IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

自転車通勤で雨の時どうしてる?オススメの雨よけグッズ

更新日:2022年11月08日

コミュニケーション

健康にいい、お財布に優しい、環境にも優しい自転車通勤。挑戦してみようと思う方も多いと思います。挑戦前に一番心配になるのは雨の時の対策ではないでしょうか?今回は自転車通勤をされている方は雨の時にどうしているのかをオススメのグッズなども交えてご紹介いたします。

雨の日の自転車通勤みんなどうしてる?

普段自転車通勤している方たちの中でも、雨の日に自転車通勤をする人としない人がいます。自転車通勤をする際に重視しているポイントは人それぞれ。いくつかのタイプを紹介します。

嵐以外は自転車通勤タイプ

何が何でも自転車で通勤するという強い意志や目標を持っていたり、自転車を心から愛していたりする方に多いです。ダイエットや交通費の節約目標があって達成しようとする方もいれば、雨の中で自転車に乗ることを心から楽しめるタイプもいます。しかし、安全という面では少し不安が残ります。

少しの雨なら自転車通勤、土砂降りは電車通勤タイプ

一番多いのはこのタイプではないでしょうか。やはり雨の中での自転車の運転は危険な面もありますが、せっかく始めた自転車通勤。少しの雨であれば、電車代も節約できるし、通勤ラッシュに巻き込まれないで済みますし、メリットがたくさんあります。ですが、ときどき少しの雨だと思って乗っていたら土砂降りになってしまったということもありますので、雨の時の対策は考えておきましょう。

雨が降ったら徒歩や電車で通勤タイプ

会社が近い方であれば、雨の時は乗らずに傘をさして歩いていくという方も多いでしょう。また、電子機器や濡れてはいけない書類を持って通勤する方でも、雨の時は自転車通勤を辞めておくという方もいらっしゃるようです。また、気分転換もかねて気軽に自転車通勤を楽しみたいという方であれば、雨の時に無理をせず自転車通勤を辞めている方も多いようです。無理をしないで楽しむというのも、自転車通勤を長続きさせる秘訣かもしれませんね。

雨の日の自転車通勤のメリットとデメリット

これから自転車通勤をされる方はどのタイプにしようか迷うかもしれません。雨の日の自転車通勤のメリットとデメリットを載せておきますので、参考にして選んでみてください。

雨の日の自転車通勤のメリット4つ

メリットの1つ目は健康です。体力づくりをがんばろう、筋肉をつけたいという思いを持っている方なら、自転車通勤を毎日続けるということは目標達成の近道です。2つ目は交通費の節約。晴れている日に自転車通勤をされている方は定期券を購入していないことがほとんどですので、一回電車で出勤するたびに出費になってしまいます。3つ目は地域によりますが、朝の通勤ラッシュで混雑した電車に乗らなくてよくなります。4つ目は自転車に乗れること。自転車が好きな方、お気に入りの自転車を購入した方、お気に入りの雨具を購入した方などは雨の日でも楽しく自転車に乗ることができますね。

雨の日の自転車通勤のデメリット4つ

デメリットの1つ目は危険性。雨の中の自転車の運転は滑りやすく、視界も悪く、意外と危険なものです。2つ目は寒さ。時期にもよりますがかなり寒くなる日もあります。防寒具を用意する必要があります。3つ目に汚れ。仕事に必要な持ち物や、スーツや靴が汚れてしまう可能性もあります。4つ目は時間。 晴れている日の自転車通勤よりも時間もかかり、会社に到着した時の疲労も普段に比べて大きくなります。「気楽に自転車通勤を楽しみたい」「季節を感じながら出勤したい」というような方にとっては、一度経験すると、もう自転車通勤はしたくないと感じてしまうかもしれません。

雨の日に自転車通勤するために考えるべきポイント3つ

安全に走れるように注意しよう

次のページ:レインコートの選び方ポイント5つ
初回公開日:2017年03月21日

記載されている内容は2017年03月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング