IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

諭すような言い方をする方法・悟すとの違い|諭すように叱る理由は?

更新日:2017年03月30日

マネジメント

「諭す」機会も「諭す」という言葉を使う機会も少ないと思います。諭すとは目下の者に物事の道理を良くわかるように話し聞かせる、納得するように教え導くという意味です。今回は、諭すと悟すの違いなど「諭す」に注目してまとめました。

先に「諭す」と「悟す」についてご説明しましたが、「諭す」の最善の方法は相手に自発的に「悟らせる」ことです。相手から言われたからではなく、自分自身で解決方法を見つけるように導く方が、相手はより深く反省して過ちを繰り返さなくなるものです。 例えば部下が仕事のミスをしたときには 「山田君、君はマニュアルの基本動作に従わなかっただろう。」と頭ごなしに叱るのではなく、 「山田君、どうしてこういうミスが発生したんだろうか?」と相手に尋ねます。 「マニュアルの基本動作を実践していませんでした。」と言ったら 「わかっているね。それではどうしたらいいと思う?」 と言うふうに、相手に質問して解決方法を自ら見つけさせるように導きます。

相手に対する尊敬と思いやりを忘れない

相手を諭すときには、決して相手を低く見るような態度を取ってはいけません。たとえ相手が目下で、何か不手際があったとしても、相手の人格を否定するようなことは決して言ってはいけません。 相手の反省を促した後は「次はきっとうまくいくように期待しているよ。」などと、相手を尊重して希望を与えるような言葉を添えるのが良いでしょう。

諭すために一番大切なこと

以上のように「諭す」というのは「相手に自ら悟らせるように導くこと」で、「怒る」や「叱る」よりも一段上の指導法です。「諭す」が効果を表すには、言い方やテクニックの問題もありますが、最も大切なのは諭す人の人格です。諭すためには、まず自分の日ごろの行いを反省して、尊敬されるような人格を作り上げるところから始めましょう。

人として成長するために

初回公開日:2017年03月30日

記載されている内容は2017年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング