IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

口答えする部下や社員の対処法・よく口答えする人の性格/特徴/心理

更新日:2020年06月05日

マネジメント

あなたの周りには、何かとつっかかってきて口答えする部下や友人はいませんか?どう考えてもあなたが正論を話しても口答えされるときは対処に困りますよね。今回は、そんな口答えする人に焦点を当てて、詳しく解説していきたいと思います。

口答えする人との付き合い方

口答えをする部下や社員、友人や家族、そんな周りの人々と上手く付き合うにはこれからご紹介する事に注意しましょう。そうすればストレスがかかったり、こちらの立場が悪くなる事もなくなります。

否定されても感情的にならない

口答え(否定)されたとしても、こちらは感情的になってはいけません。感情で感情を負かそうとしても余計に酷くなるだけ、理性的な対応を心がけましょう。

否定する理由を尋ねる

どうして口答え(否定)してくるのか、その原因を探る事から始めましょう。中には意見を言いたいだけなのに素直なせいでつい口答えになってしまう人もいれば、特に理由なく反射的に口答えする人がいます。どちらにせよまずは「どうしてそう思うのか」と相手の気持ちや意見を聞く姿勢になれば、口答えをする事も少なくなるでしょう。

認めていると思わせ信頼を得る

こちらへの反感や反発心で口答えをしている場合、まずは相手に「私は貴方を認め、信頼している」という事を知らせるべきです。誤解から勝手に反発心を持たれている事もありますから、実力や意見を認めて信頼を得ていけば、口答えも減っていくのです。

否定せず視点を変えさせる

口答えをする人と話す場合、決してこちらは否定をしてはいけません。「それは違うと思う」、「そうじゃない」なんて応酬は収集がつかなくなるだけ、時間と労力の無駄です。 「そうか、貴方はそう思うんだね」と言ってから、「では、こんな考え方はどうだろう」と別の視点からの考え方を教えてみるのです。「こんな考え方をするとこんなメリットがあるよ」と言ってあげるだけでも、口答えをする人の思考が柔和になるでしょう。

口答えをする人に悩み過ぎない事が大切

口答えをする人はそこまで深く考えず、パッと思いついた事を反射的に言ってしまっているだけの場合もあります。こちらがあまり思い悩んでしまう必要はありませんし、口答えをする人と同じ位置で喧嘩する必要もありません。 口答えをする人の心理を知って、おすすめの対処方法を取り入れる事で、口答えをする人とそれなりに上手くやっていけるようになるでしょう。

希望条件にあった職場を探すなら!

今の職場は、自分に合っていないのかもしれない...」 「もっと良い条件の職場で働きたい...」 そんな悩みを抱えている人は、他の労働環境や条件について知る機会を持ってみましょう。 今の職場身につけたスキルは、転職時に高く評価されることもあり、転職によって年収が上がる可能性も大きいです。 「でも、自分のスキルってそんなに評価されるかなぁ」と心配な場合は、転職エージェントに聞くことで知ることができ、かつ自分に適した環境を提案してくれるでしょう。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントのおすすめをチェックしましょう!

初回公開日:2017年04月21日

記載されている内容は2017年04月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング