IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職面接では髪色のトーンはいくつまでOK?男女別の髪色マナー

更新日:2022年07月06日

転職の面接

よりよい職場で働くための転職。身だしなみは大きな採用指標の一つです。転職活動の際にはどんな髪色にするのが望ましいのか。転職に相応しい髪色は存在するのか。転職の際の髪色のマナーとは。よりよい転職のために、髪色について一緒に見ていきましょう。

転職の際、髪色は注意するべき?

職場に慣れてくると、職場に雰囲気に合わせながらも自分の個性を出すために好みの髪色にしたくなるものです。「自毛の色が自分には合わない」と感じている人は特にそうでしょう。 勤めている会社にもすっかり慣れて、職場にも自分にも馴染んだ「地毛ではない髪色」になってしまっている人も多いでしょう。 しかし、その髪色が転職活動やその面接に適したものであるかどうかは、別の問題です。当たり前のことですが、自分に合った髪色であるよりも転職先の企業に「受け入れられる髪色」であることが大事です。

転職活動のための髪色を考えよう

転職を成功させるためには、面接に適した髪色にしておく必要があります。もっと言えば、転職先の企業の面接官にいい印象を持たれる、ないしは悪い印象を持たれない髪色にすることが望まれます。 では、どのような髪色が転職先の企業にとって悪い印象がなく、好印象を持たれる髪色なのでしょう。 職種によっては髪色に対してそこまで重要視していない企業も増えてきています。どうしても今の髪型がよい、すぐに髪色を変える時間がとれなくて難しいと感じている方などは、一度転職エージェントに相談してみましょう。

転職活動で、最も無難な髪色は?

面接官から見て「清潔な印象」「真面目な印象」「きちんと仕事をしてくれそうな印象」を持たれた方が、面接はやはり有利です。当然ですが、清潔感がない人、不真面目そうで仕事をまかせることが不安になるような人を、企業は望みません。 上記のような良い印象を与える髪色は、やはり「黒色」です。日本では髪を染める行為に、不真面目で軽薄というイメージを持っている人が少なくありません。また、印象の話だけでなく、ビジネスシーンでは髪色は暗くあるべきという共通認識がたしかにあります。 転職活動をする際には、男性・女性ともに黒髪であるのがベストでしょう。

黒色という髪色の実力

「染めた方が自分には似合うだろう」と考えて髪色を変えて印象をよくしても、染めたという事実そのものが減点の対象とされる場合もあると言います。ひるがえって、黒髪でいるなら加点はされないまでも減点されることはありません。 また、黒色という色は色彩心理学では「自信」や「威厳」、「高級感」などを感じさせる色でもあります。前職で培ってきた経験や技術について自信がある人だということを演出する効果も、転職活動の上では期待できるかもしれません。 「染めない」という選択をすることによって、キャリアをアピールするチャンスを得られるのだと考えることもできますね。もともとの髪色が黒色もしくは黒色に近い人はそれだけでチャンスかもしれません。

転職の際には髪を染めてはいけないのか?

「髪を染めてはいけない」という決まりはありません。 しかし、日本人として日本の企業に転職しようというのであれば、「染めていない色」である黒髪が無難です。何故なら、面接官を務める人にはまだ髪色をもともとの色ではない色に変える文化が馴染む前に就職した人や、髪を染めることをいいこととは思っていない世代の人がいることも間々あり、そのような人たちには日本人の髪色=黒色以外の髪色は「不真面目である」「常識に欠ける」「軽薄である」などの印象を与えてしまいがちだからです。 髪色をもともとの色とは違う色に変えるという文化がすべての世代に馴染んでしまうまでは、カラーリング派には厳しい時代が続きそうです。

転職活動では黒髪以外は断じてNOなのか

次のページ:髪色が自由の場合、転職活動で許される髪色の範囲は?
初回公開日:2017年04月05日

記載されている内容は2017年04月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング