IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職面接では髪色のトーンはいくつまでOK?男女別の髪色マナー

更新日:2022年11月21日

面接

よりよい職場で働くための転職。身だしなみは大きな採用指標の一つです。転職活動の際にはどんな髪色にするのが望ましいのか。転職に相応しい髪色は存在するのか。転職の際の髪色のマナーとは。よりよい転職のために、髪色について一緒に見ていきましょう。

第一印象で面接官の心証を損ねてしまわないためにも、髪色には留意しましょう。華美にならず派手な印象を与えないように、落ち着いたトーンでまとめるのが基本です。自分らしさを出して、自分が一番よく知っている自分に最も似合う髪色にしておきたいという気持ちは、おそらく誰もが持っているのでしょう。 しかしそれは、望みの企業に採用されて、仕事に励み、職場に慣れてからにしてはいかがでしょうか。面接の手続きを取ってから採否の連絡があるまでのごく僅かな期間の髪色で、その後の生活を左右してしまうのはあまりにもったいないことです。

髪色自由の企業に転職したら

髪色自由だからと言って、まったく自由にしていいという訳でもありません。自由にしていいとは言え、ピンクやグリーンの髪は大抵の職場にはそぐわないことは、みなさんもお判りのことと思います。では、髪色自由の企業ではどれくらいまでの髪色が許されるのでしょうか。 金髪と不自然な色は駄目だということは、言うまでもないことです。金色ではないと言っても金色に見える色はやはりいけません。このあたりの判断は常識として扱われますので、それなりにわきまえておくべきでしょう。

迷ったら訊ねて確認!

従業員の身だしなみが社風や職場の雰囲気、企業イメージを損なってはいけないのは当然のことです。髪色や髪型もその範囲に収めなければなりません。その範囲を判断しかねる場合は、転職先の企業に訊ねるのがいいでしょう。 しかし、たとえば企業のトップや経営者が「どんな色にしようが構わない」などと言ったとしても、それをそのまま受け取ってしまうのは早計と言えます。働く現場にいない人に現場でのことを訊ねても、指針にはなり得ません。訊ねるのならば人事・労務の部署に訊ねるのが無難です。

髪色は浮いてはいけない、むしろ沈むように

おしまいに転職活動に際して望ましい髪色についてまとめておきましょう。転職活動するに当たり髪色を定める基準は「不自然でないこと」です。そして最も自然と見なされる髪色は黒色です。黒色が最も清潔感を印象づけ、面接官をはじめとする「社会の構成員」たる人たちに受け容れられやすいのです。 もしも染めるのであれば、できるだけ黒色に近い色、黒色に見える色にしましょう。トーンは最も明るくてレベル8、それ以上は転職活動に相応しくありません。さらには、男性は可能な限り染めない方がいいでしょう。 清潔感と、落ち着きと、仕事に対する誠実さ。面接官がこれ等を感じられるように自分を演出できる髪色を選ばなければなりません。自分の髪が整ったら、書類添付用の写真も見直して、整えた自分の髪色と異なる髪色の写真だったら取り直す手間を惜しんではいけません。

企業から求められる人材に

面接時の身だしなみによって印象が大きく左右され採用に関わることもあるでしょう。企業は外見について、個性よりも凡庸であることを望んでいます。身だしなみを整えることは難しいことではありません。面接で採用担当者に良い印象を与えられるようにしましょう。

初回公開日:2017年04月05日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング