IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

20代の転職は難しい?成功するための転職エージェント活用術

転職サービス・サイト

転職の際に便利な転職エージェント。しかし最近は数も増え、強みのある業界や年齢などの特徴、強みのある業界などがわかりにくくなり、自分に合う会社の選び方がわからないと悩む人も多いです。そこで今回は20代におすすめの失敗しない転職エージェントをご紹介します。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • はじめての転職は転職エージェントを使うことで幅広い情報が得られる
  • 転職をする際は明確な目的を持ち行う
  • 20代は「マイナビエージェント」が人気

20代はまだキャリアがかたまりきっておらず、幅広い選択肢がある最後の時期です。我慢も大事ですが、今の仕事が合わないと感じているのなら、一度転職を検討してみてください。 最初は「マイナビエージェント」に登録し、無料相談に行くだけで十分です。情報を集めながらチャンスを待ちましょう。

20代の転職事情

20代の転職事情1:転職経験

20代の転職事情1:転職経験

エンジャパンによる調査では20代の転職経験は63%で転職未経験37%と他の年代に比べると圧倒的に転職経験がないことがわかります。 20代では他の年代と違い経験や実績がなくても転職することができる確率が高いため若さを武器に色んなことに挑戦するのもいいでしょう。 しかし転職回数が多い場合や勤務歴などが短いなどの場合転職の成功率は確実に下がるので慎重に行いましょう。

20代の転職事情2:転職までの期間

一般的に転職活動の目安は3~6ヶ月とされています。 主な内容としては ・転職準備 ・書類作成 ・求人応募 ・面接 ・内定・退職 で分けられています。 この際、退職してから転職活動を行うのではなく転職先の内定が決まり次第退社しましょう。 一時の感情に流されず転職プランを練りそれに沿って行うことをオススメします。

20代の転職事情3:転職で求められるものとは?

転職するにあたってまずはなぜ転職をするのかを明確にしましょう。 上記でもあるように20代は他の年代に比べ経験や実績がなくても若いため転職しやすい傾向にありますが転職は慎重に行うことが大切です。 転職をしたからといって確実に環境や収入が改善されるとは限りません。そのため何を目的に転職をするのか明確にすることが一番必要なことをいっても過言ではありません。 20代の転職では経験や実績より、「ポテンシャル」「意欲」「柔軟性」「人間性」が求められます。

20代が転職を成功させるためのポイント

20代が転職を成功させるためのポイント1:自分にあった転職エージェントを利用する

転職を成功するにはまず転職エージェントのアドバイザーをうまく使いましょう。 アドバイザーは多面的に様々なサポートをしてくれます。 ・面接指導 ・履歴書、職務経歴書の転職 ・転職者に対するの企業求人の選定 など また基本的に自分が目指している業界や職種担当のアドバイザーがついてくれるため強い味方になるでしょう。担当者が自分に合わない場合は変更できるケースもあるので遠慮せず使えるものは使っていきましょう。

20代が転職を成功させるためのポイント2:自己分析を徹底的に行う

自己分析とは端的に言うと、自分自身のことを知る作業です。 ・自分は今までどんなことをしてきたのか。 ・自分の長所、短所はなにか。 ・自分はどんな人格をしているのか。 ・自分は将来何がしたいのか。 など自分の客観的な評価を徹底的に深掘りすることが必要になります。 面接では初対面の相手に自分のことを理解してもらう事が重要になります。 そのため自分自身が自分のことを理解しそれを適切に伝える事が必要になります。

20代が転職を成功させるためのポイント3:スケジュールを立ててから活動を行う

転職ではスケジュールを練ってから転職を行う事が大切になります。 転職活動の平均的な期間は3~6ヶ月であり、それにあたりゴール設定をする事が必要になります。スケジュールを立てる事により得られるメリットを3つ紹介します。 ・漏れ、落ちなどが防げる。 ・目的が明確になるため時間を無駄にせず転職活動ができる。 ・進捗を理解できる 計画を立てる上で逆算スケジュールを活用しましょう。

20代におすすめの転職エージェント

20代におすすめの転職エージェント1:DODA

DODAはパーソナルキャリアが運営する大手転職エージェントの1つです。 「DODA」では、2種類のサービスを展開しています。「エージェントサービス」と「スカウトサービス」です。 「DODA」のエージェントサービスを利用すると、転職や各業界に関する知識・経験が豊富な、プロのキャリアアドバイザーによるサポートを受けることができます。転職のプロの目から見た、1人1人の適職や向いている求人情報を紹介してもらえるので、自分でも気付いていなかった可能性と出会える場合もあります。 また、転職活動のサポートを受けることも可能です。企業へのエントリーや選考・面接の日程調整、更には内定まで、さまざまな面でサポートを行っているので、初めての転職活動でも安心して取り組めるでしょう。 書類の添削や模擬面接などを受け、アドバイスやフィードバックをもらうことも可能なので、転職活動に関する知識なども身につきます。 若い層の利用、求人が多いため20代にもおすすめのエージェントのなっています。

親身なエージェント 年齢が上であっても、親身にご対応いただきました。いくつか登録していましたが、ここだけはお断りがありませんでした。他社には即、お断り、で登録したけどメールすら来ないことが当たり前だったので。転職が決まったのもここです。メールも電話も駆使して連絡がいただけますし、試験や面接で必要なことなども事前に教えていただけるので前もって準備して臨めるのが良かったです。また企業に直接言いにくい交渉も代わりにしていただけるので、精神的な負担が少ないのも良かったです。マッチングしている企業様からメールがかなりの量来るので諦めずに続けられました。

20代におすすめの転職エージェント2:リクルートエージェント

「リクルートエージェント」はリクルートグループが運営している大手転職エージェントサービスです。 内定決定数もNo,1と言われているので、20代という若い年齢のうちになるべく早く転職に進みたい方には「リクルートエージェント」がおすすめです。その鍵はキャリアアドバイザーの営業力にあり、とても迅速な対応でスムーズに転職まですすみます。 口コミにおいてもやはり業界最大手というのが鍵となっていて、他の口コミでも業界最大手という部分に惹かれたという口コミが多数あります。 「リクルートエージェント」といえば、求人数の多さとその質の高さが強みであり、約110,000件の求人の中から求職者の希望条件に合った求人を紹介してくれます。 「リクルートエージェント」は企業からの信頼も高いので、大手の求人も豊富にあります。大手に転職したい方や年収UPを狙っている方にもオススメな転職サイトです。

押し付けは決してせず、とても親身になって聞いて下さりました リクルートというネームバリューがあることと、求人情報の多さから信頼できると感じ、リクルートエージェントを利用しました。実際に面談をしてもらって感じたことは、まずこっちの意見をしっかり聞いて下さることと寄り添う姿勢で決して押しつけのようなことはされなかったことが好印象でした。というのも、面談時に現職で大分参っていて、精神的に疲れ切っており、正常な判断が出来る状態ではありませんでした。とにかく今の状況から逃げたいという思いで心身ともボロボロの状態で面談してもらったのですが、転職はいつでも出来るから焦らず今はとにかく休養をとった方が良いと親身になって心配して下さったのが印象でした。決して転職活動を勧めるのではなく、今の状況に合わせたアドバイスをして下さったことと、現職に戻ることが出来るようになるにはどうしたら良いかと本当に私にベストな選択肢はどれかと一緒に歩いて下さっている感じがして救われました。

20代におすすめの転職エージェント3:マイナビエージェント

「マイナビエージェント」はマイナビグループが運営している大手転職エージェントです。 首都圏&関西圏を中心に求人が多く、特に新卒の方から人気がありますが、20代からの転職に関しても実績を広げており、人気のある転職エージェントです。 また「マイナビエージェント」でしか第二新卒の募集を出していないという企業も多数あるので、20代で転職を考えている方にはかなりおすすめの転職エージェントです。扱っている職種などもジャンルが幅広いので、どんな希望職種でも必ず自分の探している物が見つかります。 「マイナビエージェント」は独自のネットワークを保有し、転職先として提携している企業が15,000社以上あります。この求人数は業界の中でもトップクラスです。 マイナビエージェントの最大の特徴は業界問わずに営業職の求人がとても豊富という点です。

未来が無い会社からの転職活動でお世話になりました。 特別なスキルがないので転職活動はすごく嫌でしたし、自信もありませんでした。ただ現職の未来があまりにないので、ちゃんと安定して働けるような会社を見つけるために転職活動をしようと決意しました。 いくつかの転職サービスを使いましたがあっさりしているコンサルの方が多く求人はたまに送られてくるものの、エントリーしても書類でダメっていう感じが続いてました。 それからマイナビエージェントに登録したんですが、親切さにビックリしました。職務経歴書をしっかり作り直してくれ、私の希望条件である安定企業っていう点をしっかり照らし合わせて求人を紹介してくれました。 さらに、求人の選考が通りやすいように、私の推薦文を経歴に沿えてくれていたようです。後から内容を見せてもらいましたが「1つの事を最後までやりとげる力、辛い職場でも粘り強く我慢して働いてきたこと人間的に信頼できて明るい雰囲気」っていう感じを送ってくれてたようです。

20代におすすめの転職エージェント4:マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、マイナビエージェントが運営する、20代向け専門の転職サービスです。 評判も高く、首都圏で仕事を探している20代の人にはおすすめの転職エージェントです。マイナビは元々大卒の就活に強く、その強みを最大限生かした転職支援をしてくれます。 詳細はこちら

20代におすすめの転職エージェント5:ワークポート

ワークポート」は設立13年の総合転職エージェントですキャリアコンサルタントの対応も丁寧で非常に評判が高いので、20代で初めて転職エージェントを利用するという方でも安心して利用できます。 しっかりと密着してサポートを行う為に拠点を「東京・大阪・福岡」に限定し、電話だけではなく対面で親身に相談に乗ってくれます。

20代の転職エージェントの活用方法と注意点

転職エージェントは、転職の為の求人情報などを提供してくれる事はもちろん、転職の為の相談にも乗ってくれ、面接のセッティングまで転職に必要な事を全てサポートしてくれる物です。 転職エージェントが主にやってくれる事はこちらです ・キャリア相談 ・求人紹介 ・履歴書や職務経歴書の添削 ・面接対策 ・面接のセッティング 転職活動の中で面倒な事、自分では手のまわらない事など全てを転職エージェントはやってくれます。面接までのやり取りを全て転職エージェントが代行してくれるので、面接までは本人は企業とやり取りをする必要がありません。逆に転職エージェントがいなければ全てを自分でやらなければいけないので、面接の練習などに集中する事が難しくなってしまいます。面接までの間全てを任せる事が出来れば、その空いた時間で自分のスキルを高める事も出来ます。 転職エージェントをいくつか紹介しましたが、口コミなどを見るとやはり転職エージェントの鍵はコンサルタントが握っていると言っても過言ではありません。コンサルタントの対応が悪ければ自分の希望職種を紹介してもらう事も難しくなってしまいます。 しかし、良いコンサルタントに出会う事が出来れば、自分の希望職種を伝え、その希望職種に転職する為にはどうしたらいいかな等の相談まで出来ます。

20代の転職エージェントの活用方法と注意点1:アドバイザーを活用する

何度も言いますが、転職エージェントにおいて一番大事なのは担当のコンサルタントとの相性です。一つの会社ではどうしても一人の担当者になってしまうので、自分と合うコンサルタントを見つけるには複数の転職エージェントを利用するのが良いでしょう。 複数エージェントに登録する際は、こちらの記事も参考にしてみてください。 転職エージェントを複数利用するという事がNGというルールはないので、そこは気にしなくて良いでしょう。また、担当コンサルタントと相性が合わないとわかったら他社サイトに切り替えるというやり方もありますが、それでは無駄な時間が出来てしまいます。なので、最初から複数登録しておくのが賢い利用方法と言えるでしょう。

転職エージェントに登録すると大体の場合、キャリアアドバイザーがついてきます。 上記でも触れましたがアドバイザーは多面的に様々なサポートをしてくれるため、転職活動をする際強い味方になるでしょう。

サポート内容
  • 面接指導
  • 履歴書、職務経歴書の転職
  • 転職者に対するの企業求人の選定
  • スケジュールを管理
  • 内定後の手続き代行

20代の転職エージェントの活用方法と注意点2:入社後のアフターフォロー

転職エージェントでは求人の紹介以外にも様々なサービスを行っています。 その中の1つ、内定後、退社入社で必要になる手続きを代行してやってくれるなどのサービスもあります。 内定をもらってからの大まかな流れとしては内定の承諾辞退、退職の意思表示、仕事の引き継ぎや退職届の提出、取引先への挨拶回り、挨拶状の用意となっています。しかし言われても何をすればいいのかピントこない人が多いと思います。 また、退職する際の退社手続きでは ・雇用保険被保険者証の受け取り ・源泉徴収票の受け取り ・年金手帳の受け取り ・健康保険被保険者証の返却 ・通勤定期券の返却 ・名刺の返却 ・業務の関係書類の返却 などの作業がありこれらの作業を代行してくれるので活用しましょう。

20代の転職エージェントの活用方法と注意点3:大量のオファーがくる

転職エージェントに登録すると様々な情報がメールに届く仕組みになっています。 自動送信メール、転職エージェントからのメール、企業側からのスカウトメール基本的にはこの3つがあり、かなりの量のメールが送られてきます。 そのため求人者からするとうざいと感じる方や逆に情報の提供に感謝するかたと二極化するケースが大半です。転職活動をする上でまずは転職活動用のメールを作ることをオススメします。

自分の意思ははっきり伝える

キャリアアドバイザーとしては転職が決定させる事で利益に繋がるので、やはりどんなコンサルタントでも決定を急かす事もあります。 しかしもし希望職種でない職種で転職を勧められた場合はハッキリと自分の意思を伝えましょう。コンサルタントがどれだけの事をしてくれていたとしても、お互いの利害を合致させる関係であればこちら側もしっかりと意見を伝えなければなりません。

相談は躊躇せず

キャリアアドバイザーへの相談、実際に対面で相談するにしても電話面談にしても謙虚になってしまったり、躊躇してしまったりする事も多いです。 しかし、コンサルタント側はアドバイスをするのが仕事で、相談がなければアドバイスのしようもなく、ただ求人を紹介するだけになってしまいます。 自分で動く事が苦手という理由で転職エージェントに登録していたとしても、やはりそういった場では自分からきっかけを起こさなくてはいけません。コンサルタント側から何をした方が良いというアドバイス待ちでは、自分の希望職種に転職するという事は難しくなってしまうでしょう。自分の転職したい職種が明確であるならば、自分からどんどん相談していく事が重要です。

20代の転職エージェントの活用方法と注意点4:企業情報にだまされない

求職者の願望としてはより良い環境で働きたい、収入をアップしたいなど色々な目的で転職をする人がいます。要するに求職者からすると良い条件の会社への転職を願います。 対して、転職エージェント側としては求職者により良い条件で会う企業を選定するのはもちろんのこのですが同時にあまり人気のない企業などを紹介してくるケースもあります。転職エージェント側からすると、実績が欲しいポイントが欲しいなどの目的も潜在的に抱えているためです。 そのため、任せきりせず自身で企業情報を選定する必要があるのです。 中には掲載内容とは違う仕事をさせられたや掲載されていた収入と違かったなどのケースもあります。

20代の転職エージェントの活用方法と注意点5:他の転職サイトから同じ求人に応募しない

多くの求人企業は複数の転職エージェントを使い求人を行っていて、これはより良い人材を採用できる可能性が高くなるなど様々な要因があるためです。そのため違う転職エージェントに同じ求人があるといったケースは当たり前に起こることでしょう。 ここで注意しなければいけないのは複数の転職エージェントから同じ求人に応募する事です。 同じ求人に複数の転職エージェントから応募することにより、同じ求職者から応募がきた企業は転職エージェントの選定をする必要が生まれ、また転職エージェント側からすると他のエージェントとの掛け合いが必要になります。 そのため複数の転職エージェントと企業間で揉め事に発展するケースも考えられ、悪い印象を受けるためこの行為は避けましょう。

20代が転職をする時の注意点

20代が転職をする時の注意点1:会社は転職が決まってからやめる

転職活動を行う上で転職先が決まる前に退社をすることだけは避けましょう。 上記にもありますが転職をするにあたりまずは転職のスケジュールを立てること最優先する事 をオススメします。 流れとしては、内定をもらう、退職の意思表示をする、退職、入社これがスムーズで金銭面でも問題を抱えない転職です。一時の感情に流されず計画的に転職をしましょう。

20代が転職をする時の注意点2:嘘をつかない

転職活動を行う際に大手に入りたい、年収を上げたいなどより良い条件で働きたい欲から嘘をつく人は多くいます。もし嘘がうまく行けばいいこともあるかもしれませんがかなりのリスクがあります。 リスクの内容としては内定取り消し、求人媒体から紹介されなくなる、社内での居心地が悪くなる、解雇されるなどのリスクがあります。最悪の場合、罰金や賠償金が発生する恐れも考えられます。 しかし中にはつくべき嘘も存在します。「御社が第一志望です」などこれは社交辞令に近いところもありこの様な嘘のないものなので問題はないでしょう。

20代が転職をする時の注意点3:短期間で退職しないこと

新卒で入社した会社を短期間で退社してしまうと転職の際に評価がかなり下がってしまうケースがあります。

・理由にもよりますが、同じように短期で転職されるリスクがあるため。 ・スキル向上があまり見込めないこと、また早期離職(3年未満)は本人事由である場合、マイナス要素としてしか見ていません。 ・仕事をするには、本音で付き合えなければいけないと思います。何かを乗り越え本音をシェアできるようになる前に、判断されていると思えるからです。 ・理由がきちんと言えなければNG。会社整理等、やむを得ない理由があればOK。よって書類で落とすことはありません。

採用者からの視点の意見として上記の様なものが挙げられます。 そのため転職は安易に行わずに明確な目的をもちプランを立ててから行いましょう。

20代女性の転職ポイント

20代女性の転職ポイント1:ポテンシャルが重視される

20代の女性の転職に必要なのは「ポテンシャル」です。 ポテンシャルとは潜在することまた可能性としての力のことを指し、端的に表すと「伸びしろ」を指す言葉です。 20代の転職は男女関係なく経験や実績よりポテンシャル、意欲、柔軟性など人間性を見られるケースが多い傾向にあります。 そのため実績や経験を無理にかき集めアピールするより今後のビジョン、仕事への意欲などを表したほうが効果的でしょう。

20代女性の転職ポイント2:出産などを考えたワークプランを練る

転職をする上で女性が抱える一番の問題の問題は「産休、育休の実績はあるのか」でしょう。 出産後、会社に復帰することはできるのかなど他にも多くの疑問があると思います。 その為転職活動は慎重に行いましょう。多くの転職エージェントの中には女性専用の転職エージェントがあります。「マイナビ 女性のおしごと」マイナビの転職エージェントでは産休、育休の取得実績や託児所付き・託児所補助などが検索の条件として用意されている為、女性にとってはとても使いやすいサイトとなっています。

20代のよくある転職理由

20代のよくある転職理由1:キャリアアップをしたい

キャリアアップとは一般的により高い経験や実績を身に着けることを指します。 キャリアアップを図る背景には終身雇用が確実に保障される社会がなくなりつつある事が挙げられます。 そのため1つの企業のみで発揮される能力ではなくどこへいっても発揮できる能力を身に着ける必要があるのです。自分自身の力をつけることにより間接的に大企業へに入社や収入アップに繋がるでしょう。

20代のよくある転職理由2:年収アップ

全ての年齢層で必ず上位に入ってく転職理由の1つであるで年収。 特に近年これが要因で転職を考える人が増えつつあります。事実、20代で転職によって年収が150万アップしたケースもあります。 「DODA」の調査によると転職した際に年収が多く上がるのは27,28,29才での転職でその中でも最も年収が1番上がるのが28才となっています。 業種別では専門商社、職種別では金融関連専門職種が年収アップでは一番となっています。

20代のよくある転職理由3:上司や社風が合わなかった

20代が転職をする理由の大きな要因の1つとして、先輩や上司また社風か合わなかったというケースがあります。「合わなかった理由としては仕事の進め方や評価などに関して上司や先輩とうまく行かなかった。」「なんでも聞いとといわれ聞いたところなんなことも覚えてないのといわれた」など多くの人がこれにより多量のストレスを抱えていることでしょう。 しかし実際に転職をする上で上司や先輩とあわなかったとするとあまり良い印象をもたれなケースが多いので気をつけましょう。

20代が転職エージェントを使ってうまくいかなかった時は

転職エージェントを利用してもうまく行かなかった場合は転職サイトの利用をオススメします。転職エージェントと転職サイトの主な違いはサポートなどが転職サイトの方が少なく、転職サイトは転職活動に対して、自分のペースで行いたい、気軽に行いたいといった人にオススメです。 転職サイトではキャリアアドバイザーが付かないため、第三者からの評価、転職の知識、求人企業の情報量、入社成功率などの点で転職エージェントに劣りますが逆に転職活動への気軽さ、期間、応募求人数、未経験業界への挑戦を気軽に行い方は転職サイトの方が適しているので登録してみるのもいいでしょう。

この記事のまとめ
  • 20代の転職は転職エージェントを使うことで幅広い情報が得られる
  • 転職をする際は明確な目的を持ち行う
  • 20代は「マイナビエージェント」が人気

いかがでしたでしょうか。今回は20代の方にオススメの転職エージェントをご紹介いたしました。20代の方には可能性がたくさんあります。興味のあることには躊躇せず挑戦していきましょう。 20代向けの総合評価1位は「マイナビエージェント」。迷ったらまず「マイナビエージェント」に登録しておけば間違いないでしょう。 その他、エージェントによって特徴は様々なので紹介してきた中で自分にあった転職エージェントを見つけ転職を成功させましょう。 本格的な転職の際は複数エージェントに登録するのが一般的です。エージェントを探す際は転職エージェントおすすめランキングも参考にしてみてください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング