IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

正社員における時給制/月給制の違い・時給制の正社員の長所と短所

更新日:2020年10月02日

社会人常識

皆さんは「時給制」で「正社員」の仕事と聞いてどんなイメージを持ちますか?おそらく、皆さんの周りにも「時給制」で「正社員」の仕事に就いてるという方も多いのではないでしょうか。今回はそんな「時給制」で「正社員」の仕事に注目して様々な観点から見ていきたいと思います。

メリット:「月給」の「正社員」よりも休日を増やしやすい

では早速ですが、「時給制」でなおかつ「正社員」の仕事のメリットやデメリットについて見ていきたいと思います。まずは、メリットから見ていきたいと思います。 「時給制」で「正社員」の仕事のメリットとして大きいのは、「お休みを取りやすい」という点です。「時給制」・「正社員」の仕事の場合、「月給」・「正社員」の仕事よりもお休みが取りやすいです。「月給制」ではなく「時給制」であることで、会社側としては労働者に対して休日を増やすことで人件費を削減することができます。そのため、「月給制」の正社員よりも比較的休日の優遇はききやすいというメリットがあります。休日を取りやすいため、長期的な旅行などの日程調整がしやすいというのも「時給制」でなおかつ「正社員」の仕事のメリットだと言えるでしょう。仕事とプライベートの両立が比較的容易であることが「時給制」・「正社員」の仕事の魅力の一つです。

デメリット:給料が稼ぎにくい

ここまで「時給制」で「正社員」の仕事のメリットについて見てきましたが、今度はそのデメリットについて見ていきたいと思います。 先ほどもメリットとしてご紹介しましたが、「時給制」で「正社員」の場合、比較的休日の日程調整がしやすくプライベートとのバランスが取りやすいという点が挙げられます。しかし、それは逆に言えば月の勤務日数・勤務時間が減少してしまうことにもなるので、その分給料を多く稼ぐことが難しくなることにもつながります。また、労働者側がほとんど休日を取らずに意図的に勤務時間を増やし、給料を増やそうとしたとしても、会社側から急に休日を与えられてなかなか稼がせてくれないという状況になってしまうというケースも多いです。「月給」で「正社員」の場合は、月の勤務日数に関わらず給与は一定なので、会社側から労働者側に意図的に休日を増やし、給与削減を行うといったことはほとんどないです。

デメリット2:解雇されやすい

「時給制」でなおかつ「正社員」の仕事のデメリットの二つ目はどんなものかというと、「比較的解雇されやすい」という点です。正直な話、会社側としては「時給制」の「正社員」というのは足りない労働力の補充のような存在です。つまり、会社としての方針の変更や事業の収縮などに伴って、会社側として補充分の労働力が必要無くなったり、労働力が十分な状態になった場合、はじめに解雇の対象にされるのが、この「時給制」でなおかつ「正社員」の人なのです。そういった点では、「月給」の「正社員」と比較すると、デメリットと考えられるでしょう。

「時給制」で「正社員」の仕事は厳しい状況

いかがでしたでしょうか?今回は、「時給制」で「正社員」の仕事について様々な観点からご紹介してきました。「時給制」で「正社員」の仕事は今のところ厳しい状況にあります。そのため、今後の「時給制」で「正社員」の仕事での改善が進むことに期待が大きくなるでしょう。

しっかり固定給をもらえる職種に就こう。

今の職場は、給料が低い...」「自分に合っていないのかもしれない...」 「もっと良い条件の職場で働きたい...」 そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。 今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価されることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれますよ。

初回公開日:2017年04月05日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング