IT業界でインターンをする際に知っておきたい3つのこと。

業界・企業研究

IT業界で就活やインターンを考えている方は、どのようにインターン先を選び、面接を行っているのでしょうか。ここでは、IT業界のインターンにおいて重要なことを3つ紹介します。

更新日時:

まず面接に行ってみるのも大切

IT業界のインターンでは、窓口が広く、また実践的なインターンが多いことが特徴として挙げられます。 そのため、インターン先を選ぶ際にはこだわり過ぎず、関心を持ったところに面接に行き、その後魅力を判断するということも可能です。 面接をすること、実際にインターンを経験してみること、人事や社員の方と話をすることで、業界に対しての知見を深めることができます。 そのため、まずは面接に行き、業界の知見を深めることをおすすめしています。 また、会社ごとに色が違い、業務内容にも多くの色があるのもIT業界の特徴。 ホームページで見えなかった魅力を見てみるのは大切なことです。

長期インターンと短期インターンがあることに留意する

長期インターンと短期インターンがあることにも留意しましょう。 IT企業、特にネットベンチャーであれば、学生でも長期のインターンをすることができることがあります。 長期のインターンでは、企業を体験するという意味以上に、実際の就業経験を積み、仕事の仕方や勤務の形態を学ぶことができます。 企業を見て、自分の力、相性を見定めるのが短期インターン。 自分の実力を高めるのが長期インターンだと考えましょう。 就活のためのインターンは基本的に短期インターンだと言われています。

選考も見据えてインターンをする

IT企業のインターンの最大の特徴とも言えるのが、選考につながる可能性が高い、という点です。 IT企業、ネットベンチャーでは、短期インターンが選考に有利になるということが多々あります。 インターンをしたことで面接パス、いきなり最終面接になること、 インターンをしたことで内定を貰えることさえあります。 そのように、インターンをすることで選考に有利になる(インターンの際に実績を出すことが、人事に選考パスを促します)こともあります。 選考を見据えつつ、行きたい企業、興味のある企業のインターンは目星をつけておくことが重要です。 この3点を踏まえ、インターンのことを検討してみてください。 また、インターン先の選び方や、企業の選び方などは別途コラムを書いていく予定ですので、そちらをごらんください。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)

《最大6つの質問で診断完了!》
Facebook Messenger
経由で
あなたにマッチした転職を診断します。

今スグ診断(無料)