもしれません。 というのは、会社という大きな組織では派閥争いや人間関係のこじれなどが必ず存在しているからです。その派閥や人間関係を無視して、行動すると後で自分に災いが降ってくることも多くあるということをよく覚えておきましょう。 入社半年ともなると、会議に出席することも多くなると思います。また、その会議で意見を述べてくださいと言われることもあるかもしれません。そういったときに、「○○さんがこう言っていたのですが・・・」という言い回しをすることがあるかもしれませんが、このような言い方は気をつけなければなりません。 例えば、ある会議中にその会議を取り仕切る人がA派閥の人だったとします。そして、あなたは特にそんなことを知らずに敵対するB派閥の人に教えてもらったことを、意見を求められて発言します。「○○さんが言っていたのですが・・・」たとえ、それが正論だったとしても、あなたはその会議で打ちのめされるでしょう。そして、あなたはその会議での発言権がなくなる可能性すらあるのです。 人間関係を熟知してその辺をしっかりと考えてから発言することは、転職者にとっては、必須であることを覚えておきましょう。

転職して半年で辞めたい場合

転職したものの、思っていた職場とは違った、やりたい仕事が全くやらせて貰えない、など転職後半年程で辞めたいと思っている方はかなりいます。 最初の数ヶ月は、仕事に慣れることに一生懸命なので、そのように思う余裕はあまりありませんが、仕事や人間関係に慣れ、その会社の内部事情まで知り始める入社半年後あたりから、上記のような不満や期待はずれ感が出始めるのです。 また、求人詐欺や誇大広告が横行していることもあって、入社したものの自分の予想とは違うということになる人も多いようです。しかし、真面目な人ほど、「とりあえず1年は頑張らなきゃ」とか「半年で退職するのは、履歴書に書くにも不利になる」と悩み、行動に移せない状態に陥りがちです。 しかし、このような場合でも、職場に不満だらけなら、できるだけ早く辞める決断を下したほうが良いかもしれません。

転職後退職するのに1年も半年もあまり変わらない

辞めたいと思うけど、経歴に傷がつきそう・・・と踏ん切りがつかない人は、最低でも1年は頑張ろうなどと辞める時期を引き伸ばしがちです。しかし、半年も1年もほとんど大差ありません。 ほとんどの会社では、1年も半年も経歴としては同じとみなします。それよりも、辞めてからの転職の際に、採用担当者に「退職理由」を聞かれるので、それにどう答えるかの方が、重要になってきます。入社して半年しか経ってないと激務なブラック企業で頑張ってストレスフルな生活を送るよりも、半年でも即決断して次のステップを踏む方が、前向きに頑張れるのではないでしょうか。

転職後半年で退職は、経歴に書けば突っ込まれる

退職するのに1年も半年も大差ないと説明しましたが、とはいえ、その後の転職活動で、面接で突っ込まれることは避けられないでしょう。「転職後、半年でやめるということは、ウチに入社してもすぐ辞めるのでは?」と疑念を抱かれるからです。 わずかな期間だから履歴書には書かないという手もありますが、それはそれで空白期間になってしまって、逆に突っ込まれて窮地に立たされることになりかねません。また、そもそも厚生年金や社会保険加入履歴からすぐにバレてしまうので、隠すのは逆効果です。 ここは、正攻法でいきましょう。しかし、なぜ辞めたのか?の質問に対しては、「つまらなかった」「変な会社だった」などのネガティブな発言や、会社を非難するような事は言わないようにしましょう。それよりも、この会社で自分がどれだけ貢献できるのか、やる気があるのか、というアピールを中心に話すようにしましょう。

転職して半年で辞めた経歴があっても、面接では、前向きな姿勢を見せる

履歴書に半年で退職した経歴をしっかりと記載した場合に、その点を採用担当者は突っ込んできます。その場合、仕事が嫌で半年で退職したわけではないことをしっかりとアピールして、採用担当者の「ウチもすぐに辞めるのでは?」という不安を払拭するように努めましょう。 例えば、半年間ある分野の自分のスキルを高めるために勉強してきたが、実際に勤務してみたら自分の方向性とは違う仕事だった、その点こちらの会社は○○という部署もあったり、職務的に私が今まで高めてきたスキルで貢献できると感じた・・・など、より前向きに働くための退職だったことをアピールしてみるのもいいかもしれません。 ただ、このような経過を話すにしてもダラダラと説明してはいけません。簡潔に、採用担当者が納得できる内容で説明しましょう。または、「仕事を通して様々な経験をすることができました。しかし、自分の方向性の合致する仕事に就きたいという思いが強くなってきまして、御社を受けさせていただきました。」という、問題がない一般的な説明でもいいでしょう。その場合は、「この不況で仕事も限られていますので少ないチャンスを活かしたいと思っています。」など、やる気を見せる一言を付け加えてもいいかもしれません。 たとえ、ネガティブな退職理由だったとしても、決してそのままの内容を答えるのではなく、ポジティブで前向きな回答をするようにしましょう。

転職して半年で辞めた事例

では、転職して半年で退職したという方の事例をみてみましょう。転職してから半年で退職したとしても人それぞれで、各個人によってその後の成功は変わってくるようです。

転職して半年で退職した事例-その1

(Aさん、30歳) Aさんは、新卒で入った会社を5年勤務した後に退社。転職活動の末、B社に再就職しました。しかし、その会社の体質やノルマについていけず、人間関係もうまくいかず、うつ病を発症してしまいました。結局、再就職後半年で、会社を退職。 そんな状態だったので、一旦実家に帰って休息をとりつつ、症状に改善がみられたために就職活動を再開しました。そして、それから3ヶ月後にある民間企業の臨時職員募集に応募して、面接試験を受けました。きちんとした理由を告げて、また自分のスキルをアピールしたことも功を奏し、無事職に就くことができました。半年後、契約社員にならないかと声をかけられ、契約社員になりました。立場もランクアップし、仕事内容も自分に合っていて、天職を見つけたと思っているそうです。思い切って仕事を辞めて、一時はどうなるかと思いましたが、今はよかったと思っているそうです。

転職して半年して退職した事例-その2

(Cさん、25歳) Cさんは、大学卒業後新卒で中小企業に就職。3年程で勢いで転職活動をして、無事転職に成功しました。しかし、転職後、その企業がブラック企業だと気づきました。結局、転職後半年で退職を決意し、なんとか辞めることができました。 しかし、最初の転職では転職先が決まっていたので生活費やその他の費用に困ることがなかったのですが、転職後の退職は、とにかく辞めることに集中していたために、次の就職先のことを考えずに辞めてしまったために、生活が困窮しました。今考えれば、なぜ貯金等きちんと準備した上で辞めなかったのかと思います。結局、実家に借金をして生活して、半年ほどしてからやっと今の職場に就職できました。今は、毎月そのときの借金を返す日々です。何事も計画的に行わなければならないと学んだとのことです。

転職して入社希望時期が半年後は可能か

転職活動をしていて、今の職場に退職の意思も伝えていないことから、面接時に「いつごろから働けそうですか?」の質問に「半年後を考えてます」と答えた場合、この回答で転職が決まるでしょうか。答えは、せっかくのチャンスをフイにしているかもしれない・・・この答えはやめたほうが無難でしょう。もし、同じ条件で面接している方がいて、「1ヶ月後には入社できます」と答えたら、どうなるでしょうか。あなたより、入社時期が早いという理由でそちらの方が採用されるということは往々にしてありえます。

転職時の面接で答える入社時期は、どのくらいが適切?

企業が中途採用を行う理由は様々ですが、多くの企業が中途入社する方には、早く入社してもらって、即戦力になって欲しいと思ってるのです。入社時期を聞かれた場合は、せいぜい1~3ヶ月後までを答えましょう。 ・入社時期は1~3ヶ月後くらいが適切 しかし、どうしてもそのくらいの時期では転職が無理だけど、その企業に就職したいという場合は、「やむにやまれぬ事情があるために、転職できるのは早くても半年後になってしまうのですが・・・」と前置きした上で、企業に問い合わせてみるのも一案です。合わせて、入社への強い意思や熱意を示すことで、もしかしたら配慮いただける可能性もあります。 また、今回の応募では無理でも、次回の応募に関して教えていただけるということもあるかもしれません。また、企業側もどうしても欲しい人材だと判断した場合は、通常は2~3ヶ月程までが待つ限界だとしても、半年後でも了承してもらえることもありえます。まずは、企業側に打診してみるのも良いかもしれません。

面接時に説明する、転職後半年で辞めた場合の理由

前述しましたとおり、転職後半年で退職した場合、履歴書に記載しなければなりませんし、面接において、その理由について聞かれることは必ずあるでしょう。その場合、以下について気をつけましょう。

絶対に理由として言わない方がいいこと

・不平不満はダメ 文句や悪口と受け取られかねない内容のトークは不誠実そのものと判断されます。半年という短いスパンで退職しているため、何らかの大きな理由があるのですが、いくら後ろめたい理由でも攻撃するようなことは言わない方が良いでしょう。 ・残業時間が長すぎて疲弊した ・仕事内容がくだらなくて、やる気が失せた ・嫌な上司がいて、ストレスで体を壊した 前に勤めていた会社を非難したり、攻撃するような発言は絶対にしないようにしつつ、実際のあなたの気持ちをからめつつ説明しましょう。あなた自信も入社して半年で退職なんて考えてなかったはずです。そのことをしっかりとした理由を添えて説明しましょう。

反省点も入れつつ話す

・半年で退職に至った経緯を非常に反省している ・やむを得ずに半年で退職した こうした反省点を交えつつ話すと、採用担当者も納得しやすくなります。 また、具体的な説明としては、以下のような点に気をつけましょう。 ・仕事をすることが嫌なわけではなく、やる気があること。 ・自分で解決策を探し、克服しようとしているポジティブな姿勢 ・ウソをつかず、本音を話す(但し、不平不満はダメ) 以上の点に気をつけて、採用担当者に会社側にも問題があったのではということを思わせるように努力しましょう。

転職して半年で辞めること自体は悪くありません。

いかがでしたか。転職後半年で退職するというと、忍耐力のない人、すぐに職を転々とする人と思われないか、履歴書上も不利になるのではないかと考えがちですが、もし自分にとって全く合わない、ここにいても仕方がないと決心したのなら、我慢するよりも行動する道もあるということがわかっていただけたでしょうか。 確かに、その後の就職活動でその点を突っ込まれることは明確ですが、自分がどういう理由で辞めたのか、今後どうやっていきたいのか、またそのためにどういった努力をしているのかなど明確に答えることができれば、その後の就職でもそれほどのマイナスポイントにはならないかもしれません。

関連タグ

アクセスランキング