IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

営業コンサルタントの年収と仕事内容・なるための転職方法

更新日:2022年06月12日

ビジネスマナー

起業をした場合に営業関係でおせわになるのが営業コンサルタントという職種です。ここでは営業コンサルタントとは、営業コンサルタントの年収、資格、営業コンサルタントへの転職、仕事内容などについてお話をさせていただきたいと考えています。

営業コンサルタントとは

営業コンサルタントは顧客の新規顧客開拓、人脈紹介、営業活動支援、提案など、幅広い営業関係の業務に携わります。こういったポジションは会社によっては、企画営業、アカウントエグゼクティブ(取引先担当責任者)などと言われることがあります。自分の裁量で顧客の売り上げが大きく変わるのでとてもやり甲斐のある職種です。

○コンサルタントの魅力 ○とても幅広い業務を経験できる ○自分の感性が顧客の業績に良い影響を与える ○クリエイティブとセールス両面の才能を開花できる

営業(コンサルタント系)に必要なスキル

○コンサルタントに必要とされるスキル ○創造力 ○企画力 ○プレゼン力 ○協調性 ○マネジメント

企業やお店の問題点は、第三者でないとわからない部分があります。そういった部分を顧客に指摘し、それを解決できるような提案をすることができる力が必要になります。 ほかにも、「うちの顧客が新規店舗をオープンする」という情報を得た場合、すぐに顧客獲得の活動を始めたり顧客とのヒアリングで問題点をすくい上げ、仕事に結びつける発想力と創造力が重要です。 自分のチャット画像です。こういう仕事って人とは違う着眼点が必要そうですね~ 鋭い着眼点も必要ですけど、それをどう現実化させていくかのバランスも重要ですよ。

○イメージを具現化させる(プレゼン力) いくら良いイメージがあっても表現できないと意味がありません。イメージをより具現化し、顧客に理解してもらう必要があります。ですから過去の実績や売上・集客の見込みなど数字を使って具体的に、かつ効果的に説明するプレゼン力が重要です。顧客は、絶対に現実味がないと信用しません。結構シビアな部分があるので、これらを説得することが重要です。

○他スタッフ達との情報交換(協調性) イベントに参加するスッタフやスポンサー、デザイナーなど多種多様な人と関わりあって仕事をしますので、絶対的に協調性が必要とされます。関係者との密な情報交換が進行や顧客確保に重要になってきます。

営業コンサルタントの年収

営業、コンサルタントへの転職ではコミュニケーション能力や、多角的な視点から論理的に答えを導く課題解決能力、アポイントメントや納期の時間をきちんと守るなど誠実な対応力などが必要とされます。

コンサルタント営業職の平均年収

営業職の平均年収は418万円程度になります。年代別では20代が354万円、30代が455万円、40代以上が550万円となっています。

○20代:354万円 ○30代:455万円 ○40代:550万円 ○全体平均:418万円

コンサルタント系の年収について

○20代:418万円 ○30代:516万円 ○40代:608万円 ○全体平均:493万円

コンサルタント系の平均年収は493万円。20代が418万円、30代が516万円、40代以上が608万円です。

成果重視の世界

次のページ:資格
初回公開日:2017年04月06日

記載されている内容は2017年04月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング