IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接でNGな髪型とは?男女別の転職面接での髪型マナー

転職ノウハウ

これから転職面接を受ける上で、どの様な髪型が良いのか、転職面接での髪型マナーはどうなのか、転職面接にアクセサリーはどこまでつけて良いのか、今人気のツーブロックやパーマで転職活動をしていっても問題はないのか、転職活動をする上の不安を解消していきます。

更新日時:

転職の際の髪型マナー

転職する際の髪型はどういった髪型がいいのか悩む方もいらっしゃると思います。面接での髪型などを考える上で、面接官の人にどう見えるのかを考える様にしましょう。仕事を一緒にしていく上で、会社の名前を背負わせる上で最低限のビジネスマナーを考えていく必要があります。 髪型は身だしなみの基本になってきます。髪型が不潔だったりするとそれで面接に落ちてしまう事もあります。ではどういった髪型は良くなく、どういった髪型がいいのか、色はどこまでは大丈夫なのか説明していきます。 金髪や赤、青と言った派手な髪色やモヒカン、男性の長髪などと言った奇抜な髪型でなければ選考に関わる事は最近は少なくなってきています。周りの人から見て清潔感があれば男性の茶髪も抵抗が無くなってきているのが最近の傾向です。転職先の会社によっては黒でないとダメという会社もあるので気をつけて下さい。求人広告の説明欄などをチェックするようにしたり確認してみるのもいいです。もし、職場などを見れる事が出来れば、転職を考えている先輩社員の方々がどの様な髪型なのか、色なのかを見ておくといいです。

転職活動で髪型を選ぶ上で大切な事を考えてみましょう

髪型は顔がはっきり見える様にしましょう

転職先の面接の時に、面接官に自分が転職先として応募した理由の志望動機や自己PRを聞いてきますが、その時に顔を見て話す事になると思います。基本的には印象を良くする為にも目を見て話をする事になりますが、その際に髪型は面接官の目に必ずとまります。 もし、目に髪がかかっていて転職先の面接官の人から目が見えづらい形になっていたらどうでしょう?転職先に応募した時にエントリーシートや履歴書など提出していると思います。そこには志望動機なども書いてあると思いますが、面接の時にも同じ事を聞かれたりするのはなぜでしょうか。それは内容を聞いていると言うよりも、話しているあなたの姿勢や雰囲気などをチェックしているのです。 なので、どんなにいい事を話していたり、熱く志望動機を語っていたとしても目が見えていなかったりしたら伝わりませんし、転職先の面接官に髮型であなたのイメージが不潔な人や、暗い人などと言う印象がついてしまう可能性もあります。

髪型が清潔に見えるかどうか

清潔感のある髪型のポイントは、 ・おでこを出す ・もみあげやサイドはすっきり ・ぐちゃぐちゃではない綺麗な髪の流れ などあります。 目がしっかり見える様にするにはおでこをあげるのがいいです。だからと言ってベッタリとワックスやジェルをつけてテカらしていたりするのは逆効果だったりもします。なので自分で前もってスタイリングなどをしてみるといいです。サイドやもみあげはもさっとしているよりはすっきりとしている方がいいでしょう。 寝癖などは論外ですが、ボサボサ頭も良くはないです。色々と試してみるのはいいと思いますが、アレンジを沢山してみたりするよりはシンプルな髪型の方が転職先の面接官の印象はいいと思います。

髪型のビジネスマナーとして

これから働く転職先の仕事をしていく上で、営業、販売、接客、事務など職場によって髪型はふさわしい髪型があります。取引先に出向いた時に相手からどう見えるのかもとても大切です。鏡を見た時に自分を客観的にみて一緒に働いてみたいかどうかを考えてみて下さい。わからない場合は友達、先輩や家族の方に相談してみてもいいと思います。

転職の際の髪の色は?

どの様な色がいいのか考えていきましょう。 ●暗めな色を選ぶ様にしてみる 例え、転職先がどんな色でもいいと言っていたとしても、ビジネスマナーとして面接の時は黒髮や暗めな茶髪を選ぶといいでしょう。髪色は問わないと書いてあったとしても、その人のビジネスマナーがどのくらいあるのかをそこではかる事もあります。転職先の面接の時だけでもいいので暗くしておく事がオススメです。 ポイントで色を髪に入れている方もいらっしゃると思いますが、自分が格好いい、可愛いと思うよりも、転職先の面接官がどう思うかを考えてみましょう。そうするとやはり、ポイントで入れている所も染めて行った方が無難だと思います。

転職面接での男性女性別の髪型について

男性にしろ、女性にしろ髪型は第一印象にとても関わってきます。男性、女性別にどの様な髪型が好印象なのか細かく一つ一つみていきましょう。

男性の好印象な髪型は?

気をつける点は、全体的な長さ、前髪、サイド、襟足、ボリューム、バランスなどがあります。全体的な長さはロング、ミディアム、ショート、ベリーショートとありますが、面接での一般的な長さはショートになります。 短ければいいのかと言うわけではありませんが、長髪は基本的にNGです。面接官からみると不潔なイメージがあったり、お堅い面接官だったりすると男のクセにと思われる方もいらっしゃると思います。勿論、ロングが似合う方もいらっしゃるとおもいますが、会社の面接では清潔感、爽やかさなどをみている会社が多いので気をつけて下さい。なので、1番いいのはショートくらいの長さにしておけば心配する必要はなく、堂々と面接に向かえると思います。

男性の髪型で前髪について

前髪は髪型の印象を決める上で1番大切な所になってきます。目はしっかり見えているのか、おでこは出ているのかなど気をつける点があります。前髪は分けていたり、あげていたり、おろしていたりとありますが、あげたり、わけたりするのがいいと思いますが。おろしているとおでこが見えなくなったりしてしまいます。おでこが見えないと光が当たらないので、印象的には暗くなりがちです。折角の明るい性格を持っていたとしても、髪型で印象が変わってしまうのは勿体無いです。あげたり、わけたりするとおでこが見えるので光が当たり明るく見えます。多少内向的な方でも見た目でカバー出来ることもあります。 そして、何よりも爽やかに見えたり、清潔に見えたりするのでオススメです。長さについては眉毛にかかるかどうかくらいがいいと思います。面接官は転職応募者の顔を見ながらお話をします。それは喋っている時の表情などを見ているのです。なのでしっかりと表情の見えるスタイリングをする様にしてみて下さい。

男性のサイドの髪型のについて

サイドは耳にかからない様にしましょう。前髪の次にサイドの髪は印象に左右します。サイドは耳にかけたりして短く見せることは出来ますが、正直みたら分かってしまうので、耳にかからない長さに切ってしまうのがいいと思います。面接官から見て、人としては合格であっても髪型で不合格という事もあります。むしろ、髪型でまずは判断されるといってもいいです。なら面接の時だけでも切っておいてもいいでしょう。サイドを切っておくだけでも爽やかに見えてきます。サイドのボリュームによってはボサボサに見えてしまう事もあるので気をつけて下さい。

男性の襟足の髪型について

転職先の面接官が意外に見ているのは襟足です。襟足の長さは髪型全体のバランスに左右してきます。襟足が長いと、ヤンキーみたいに見えたり、チャラチャラした感じに見えてしまう事があります。イメージが不真面目に見えてしまう事があるので就活の面接に関してはみじかくしておく方がいいでしょう。襟足を短くすると首回りがスッキリ見えて顔の輪郭がはっきりします。なので、就活では短くしておくと清潔感が上がります。

男性の髪型のボリュームについて

髪の毛のボリュームが、多いとボサボサに見えてしまうのでしっかりとコンパクトに見える様にすいておくといいでしょう。顔の大きさに対して髪のボリュームが多いとバランスが悪く見えてしまいます。バランスのとれたスッキリした髪型にすると印象も良くなります。

男性の髪型のバランスについて

髪の毛の長さはとても大切ですが、全体的に見てバランスが悪いと逆効果になる事もあります。頭の形に対してシルエットを見てみるといいと思います。

注意!男性の転職面接でのNGな髪型とは?

転職先の面接官からみて微妙な髪型とはどんな髪型なのでしょうか? まず、外ハネや奇抜なセット、派手なスタイリングなどはやめましょう。ジェルやムースなどを使うとベタベタになってしまう事があるので注意して下さい。 普段長髪で、派手めなヘアセットをしている方は気をつけて下さい。普段の流れでセットしてしまうと、転職先の面接官の印象が悪くなってしまうかもしれません。極端と言われるくらい変えてみてもいいと思います。髪の毛を整えるくらいの感じでセットしてもいいでしょう。あくまでも、ツヤ感や束感を出すくらいにしておくといいです。 ヘアスプレーやワックスを選ぶ時の注意点としては、匂いがしないものを選ぶ様にして下さい。香水と同じで匂いのあるものは就活では使わない様にした方がいいです。 ヘアスプレーで髪の毛をガチガチにするのもあまり良くはないので、ナチュラルに見えるくらいにしておきましょう。

女性の好印象な髪型は?

女性の髪型にはまずロング、ボブ、ショートと髪型が分かれてきますが、共通している前髪についてまず話していきましょう。 前髪は流してピンで止めたり、眉毛くらいまで切ったりしている方もいると思いますが、ぱっつんヘアーは逆に印象は良くはないです。暗く見えてしまうので気をつけましょう。目にかかる前髪だけは避けて下さい。

女性のロングヘアの髪型について

ロングヘアは転職先の面接や会社説明会で束ねている方が殆どだと思いますが、束ね方によって印象が変わってきます。束ね方はハーフアップ、ポニーテール、おだんごに分かれてきます。

ハーフアップについて

ハーフアップの女性は転職先の面接官に与える印象としては女性らしく、やわらかく、華やかでおしとやかな印象を与えると言われています。結構人気な髪型になっていますのでオススメではありますが、注意も必要です。注意しなければならないのはやはり前髪です。しっかりと前髪が落ちない様にヘアピンで固定しておく様にしましょう。 ハーフアップの作り方としては、ドライヤー、ワックス、ヘアスプレー、ヘアピン、長めのヘアゴム、くし、を用意しましょう。まずは、耳の前の横髪を後頭部に持っていき束ねていきます。この時に後頭部の下の髪まで上げてしまうとポニーテールになってしまうので気をつけて下さい。もみあげから持ってきた髪は一度ヘアピンで固定しておきましょう。 次は、ワックスを手にとって手になじませてから後ろ髪までグッと跳ねた毛が出ない様に根本からつけていきます。その後ヘアゴムでかきあげてきた髪を後ろで結びます。その後、ヘアスプレーで軽く固めると完成です。ハーフアップも似合わない方もいらっしゃいます。なので無理してハーフアップにしないで自分に似合う髪型を探していくのもいいと思います。

ポニーテールについて

ポニーテールは就活では基本的なヘアスタイルになります。ポニーテールの位置は高い位置と低い位置とありますが、面接では低い位置の方がいいです。高い位置だと幼く、カジュアルに見えてしまいます。確かに高い位置が似合う方もいますし、低い方が似合わない方もいると思います。プライベートでは高い位置でもいいかもしれませんが、面接では可愛いや綺麗というよりも仕事に合うか合わないかではなく、仕事に相応しいかどうかで考えてみる様にして下さい。

おだんごについて

おだんごヘアーはまず、先にお伝えしておくと幼く見える事があるので人によっては注意が必要です。毛先が傷んでいる人はおだんごで纏めてしまうのはいいかもしれません。おだんごを作る位置によってら印象をだいぶ変えることも出来ます。顔が濃く、メリハリがある顔はおだんごを耳の高さよりも低い位置に作ると落ち着いて見えるので下につけた方がいいです。 顔が落ち着いていて、薄い方は耳の位置よりも高い位置につける様にするといいでしょう耳よりも高い位置は派手に見え、低い位置に作ると落ち着いて見えると思っておいていいと思います。落ち着いた雰囲気、明るい雰囲気どちらを作りたいかで使い分けるといいでしょう。

女性のボブヘアについて

ボブヘアの方も多いと思いますがボブの場合は転職活動中では、耳を出すか、出さないかで迷う方もいらっしゃると思いますが、実際の所どちらでも構わないと思います。ただ、気をつけないといけないのは面接官に顔の表情が見せにくいという所です。 面接官は基本的に正面と斜め正面に座っていますが、斜め正面の面接官からは表情が見えづらいという所です。なので、前髪から横髪を耳にかけておくという事をした方がいいのですが両耳かけてしまうと変になってしまう事が多いので、せめて片耳だけでも髪の毛をかけておくといいでしょう。 そういう意味では耳を出しておくといいかもしれませんが、前髪を残して耳を出しているのと出していないのではあまり変わらないと感じます。そして、ボブの髪型に注意した方がいい事がもう一つあります。それは、お辞儀をしたときに乱れてしまって、その髪の毛をかき上げるという様な仕草は面接ではしてはいけません。なので、髪の毛がお辞儀をしても崩れない様にしておくといいでしょう。

女性のショートヘアについて

女性の中にはショートヘアが転職活動中の面接では不利になると思っている人もいますが、そんな事はありません。ショートヘアの方は活発で元気で明るく見えます。顔の表情も見えやすく、輪郭もはっきり出ているので清潔感のあるすっきりした様に見えます。 後ろでギリギリ束ねる事が出来るかどうかの方もショートヘアの中にはいらっしゃると思います。そういった人はよく、束ねる事が出来ないとダメなんでしょうか?と聞いてる人もいますが、大切なことは束ねる事ではありません。お辞儀をした時に髪が落ちて来なければ大丈夫です。 転職先の面接で求められる事は清潔感や仕事場や職務内容に相応しいかどうかです。お辞儀した時に髪の毛が落ちて来ない様にするには耳の後ろにヘアピンで固定しましょう。ショートカットの女性の方だとワックスを軽く使って髪の毛がフワフワしすぎない様にするのもいいと思います。

女性のどんな髪型でも共通する点は?

髪の毛は転職活動中では清潔感を出す為にはとても重要なポイントだと思います。その髪の毛が痛んでいて、毛先がパサパサしてたり、枝毛があったりすると不清潔やだらしがない印象になります。綺麗な毛先を目指す為にも、ドライヤーなどの髪の毛へのダメージに注意しつつ、髪の毛を蒸らしてトリートメントを浸透させると髪の毛が綺麗に纏まったりオイルなどを頭皮にはつけない様に毛先や表面だけに着く様にすると頭皮にダメージを与えずに髪の毛に潤いを与える事が出来ます。 自分では不安な方は美容室でヘッドスパやトリートメントをするとすぐに綺麗な髪になります。そして、纏める時に簡単にワックスをつけるとアホ毛などはなくなります。

転職先が髪型自由の場合

転職先の求人の欄に「髪型自由」という表記が書いてあった場合、面接や会社説明会は黒髮で短くしていったりした方がいいのかどうしようか迷いますよね。基本的には職場の勤務中は髪型や服装自由という意味であり、面接は別ですと考える会社もあります。 髪型が自由だから選んだという事もあると思います。勿論職種によっては髪型は関係ない職種もあります。例えば、アパレルの職業で言えば逆に短髪過ぎてしまうと清潔でも似合っていなければ不利になる事もあります。そういう職種だと似合っている髪型で、不潔で無ければいいでしょう。 営業職でいえば、ジェルを使ってオールバックや、パーマなどのイメージがあったり、飲食でいえば、似合うかどうかよりも、清潔感があるかどうかが大切です。つまり、職種によっても変わってくる所もあります。転職先に髪型が自由と言われているのに、黒髮じゃないと落ちるのかというとそういう訳でもないと思いますが、ビジネスマナーとして考えると印象には変わってくると思います。転職活動だけでも黒髮にして転職先の面接官に確認とってから髪型を自由にするなどとすると好印象になるでしょう。

転職面接でアクセサリーはどこまでOK?

まずは男性も女性も共通な所で言うと、ピアス、ネックレス、腕時計、指輪があると思います。転職活動中ではどうなのか、一つ一つ見ていきましょう。

転職活動中のピアスについて

まずはピアスについてみていきます。ピアスは印象を悪くしない様にする為にも外していった方がいいでしょう。そして、ピアス跡は出来る限り目立たない様にする事も大切です。転職先の面接以外の会社説明会でもつけていかない方が無難だと思います。 たったピアス一つの為に面接で落とされると言う事はなくはありません。折角見つけた働きたい職場でそれだけの理由で転職先の合否が不採用になったら勿体無いです。面接官の中にはピアスに対して不快なイメージを持っている人もいます。特に面接を進んでいけばいくほど年配の方が面接する事が多いので同じ会社の受験者と比較した時に不採用の判断要素になってしまう事もあります。なので、転職先での面接の前にはかならず外している事を確認しましょう。 今の時代であれば男女共にピアスを開けている事が当たり前の時代にもなって来ています、なので、しっかりと外していればマナーを守っている人との印象をうける人もいます。ピアスホールが多い方は、外していても印象が悪くなってしまう事もあります。なのでピアスホールを上手く隠す必要があります。 では、どうやピアスホールを目立たなくする事ができるでしょうか?まず用意するのはリキッド型のファンデーションそれかコンシーラーでも可、それとフェイスパウダーを用意しましょう。 まず、ピアス跡の所にコンシーラーまたはリキッド型のファンデーションをつけ馴染ませます。その後に上からフェイスパウダーをつけます。そうするとピアス跡が見えにくくなるので面接の時などは是非やってみて下さい。転職先の会社説明会や面接の前などにはかならず髪型や身だしなみを鏡で確認する様にしましょう。

転職活動中のネックレスについて

ネックレスについて、ネックレスは転職活動中では基本的にはつけない方がいいと思います。面接の加点を狙うよりも、減点にならない様にしていきましょう。例えば、アパレルや美容業界の面接でオシャレさをアピールをどうしてもしたい場合は、大きいネックレスなどよりは、細いチェーンにダイヤなどの宝石がワンポイントでついているタイプなどをつける様にして下さい。 控え目で主張が少ないものであれば、面接官の視線を邪魔する事はないので印象はまだいいと思います。宝石はエメラルドやサファイアよりもダイヤなどの色の無い透明な宝石の方がいいです。 チェーンの色はゴールドよりはシルバーの方がいいでしょう。

転職活動中の腕時計について

転職活動中などでは腕時計は面接で必要な物とされています。面接の時間などをチェックするのにも使います。では、面接官からすると腕時計はどう見えているのでしょうか? 面接官の人の中でも携帯電話があるから時間を見るのに、腕時計は必要ないとつけていない人もいるかもしれませんが、年配の方は今もスーツには腕時計は必要な物と考えている人もいます。なのでつけている事をオススメします。転職先の面接の時に時計は必要になるかというと、例えば性格適正診断やテストで時間を告げられる事がありますが、テストでは携帯電話を見る事は出来ません。そういった時に時間配分などをする上で腕時計などは必要になります。 どの様な腕時計がいいのでしょうか?ビジネスマナーとしてもビジネスの場にふさわしい腕時計をする様にして下さい。例えば色々な機能が付いている時計は面接では時刻を見る為に使うものなので、ごちゃごちゃしていると転職先の面接官の視線を邪魔してしまう事もありますので、シンプルな時計にしてもいいでしょう。 無理して高い腕時計をつける必要はありません。時計のブランドについては、面接官の方の年齢層の方が詳しかったりします。なので、高級な腕時計をつけていっても印象悪くしてしまう事もあります。若いくせにいい時計つけてと思う方も中にはいるかもしれませんので、高級な腕時計はやめていきましょう。 ではどの様な時計がいいのか具体的に見ていきましょう。まずはビジネスライクの腕時計の方がいいです。ファッション性の高いものは避けていきましょう。今は学生の中でも人気なアイスウォッチなどは避けた方がいいです。派手なものよりは馴染むものにしましょう。細かく見ていくと、ベルトはメタルのものや黒革のベルトでもいいと思います。文字盤などは白や黒、青の物を選ぶといいです。女性の場合はピンクゴールドの時計もいいと思います。 値段は5000円以内でもそれなりの理由いい時計を買う事ができます。Amazonや楽天で調べて見ると沢山出てきます。

転職活動中の指輪について

基本的には転職活動中や面接ではアクセサリーを外していくものですが、指輪については婚約指輪や結婚指輪などがあります。中には既婚者や婚約している方もいると思います。そういった指輪はアクセサリーというよりは、相手に誓った証になってくるのでアクセサリーでは無いという見方もあります。オシャレやファッションで身につけている物では無いので身につけていてもいいでしょう。 但し、きちんと左手の薬指につけておく様にしましょう。そして、指輪をつけていれば転職先の面接で質問される事があると思います。なので質問された時の答えを用意しておきましょう。堂々としていて問題無いです。 女性の方は注意が必要です。例えば婚約指輪だった場合は、結婚した時に職場を寿退社するのでは無いか、妊娠したら会社は辞めるのか?など転職先の面接官は気になる所だと思います。嘘をつく必要はありませんので、しっかりと自分の考えを答えていきましょう。しっかりと将来の計画を立てて伝えていく事により面接官にいい印象を与える事ができると思います。

転職活動中の財布につけているチェーンについて

人によっては財布が落ちない様にとファッション的にでは無く、実用的につけている方もいると思います。ファッションで無いので、といってチェーンをつけていても転職先の面接官からすると印象は良く無いです。転職活動中の会社説明会などでもチェーンは外していった方がいいでしょう。

転職活動中の髪の毛に使うアクセサリー

女性でロングヘアの方はヘアゴムなどで髪型を縛ったりする方もいらっしゃいます。ヘアゴムは黒、紺などであれば問題無いと思われている方もいらっしゃると思いますが、ヘアゴムはあくまでも縛るためのものであり、人前でつけるものではありません。 だからと言って派手なものは避けて下さい。シュシュやバレッタなどはいいでしょう。シュシュを選ぶ時は暗めな色のシュシュがいいと思います。

バレッタを使った髪型について

バレッタは何個か種類があります。 ■リボンバレッタ リボンがついたバレッタで、清楚なイメージがあります。式典や結婚式などでも使えるもので普段からつける事もできます。 ■グログランリボンバレッタ 普通のリボンバレッタよりも大きいリボンがついたバレッタで、暗めな色合いから明るい色まであります。リボンバレッタより大きいので髪の毛の量が多い方はしっかり止められるのでオススメです。 ■シニヨンネット付きリボンバレッタ ネットがついたバレッタで後ろ髪をしっかりとまとめる事が出来ます。発表会などでも良く使われています。 ■バレッタ シンプルなデザインのバレッタでリボンなどの装飾はない髪の毛を止めるだけのバレッタです。 ■クリップ 挟むだけで簡単に髪の毛を止められるクリップ型のヘア留めです。オフィスやデートなど色々な所で使えるヘア留めで、髪の毛に跡が残りづらいのが特徴です。 どれも使いやすい物ですが、面接では色合いや大きさなどを気をつけて選ぶと良いでしょう。暗めな色合いで派手めな物でなく、面接官の目が行かないように小さめの物を選ぶと良いでしょう。

転職面接でのツーブロックやパーマはOK?

転職面接でツーブロックはOK?

転職面接でツーブロックはどうなのかを見ていきたいと思います。ツーブロックはいまや若者から中年層前までにとても人気の高い髪型になっています。サイドから襟足にかけて短く抑えた髪型になります。中にはサイドだけを刈り上げてすっきりさせる方もいらっしゃいます。 実際に意見を聞いて見ると正直半々に意見が分かれます。短く爽やかに見えるからいいと思うという意見や、ホテル業や金融機関、区役所などでは合わないという意見などもある様です。 では、実際に一般企業の面接などで、転職活動中の方はツーブロックはありかどうか、という答えは辞めた方がいいです。実際に意見が半々という時点で、いい印象を持っていない人もいるので面接官によっては悪い印象を持っている人もいるという事です。年配の面接官の方からするともしかしたら転職する気があるのかという意見もあるので控える事をお勧めします。転職面接ではオシャレかどうかを見たいわけではないので第1印象を大切にしておいた方がいいでしょう。

転職面接でパーマはOK?

まずは女性のパーマについて見ていきましょう。どのくらいのパーマかによって賛否は分かれてきます。きつめのパーマをかけてしまうと転職活動をしている気が本気であるのかと流石の男性面接官であっても思ってしまう事があるそうです。緩めのパーマをであればそこまで気にする必要はないと思います。 では、元々きつめのパーマををかけてしまっている人はどうしたらいいのでしょうか?実際にパーマを隠す方も多いです。髪をまとめてくくったり、ピンで止めたりする人もいます。それでもパーマがきついと思ってしまう方は緩めてもいいかもしれません。但し、髪をまとめる時は夜会巻きは避ける様にしましょう。面接で夜会巻きで行く方も増えてはきていますがツーブロックと同様に賛否は分かれています。

男性のパーマはOK?

男性のパーマの髪型は、パーマは種類がどうかというよりも髪型の見た目が清潔感のある見た目かどうかで判断要素して行くといいと思います。あまりにもきついパーマをあっててしまうと、髪型だけではなくあなたの印象も悪くなってしまします。見た目的に清潔で、爽やかな髪型を転職面接では選んでいきましょう。

面接の決め手は第一印象

第一印象によって、面接がうまく進むかが大きく変わっていきます。相手に不審感を与えない髪型であることがもっとも大切です。外見だけで面接官との距離がうまれないように、社会人としてしっかりとした身だしなみで面接に臨みましょう。

関連タグ

アクセスランキング