IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業コンサルタントの年収と仕事内容・なるための転職方法

ビジネスマナー

起業をした場合に営業関係でおせわになるのが営業コンサルタントという職種です。ここでは営業コンサルタントとは、営業コンサルタントの年収、資格、営業コンサルタントへの転職、仕事内容などについてお話をさせていただきたいと考えています。

更新日時:

営業コンサルタントとは

営業コンサルタントは顧客の新規顧客開拓、人脈紹介、営業活動支援、提案など、幅広い営業関係の業務に携わります。こういったポジションは会社によっては、企画営業、アカウントエグゼクティブ(取引先担当責任者)などと言われることがあります。自分の裁量で顧客の売り上げが大きく変わるのでとてもやり甲斐のある職種です。

○コンサルタントの魅力 ○とても幅広い業務を経験できる ○自分の感性が顧客の業績に良い影響を与える ○クリエイティブとセールス両面の才能を開花できる

営業(コンサルタント系)に必要なスキル

○コンサルタントに必要とされるスキル ○創造力 ○企画力 ○プレゼン力 ○協調性 ○マネジメント

企業やお店の問題点は、第三者でないとわからない部分があります。そういった部分を顧客に指摘し、それを解決できるような提案をすることができる力が必要になります。 ほかにも、「うちの顧客が新規店舗をオープンする」という情報を得た場合、すぐに顧客獲得の活動を始めたり顧客とのヒアリングで問題点をすくい上げ、仕事に結びつける発想力と創造力が重要です。 自分のチャット画像です。こういう仕事って人とは違う着眼点が必要そうですね~ 鋭い着眼点も必要ですけど、それをどう現実化させていくかのバランスも重要ですよ。

○イメージを具現化させる(プレゼン力) いくら良いイメージがあっても表現できないと意味がありません。イメージをより具現化し、顧客に理解してもらう必要があります。ですから過去の実績や売上・集客の見込みなど数字を使って具体的に、かつ効果的に説明するプレゼン力が重要です。顧客は、絶対に現実味がないと信用しません。結構シビアな部分があるので、これらを説得することが重要です。

○他スタッフ達との情報交換(協調性) イベントに参加するスッタフやスポンサー、デザイナーなど多種多様な人と関わりあって仕事をしますので、絶対的に協調性が必要とされます。関係者との密な情報交換が進行や顧客確保に重要になってきます。

営業コンサルタントの年収

営業、コンサルタントへの転職ではコミュニケーション能力や、多角的な視点から論理的に答えを導く課題解決能力、アポイントメントや納期の時間をきちんと守るなど誠実な対応力などが必要とされます。

コンサルタント営業職の平均年収

営業職の平均年収は418万円程度になります。年代別では20代が354万円、30代が455万円、40代以上が550万円となっています。

○20代:354万円 ○30代:455万円 ○40代:550万円 ○全体平均:418万円

コンサルタント系の年収について

○20代:418万円 ○30代:516万円 ○40代:608万円 ○全体平均:493万円

コンサルタント系の平均年収は493万円。20代が418万円、30代が516万円、40代以上が608万円です。

成果重視の世界

会社によっては月々の売上ノルマが決められており、目標に達成具合に合わせてインセンティブが支払われます。成果重視、実力重視の職種ですから、ノルマを達成できないとインセンティブが支払われずに、年収が下がる場合も多くあるようです。

資格

日本の会社ほぼ9割9分は中小企業です。規制緩和やグローバル化が進み生存競争が激化していますが、業務の効率化や経費削減など、経営整備を急務とする企業は多くあります。このような中で活躍を期待されているのが中小企業診断士です、ベンチャー企業を含む中小企業全般の支援を行うことのできる人材は重要になっています。また情報技術なくして現在の会社経営・ビジネスは成り立たないというようになっています、経営者に対して的確なアドバイスをし、役立つIT投資を推進していくITコーディネー夕重要な仕事になっています。そして経営者は、常に氾濫する情報をどのように配分し投資していくかを悩んでいます。

中小企業診断士

経営コンサルタントに関する国家資格である中小企業診断士は、経済のグローバル化が進みんでいるなかで総合的な営業力を持つ人材を認定するものとして注目されてます。この資格は中小企業に融資を行っている金融機関に診断士の設置を奨励するという国の方針によりますます重要になっています。顧客へよりよい提案を行うための知識を求める営業担当者、また独立志向のコンサルタントとしてキャリアプランに応えうる資格が、中小企業診断士です。

試験内容

○第1次試験 「1日目」:1、経済学・経済政策(60分) 2、財務・会計(60分)3、企業経営理論(90分) 4、運営管理〔オペレーション・マネジメント〕 (90分)  「2日目」:5、経営法務(60分) 6、経営情報システム(60分) 7、中小企業経営・中小企業政策(90分) ○第2次試験 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例 I~IV(320分) 「筆記」各設問15~200文字程度の記述式  「記述」筆記をもとに4~5問出題10分程度の面接

ポイント

2次試験が改正されたので2次試験の「中小企業の診断及び助言に関する実務の事例・助言に関する能力」に、1次で削除された新規事業開発と助言理論が加わることになります、そして「登録養成課程」というサブルートが誕生しました。

セールススキル検定

セールススキル検定は、特定のセールス理論や個人のセールス哲学に依存しなし、必要最小限の「7つのセールス・コンピテンシー群」を測定し、客観的に評価する試験です。グローバル化が進む現在、ヒューマンスキルの評価基準、能力開発の指針として有用です。 レベルは3~1級があります、3級は、セールスを遂行するために必要な基礎知識を有するレベル。2級は、「全体の8割を売り上げる2割の人材」に該当する実力を有するレベルで、訪問型セールス・フォローアップセールス・テレセールスに分かれています。1級では、全てのセールス・コンピテンシーを習得し、最も難易度の高いコンサルティングセールスで高業績を上げる実力を有するレベルとなっており、合格者には「コンサルティングセールスマスター」の認定が与えられます。

試験内容

○筆記試験 ミュニケーション(基礎)、コミュニケーション(実践)、計画実行、モチベーション ○実技試験 ビデオカメラに対する単独プレゼンテーション、提示された課題に則った第三者と対話(それぞれ制限時間5分、ビデオを送付)

ポイント

3級の取得には実務経験は必要ありませんが、2級、1級の取得にはそれぞれ3年、5年の実務経験が必要になります、セールススキル検定試験の資格の勉強+αとして、営業をする上で“気づき”を日頃から蓄えて本番で披露できるようにする必要があります。

ITコーディネーター

ITコーディネータ資格認定は、経営とITをつなぐ橋渡し役として、IT投資を支援するプロフェッショナルを育成する制度です、IT革命の人的切り札と呼ばれることからも分かるように、評価は非常に高いです。ITコーディネータになるには、「ITC補試験」合格+ケース研修の修了の後に、ITコーディネータ補の認定を受け、継続学習と実務経験を積むという長期プランが必要です。 具体的には、経営者とともに戦略的な業務改革プランの作成、システム構築のアドバイス、システムが稼動するまでの作業の管理・指導などが中心となります。様々な情報化投資に応えられるだけの専門知識、そういった知識をを使いこなす能力を認められるので、コンサルティング会社などに転職する際は有利になります。

試験内容

○多肢選択式 必須60問+選択40問(120分) 1、プロセス&プロジェクトマネジメントに関すること  2、コミュニケーションに関すること  3、モニタリング&コントロールに関すること  4、経営戦略に関すること  5、IT戦略策定に関すること  6、IT資源調達に関すること  7、IT導入に関すること  8、ITサービス活用に関すること ○ケース研修 経営戦略からITサービス活用までの一連のプロセスを体験する研修

ポイント

受験対策として、HP上でのサンプル問題や参考資料をダウンロードしてチェックすること、また基本問題40%、応用問題60%という配分を考慮して、専門知識・思考力・判断力を計画的に訓練することが重要です。

営業コンサルタントへの転職

営業職からコンサルタントへの転身

コンサルタントの仕事をきちんと調べ、熟考の後コンサルタントを志望することが大切です。営業マンとしてのキャリアパスがうまくいかずノルマに追われ、先が見えない不安から、営業職以外へキャリアチェンジを考える人が多くいます。営業職に自信がないのにコンサルタントへ転身して成功することは不可能と言えます。 ○仮説検証力 ○高い交渉/折衝力 上記の2つは必ず必要になります。

企画部門

○営業企画部のような部署で営業部門の戦略立案に携わる経験 ○経営企画部のような部署で会社全体の戦略立案に携わる経験 ○人事部で優秀な人材の採用、研修/育成、人事制度設計に携わる経験 営業企画/経営企画/人事企画などの企画系ポジションや経営/戦略コンサルタント/人事系コンサルタントなどのコンサルタントとしてのキャリアパスに向いています。部門横断的に組織の課題を解決していく経験がコンサルティングに有用だからです。

スーパー営業マン

生涯一営業マンとして、リタイアまで営業マンであり続ける。営業マンにはそのような考え方もあります。しかしその経験を生かして営業コンサルタントとして生きるのも選択しの1つです。 ○ほかの営業マンとは桁違いの営業実績 ○有力な顧客、あるいは特定の業界や特定の企業と強いパイプ ○大きな商談の成約や、新規開拓において優れた手腕を発揮 こういった経験と実績はコンサルティングをする上で信頼と経験に基づいたコンサルティングを可能にします。逆に営業として実績を挙げていない人間を、企画職やコンサルタントにキャリアチェンジとして採用する企業はありません。今まで圧倒的な成績とそれを支えてきた人脈に人間関係はどんな会社をサポートするうえでもこの上ない助けになり仕事をうまく運んでくれるはずです。実績に裏打ちされた営業社員の教育などを希望する起業も多く存在しています。またそういった企業に今までの人脈を生かして販路を開拓もしくは開拓の助けなどをすることによって独立してもやっていけるかもしれません。

転職すると給料・年収が上がるってホント?

入社していくらスキルを身につけても、スキルに見合った給料を払われるのではなく、その会社で行われ続けている昇給制度で、少しずつ給料が上がることがほとんど。 身につけたスキルは、現職よりも、転職時のほうが高く評価されやすいので、転職によって年収が上がります。「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」という疑問は、転職エージェントに聞くことができます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング