IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人事に役立つ資格一覧・人事における資格試験と資格制度

資格・検定

人事の仕事というのは、どこの企業でも必ず在籍しており、常に必要とされている役職です。人事は幅広い業務を行うため、さまざまな資格や能力が求められます。そこで今回は、人事のお仕事をするうえで、必ず役に立つ資格について紹介していきます。

更新日時:

人事に役立つ資格一覧

人事の仕事というのは、どのようなものがあるかを知ることで、自ずとあると役に立つ資格が見えてきます。人事部門として独立している会社も多くある中、総務部門の中に人事昨日のある企業も存在します。そこでスキルアップを目指すのであれば、総務でも役に立つ資格も視野に入れておくと、のちのち必ず役立ってくれることでしょう。

人事に役立つ資格とは

最近の流行を見るとやはり、個人情報の管理に関わる資格に人気が集まっているようです。しかし、これまでに抑えておきたいとされてきた資格もあなどれません。まずは勉強しやすいものや、得意分野を生かせるものから取捨選択していくといいでしょう。 しかし、それでもどの資格から取得したらよいか分からない場合は、人事部で働く上で、人気が集中しているものから選ぶのも悪くないでしょう。人気が高まっている資格の場合、ガイド本や参考書・問題集なども書店やネットでも豊富に出版されていて、手に取りやすいのも利点です。

人事とは、人に関する業務のスペシャリスト

人事に必要な資格を考えるうえで、会社内での人事の役割についておさらいしておきましょう。人事の仕事として一番イメージしやすいのが、異動や退職などの社員情報の管理です。 また社員のための福利厚生や報酬、教育や研修などの規格も行うことが多いです。社員の採用活動や、評価制度や就業規則の制定などを行う人事制度の構築業務も担います。つまり、会社内における『人』に関わる業務の全般を行うのが、人事の仕事です。

人事の役割を考える

人事は会社に在籍する社員に関する仕事が主となりますが、その中には給与計算の業務や、社会保険の手続き業務なども含まれる場合があります。こうなると、人事というのは会社内でも、かなり重要なポストとなるのがお分かり頂けることでしょう。 企業を大きく発展させていくのは、マンパワーです。その人材の確保や育成などの戦略を大きく左右できる重要な役割から見て、人事の仕事というのは会社の経営にはなくてはならない役割を果たすと言えるでしょう。

必要な、役に立つ資格とは

人事は人に関するスペシャリストであるものの、それだけでは賄いきれない業務も多いものです。そこで人事の業務に生かせる資格として「お金」の管理にまつわる資格をお勧めします。 ・日商簿記 ・ファイナンシャルプランナー 国家試験にも人事の仕事をするうえで、できるをアピールしやすい資格もあります。 ・社会保険労務士 ・衛生管理者 ・行政書士 難易度の高さが懸念されますが、『税理士』の資格も、人事の仕事をする際には、大変重宝されることでしょう。

人事・総務の業務以外でも、もっていると役に立つIT系の資格にも注目すべきところです。 ・日商PC検定 ・マイクロソフト オフィス スペシャリスト 国家資格となる『ITパスポート試験』も、IT業務の基礎を習得していることの証明となりますので、資格を取っておいて損はないでしょう。

人を管理する人事だからこそ、習得しておきたい事務処理に関する資格がこちらです。 ・秘書技能検定 ・FASS検定 ・ビジネス実務法務検定試験 ・中小企業診断士 人事としてキャリアアップを目指すのであれば『TOEIC』や『中国語検定』も視野に入れておくといいでしょう。

注目したい今はやりの資格

ここまででご紹介した人事で役立つ資格に加え、最近注目されてきている資格もご紹介しておきましょう。 ・メンタルヘルス・マネジメント検定試験 ・マイナンバー実務検定 ・個人情報保護士 2016年より国家資格となった『キャリア・コンサルティング技能士検定』も注目しておきたい資格と言えるでしょう。

個人情報に関連する問題が課題となっている昨今、人事や総務の仕事でも、個人情報を取り扱う資格が必要な業務も増えています。また業務に支障が出てしまいそうなメンタルヘルスのトラブルも急増していることから、人事としてこれらを少しでも回避するための予防策などを学んでおく必要性も見直されています。 会社の経営を潤滑にさせるためには、個人を守るための勉強も必要になってきているということでしょう。人事に携わる人は、本当に意味で、人に関する業務のスペシャリストというわけです。

人事の資格試験

人事で役に立つ資格試験について簡単にご説明しました。次にそれぞれの資格試験について5つをピックアップし、もう少し詳しくお話ししてみましょう。国家試験でも比較的取得しやすい資格もありますので、受験時期なども考慮しながら、どの資格を取りたいか検討してみてください。

個人情報保護士

人事の初心者にまず抑えておいてほしい資格が「個人情報保護士」です。比較的チャレンジしやすいことと、最近はやりとなっている個人情報保護の兼ね合いから、確実に人事の業務で役立つ資格と言われています。 人事に役立つ資格の多くは、受験資格のハードルが高いものが多いなか、受験資格がなく、個人情報に関する法律についてだけを勉強しておけばよい点でも人気が集まっています。

・受験資格 不要。国籍や年齢も一切関係ありません。 ・試験日 毎年6月、9月、12月、3月の計4回実施。 ・受験料 10,800円 ・試験形式  マークシート方式の筆記試験。  試験課題は『個人情報保護の総論』『個人情報保護の対策と情報セキュリティ』  それぞれ80%以上の正解率が合格ライン。  合格率は平均37%前後。

社会保険労務士

人事として持っていると大変有利な武器となる『社会保険労務士』の資格ですが、難易度が大変高く、例年合格率は6%程度と言われています。そのため取得が難しいことからスクールに通われて試験対策を行うのが良いでしょう。しかしその分、取得後の自分へのメリットも高く、将来独立を考えている人などにはうってつけと言えます。

・受験資格  短大卒と同等以上の学歴  一定の実務経験がある方  行政書士資格を有している ・試験日 毎年1回・例年8月の第4日曜日 ・受験料 9,000円 ・試験形式  マークシート方式で、選択式が40問、択一式が70問。  法令の問題が約90%を占める。  合格ラインは最低でも科目40%は必要。  全体でみると60~70%以上の正解率で合格ライン。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験

人事の仕事として重要な役割を果たすのが、個人それぞれのメンタルヘルス管理です。適切な対処法を心得ておくことで、ナイーブな問題とも向き合いやすくなります。社員の心の健康を守り、快適な職場環境つくりを目指す各企業から注目が集まっている資格です。

・受験資格 不要。 ・試験日 毎年3月、11月の計2回実施。I種は11月のみ。II種・III種まで同日実施。 ・受験料 I種:10,800円/II種:6,480円/III種:4,320円 ・試験形式  マークシート方式、制限時間は2時間。 人事初心者でも取得しやすいのが魅力です。社会保険労務士や産業カウンセラーの資格取得をめざすなら、抑えておきたい資格の一つです。合格ラインは約7割、4択から答えを選ぶ方式なので回答しやすい試験形式です。I種は会社の経営幹部や人事部門で役立ちますが、最初は自分自身のケアについてがメインのIII種からでも、問題はないでしょう。 段階を経て受験しなくても良いので、自信のある方はいきなりI種を受験しても問題はありません。

衛生管理者

受験資格に学歴・実務経験が必要となる事から、敷居が高く感じられるようですが、さほど受験資格のハードルは高くないので、ぜひおさえておいていただきたい資格です。正答率が約6割となっているので狙いやすい資格と言えるでしょう。第一種と、二種に分かれていますが、逆に試験対策をしやすいというメリットもあります。 社員が健康的に、快適に働くことの感情づくりをめざし、そのためにはどのような対策を行えばいいか、具体的な知識を得ることのできる資格です。

・受験資格 以下のいずれか一つに当てはまる事  大学・短大または高等専門学校卒業者…労働衛生の実務経験1年  高等学校卒業者…労働衛生の実務経験3年  中学校卒業者…労働衛生の実務経験10年  ※上記以外の詳細な受験資格については、サイトを参照してください。 ・試験日 各地域の安全衛生技術センターにて、毎月1~3回程度実施  第一種・二種ともに同日開催。  安全衛生技術センターは全国7ブロック分けられ、実施日はエリアによって異なります。 ・受験料 一種・二種ともに6,800円 ・試験形式  第一種…労働衛生17問/関係法令17問/労働生理10問 (計44問)  第二種…労働衛生10問/関係法令10問/労働生理10問 (計30問) 一種と二種の違いは、対応する業種の違いです。第一種はすべての業種に適用されますが、二種に関しては省かれる業種がいくつかありますので、確認をしておく必要があります。

キャリア・コンサルティング技能士検定

2016年に国家資格として定められたことから、信頼度がアップし注目されているのが『キャリア・コンサルティング技能士検定』の資格です。国家試験ということでやはり少々難易度が高く、学科試験のみならず、実技試験も実施されますので、あまり時間に余裕がない方の場合は、スクールなどで指導を受けたほうが、合格への近道と言えるでしょう。 人にかかわる業務の中で、自分に合ったキャリアプランに悩む人たちへ手を差し伸べるための知識を身につけます。

・受験資格 原則、規定の実務経験が必要。  2級でも最低3年の実務経験が必要。  1級に至っては、2級取得後さらに3年の実務経験が最低でも必要となる。  『キャリアコンサルタント』の資格を取得していると優遇される。  ※上記以外の詳細な受験資格については、サイトを参照してください。 ・試験日  2級:(学科)毎年6月・12月/(実技)7~8月・1~2月  1級:(学科)毎年12月/(実技)1~2月 ・受験料 学科:8,900円/実技:29,900円 ・試験形式 筆記/実技  マークシート方式、50問・100分。1級は5択、2級は4択から選択する形式。  70点以上が合格ライン。  実技試験は『記述式による解答』の論述試験と、ロールプレイおよび口頭試問。  合格基準は評価区分ごとに、100点満点中60点以上のとなります。  筆記と実技を別々に受験することも可能なので、余裕をもって受験できます。

国際的に役に立つ人事系の資格

国際的なキャリアアップを視野に入れている方の場合、ここまででご紹介した資格のなかでは、事務系資格の「マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)」や語学系資格の「TOEIC」「TOEFL」は必須と言えるでしょう。そこからさらにスキルアップを狙うのであればMBAの資格が有利です。

MBA(Master of Business Administrator)とは

日本では「経営学修士」と呼ばれている「MBA」を取得するには、世界各国にあるビジネス系の大学院(ビジネススクール)で、修士課程を修了した人に与えられる資格です。アメリカなどでは、キャリアアップするためには、必須のスキルと言われていて、多くの方が資格修得を目指しています。海外の資格ですが、もちろん、日本国内でも習得することは可能です。

MBAが習得できるビジネススクール

MBA取得が可能なビジネススクールの代表と言えばアメリカの「ハーバード・ビジネススクール」、もしくは「シルベニア大学ウォートンスクール」が有名です。日本国内であげると「慶應義塾大学大学院経営管理研究科」か、「名古屋商科大学大学院」、または「テンプル大学日本校」の「フォクスビジネススクール」が有名です。

人事における資格制度

職能資格制度というものをご存知ですしょうか。これは人事制度の一つで、人事にかかわる仕事をする方は知っておきたい制度です。社員を年功序列ではなく、能力主義に基づいて、処遇を決定するという制度です。仕事が出来る人がよい待遇を得られるのは当然のように思えます。 しかし理想通りにはいかず、現在の人事の業務における大きな課題とされています。なぜ課題となったのか。それは能力だけではなく。業績や成果を重視するべきではないかという声が多く挙がったのが原因です。社員の能力が上がるということは、会社そのものの業績アップや、成果を上げる結果にもつながります。だからこそ、この記事でも人事の仕事をするために役立つ資格をご紹介しているのです。

この職能資格制度にはランク付けが定められていて、それらをもとに社員の処遇を決定しています。一般的に9等級程度に格付けされ、昇格することで昇進がついてくる形になっています。ここで矛盾が起きていて、能力主義で昇格するはずが、判断材料に年令であったり、在級年数が関わるようになってしまいました。そのため、いつのまにか年功的な等級の決め方が暗黙の了解で行われるようになりました。

人事の職務を続けていく上で、必ず当たる壁として認識しておくことが重要です。一度決まった制度を改善することはできませんが、矛盾があることを知った上で、人事の職務を行っていきましょう。しかし、資格を取ることは絶対に無駄にはなりません。 資格を持っていることもさることながら、そのために努力した時間や労力も、能力アップには確実に繋がります。職務資格制度の等級や、昇格の仕組みを把握しておけば、人事としてのキャリアアップもスムーズにいくことでしょう。

人事という仕事の役割

人事に役立つ資格についてご紹介してみました。守備範囲の広い人事の仕事には、色々な方面からの切り込み方があります。すべてを習得する必要はありませんので、出来る範囲から頑張ってみましょう。頑張って手に入れた資格は、きっと今後のビジネスライフの中で、見事な花を咲かせます。

関連タグ

アクセスランキング