IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】プライドが高い人の特徴・診断チェック項目・直す方法

コミュニケーション

現代人はプライドが高いといわれています。プライドが高い人の特徴、プライドが高いかどうかわかる診断項目、プライドが高い彼氏・彼女との上手な付き合い方、プライドが高い子供への接し方、プライドが高い性格の直し方について紹介します。

更新日時:

男女別 プライドが高い人の特徴

プライドが高い男性は「威圧的」

プライドが高い男性は「威圧的」

プライドが高い男性は若いころからえらそうで横柄な性格といえるでしょう。仕事では組織の中でトップになれるように頑張り、多くの場合トップになります。そして部下に対して「オレに従え」といわんばかりの態度で威圧し、組織をリードしていきます。 プライドが高い男性は決断力があり頼りがいがある半面「自分が一番正しい」という態度で威張っていることが社会では問題視され、周囲から愛想をつかされて浮いた存在になってしまうことがあります。 自己中心的で独善的、上から目線の傲慢な態度が周囲から煙たがられる原因になっています。周囲とうまくやっていくには他人の意見を聞けるようになる必要があります。

プライドが高い女性は 女王様のように「気高く」あろうとする

プライドが高い女性は 女王様のように「気高く」あろうとする

プライドが高い女性は「自分は他の人とは違って特別である」と考えていることがあります。そのため、自分の高潔さを保つために、「はしたないこと」はしません。なぜなら「自分は俗人とは違って特別だから」です。 プライドが高い女性は「他人に意地悪をする」や「大声で怒鳴る」などの「はしたないこと」は絶対にしません。品位があることを誇りとしているので自分が悪者になって自らの品格をおとすことはしたくないと考えています。 しかし、あくまで「自分の基準で、はしたないと判断したこと」をしないだけであり、もし意地悪や陰口が自分の価値観で「はしたないことではない」と判断した場合は平気で意地悪をし、陰口をいいます。自分の価値観を基準に他人を裁くだけでなく、他人のことを心の中で見下し、鼻で笑っていることもあります。

あなたはプライドが高いタイプ? チェックしてみよう!

負けず嫌いである

負けず嫌いである

プライドが高い人は負けることが大嫌いです。また「負けた」という言葉そのものが嫌いです。他人に負けそうになっただけでも精神的にダメージを受けます。ゲームでもケンカでも、相手に負けまいと必死になります。 やられたらやり返さずにはいられないところがあります。負けず嫌いの人はプライドが高い傾向にあります。

叱られると怒鳴り返したくなる

叱られると怒鳴り返したくなる

プライドが高い人は他人から叱られることが苦手です。叱られたら、発作的に怒鳴り返したくなってしまいます。叱られたときに猛然と腹を立ててしまう人はプライドが高いです。

反対意見の人を見ると腹が立つ

反対意見の人を見ると腹が立つ

インターネット上に自分と反対意見の書き込みがあっただけで「ムカっ」ときたら要チェックです。プライドが高い人は相手から自分の言っていることを反対されたり、否定されたり批判されたりすることに敏感です。意見の対立が原因で人と争いがちな人はプライドが高いといえます。

自分のこだわりは絶対にゆずれない

自分のこだわりは絶対にゆずれない

プライドが高い人は自分なりのこだわりやポリシーを大切にしています。そのため、他人に自分のペースを乱されたり、自分の世界に踏み込まれたりすることを何よりも嫌います。仕事でもプライベートでも自分のこだわりがあって誰にもゆずれないという人はプライドが高いでしょう。

フラれるのが怖くてなかなか告白できない

フラれるのが怖くてなかなか告白できない

プライドが高い人は告白してフラれることが何よりも恐れています。そのため好きな人ができても自分からは告白することを嫌がり、もじもじしたり、相手から告白させようと考えたりします。 普通の人は拒絶されても落ち込むだけで、ある程度時間が経てば立ち直ることができますが、プライドが高い人は落ち込むだけでなく屈辱感も同時に感じてしまうため、面と向かってフラれることが大の苦手です。

失敗して恥をかくことが怖い

失敗して恥をかくことが怖い

プライドが高い人は失敗を嫌います。失敗して周りからバカにされたり、さげすまれたりすることを何よりも恐れているからです。何か新しいことを始めたいけれど、失敗して恥をかくのが怖くてなかなか挑戦できないという人はプライドが高い傾向にあります。

他人の失礼な態度に「ムカっ」としてしまう

他人の失礼な態度に「ムカっ」としてしまう

「人からバカにされることに耐えられない、見下されたり笑われたりしたら猛烈に腹が立つ」という人はプライドがやや高めです。見下されたら誰だって嫌な気分になりますが、プライドの高い人は相手のちょっとした表情や態度にとても敏感なため、すぐに「バカにされた」と落ち込んだり、怒ったりしてしまいます。 普通の人は他人がどんな表情をしていても、そんなに気にしません。相手がちょっとでもえらそうにしていたり、不愛想な顔をしているからという理由だけで瞬時にキレてしまう人はプライドがかなり高いといえるでしょう。

素直に謝ることができない

素直に謝ることができない

自分が悪いのはわかっているのに謝れないという人はプライドが高い人です。プライドが高い人は素直に自分の非を認めることができません。そのため、つい言い訳やごまかしをしてしまいます。本当は心の中で「謝りたい」と感じていても、なかなか態度に表せない人もいます。

周りからよく思われていないと不安になる

周りからよく思われていないと不安になる

プライドが高い人は人目を気にします。頭の中にはいつも「自分は周りからどう見られているか」という疑問があり、他人がちょっとでも自分のことを悪くいうと、ムッとしてしまう傾向にあります。どんなときも「他人から自分はどう見えるか」を基準に行動します。自分の気持ちよりも他人からの評価を優先してしまいがちです。 周囲からの評判が悪くなることがプライドが高い人には耐えられません。そのため、いつも周りからよく思われるために行動してしまいます。

人に合わせることが苦痛

人に合わせることが苦痛

人目を気にし、他人からの評価に依存している一方で、「自分から他人に合わせること」は苦手です。プライドが高い人は人のペースに合わせることを苦痛に感じてしまいます。人に合わせることが苦手な人はプライドが高いことがあります。

なぜか冷やかされたり、からかわれたりしやすい

なぜか冷やかされたり、からかわれたりしやすい

プライドが高い人は、なぜか冷やかされたり、からかわれたりしやすい傾向にあります。 からかわれるのが嫌いな人に限ってよく冷やかされてしまいます。「自分は他の人よりもからかわれやすい」という人はプライドの高さが原因であることがあります。

「みじめ」になるくらいなら死んだほうがマシ

「みじめ」になるくらいなら死んだほうがマシ

「負け」や「不名誉」よりも「死」を選んで自殺してしまう戦国武将のように、プライドが高い人は「みじめになるくらいなら死んだほうがマシだ」と考えてしまう傾向にあります。他人からの評価に依存しすぎているためです。

プライドが高い人の心理

傷つきやすい自分を守ろうとしてプライドが高くなる?

傷つきやすい自分を守ろうとしてプライドが高くなる?

プライドが高い人は無意識に傲慢にふるまうことで自分の身を守ろうとしていることがあります。本当は繊細で傷つきやすいということを誰にも知られたくないという心理があり、そのため相手の失礼なふるまいに対して腹を立てることで、他人から傷つけられることを防ぎ、自分を防御しようとしている可能性があります。 他人のちょっとした無礼な態度や、不愛想な表情の一つですぐにイラっとしてしまうのは、「他人に攻撃されるかも」と過剰反応しているためです。ちょっとしたことで「ムカッ」とくれば、深く傷つけられる前に拒否することができます。

「ありのままでは愛されない」から名誉にしがみつく

「ありのままでは愛されない」から名誉にしがみつく

プライドが高い人はみじめさを嫌い、名誉を強く求めます。名誉こそが生きがいで、名誉のない人生はありえないと考えています。失敗や敗北は死を意味すると考え、成功すること、勝つこと、みんなからよく思われることにのみ執着しています。 「100点取ったらほめてあげる」や「コンクールで賞を取ったから大事な子」というふうに育てられた子供はしばしばこのような心理状態になります。それは「~したら愛してあげる」という条件付きの愛しか与えられないと「そのままの自分は価値がない」と思い込んでしまうためです。 プライドが高く名誉がないと生きていけない人はありのままの自分には生きる価値がないと感じていることがあります。そのままの自分を愛されたことがないと自信のない人になってしまい、プライドだけが高くなっていきます。

プライドの高い人と自信がない人の違い

プライドが高い人も本当は「自信がない」?

プライドが高い人も本当は「自信がない」?

プライドが高い人と、自信がない人に共通する点は自己肯定感が低いということです。プライドが高い人は親や周囲の大人に「100点を取ったからいい子ね」と褒められて育ったことに対し、自信がない人は「おまえはダメな子だ」といわれて育ったという違いがあります。 しかし、プライドが高い人に「真の自信がある」とは限りません。中には本当に「余裕しゃくしゃくで自信に満ちあふれている」というナルシストなタイプもいますが、多くの場合は「~でなければ自分には価値がない」という不安とともに生きています。「おまえはダメだ」といわれて育ったわけでもないのに真の自信がない理由は、自己肯定感が低いためです。 自己肯定感とは「このままの自分でいい」「自分は生きているだけで愛される存在だ」と思える感覚のことです。けなされて育った子供だけでなく、条件つきの誉め言葉で育った子供も自己肯定感が育ちません。

自信がない人との「違い」とは?

「条件つきの希望」で行動できることが最大の違い

自信がない人との「違い」とは?

自信がない人との違いは、卑屈にならない点です。自信がない人は「何をしてもうまくいくわけがない」と最初からあきらめ「どうせ私なんて」と卑屈になってしまいますが、プライドが高い人は「嫌われないように頑張ろう」と頑張ることができます。 卑屈にならないから頑張れるのがプライドが高い人の良いところです。自信がない人は「何をやっても愛されない」という考えにとらわれていることに対し、プライドが高い人は「理想の自分になれば愛される」と条件付きの希望を持っています。

プライドが高い彼氏・彼女とのうまく付き合っていく方法とは?

プライドが高い彼氏の困ったところ

威張っていてウザい

プライドが高い彼氏の困ったところ

プライドが高い彼氏は彼女の前で威張ったり、彼女をけなしてまで自分のプライドを保とうとします。そして「いかに自分がすごいか」についての自慢話が多く、おまけに上から目線で説教をしてくることもあります。

自慢話や説教をやめさせる方法

「すごいね」って褒めていると調子に乗ってきた!というときは?

自慢話や説教をやめさせる方法

「こんなに威張るのはきっと自信がないから。たくさん褒めてあげればいずれは満足するだろう」と考えて「すごいね」と褒めていたら、さらに得意げになって自慢話をするようになり、おまけに威張りだした場合、その彼氏は調子に乗っている可能性があります。 彼は「認めてほしくて甘えている」というよりも威張ることで褒めてもらえると学習したため、威張るのをやめないだけです。「威圧的な態度は不快だ」ということをはっきり伝えたほうがやめてもらえる可能性があります。

プライドが高い彼氏と上手に恋愛するためには

こちらも自己主張をしてバランスをとる

プライドが高い彼氏と上手に恋愛するためには

プライドが高い彼氏とうまく付き合っていくためには彼の主張を受け入れてばかりではなく、こちらからも自己主張をしてバランスをとっていく必要があります。一方だけがわがままをいって、もう一方が我慢をするという関係は恋愛では望ましくありません。相手も自分も対等な関係でいられるほうがストレスは少ないため、恋は長続きします。 彼のことを尊敬して褒めることも大切です。しかし、それだけでは不十分です。彼氏が自慢話をしてきたら、嫌な時は嫌といいましょう。そして「自慢をしなくてもあなたのことを尊敬しているし、愛している」と伝えましょう。 「すごい」といわれないと不安だから「こんなにすごいんだぞ」と自慢するのでしょう。彼は「すごくないと愛されないのではないか」と不安があるから威張っているだけの可能性があります。

プライドが高い彼女の困ったところ

自分が悪いのに絶対に謝ろうとしないところ

プライドが高い彼女の困ったところ

プライドが高い彼女の一番の問題点は「自分の非を認めない」という点です。ケンカになると必ず「勝とう」とし、たとえ自分に非があった場合でも謝ろうとしません。おまけに女性は男性よりも口達者なため、男性がプライドの高い彼女に謝罪させることは難しいでしょう。

プライドが高い彼女と上手に恋愛するためには

絶対にしてはいけないこと

プライドが高い彼女と上手に恋愛するためには

プライドが高い彼女は大ゲンカをした後で自分から進んで謝ることが苦手です。「相手のいいなりになるもんか」と意地を張って自分から謝ることができません。 絶対にしてはならないことは彼女に向かって「お前が悪いんだろ。さっさと謝れよ」謝罪を要求し、怒鳴りつけることです。プライドが高い女性は怒鳴りつけられることを死ぬほど嫌がります。なぜなら、怒鳴りつけられることでプライドを汚されたと感じるからです。 プライドが高い女性に対して高圧的な態度は逆効果です。いくら相手の主張内容が正論であるとわかっていても、主張の仕方が下品であれば、彼女は相手のことを軽蔑してしまいます。プライドが高い彼女はいったん相手のことを軽蔑したら二度と尊敬しないし、信用しません。表面的に仲直りをしたように見えても心の中ではひそかに不信感を抱いています。

自分から歩み寄る

プライドが高い彼女と上手に恋愛するためには

プライドが高い彼女は「謝れ」といわれると絶対に謝りません。でも「オレが悪かった」といって彼氏に謝られると意外と弱いところがあります。プライドが高い女性に限らず、これはすべての人にあてはまることですが、人は相手に謝られると「自分も謝らなければ」と思ってしまいます。

それでも謝ってくれない!プライドが高すぎる手ごわい相手を謝らせるには?

プライドが高い彼女と上手に恋愛するためには

中にはまれに「非常にプライドが高い女性」がいて相手が謝ると「勝った」とばかりに大喜びし、さらに相手を責めだす変わり者もいますが、そんな人は少ないでしょう。そんな時はこちらから謝るだけではなく、物的証拠や謝りたくなるシチュエーションをつくって彼女に「謝りたい」と思わせることが効果的です。 たとえば「明らかに彼女が悪い」とわかる証拠を彼女の前でチラつかせながら、あえてそれを一切指摘せずに、こちらが悪かった点だけを先に謝罪してしまうという方法があります。ケンカにはたいていどっちが悪いということはなく、両方とも悪いことが多いです。だから先に謝って損はありません。ポイントは彼女に「自分も悪かった」ということを「さりげなく」気づかせることです。

プライドが高い子供の困ったところ

ズルしても勝とうとする

ズルしても勝とうとする

プライドが高い子供は負けず嫌いで遊びやゲームに負けると泣き出します。そして「もう一回」と自分が勝つまでゲームをやめようとはしません。勝とうとするあまりルールを破って反則をする子供もいます。負けたら悔しさのあまり涙を流し、相手をののしり、暴れてしまうこともあります。

注意すると怒って暴れる

注意すると怒って暴れる

プライドが高い子供は大人から注意をされると泣いたり、暴れたり、反抗的な態度をとります。なぜなら注意や指導を「攻撃」ととるからです。プライドが高い子供を威圧し、一方的に叱りつけることは逆効果です。荒っぽい方法でしつけようとすればするほど軽蔑の目でこちらをにらみつけ、その後はふてくされたようにすねてしまいます。

プライドが高い子供への接し方のコツ

「味方であること」を伝える

「味方であること」を伝える

プライドが高い子供は意外と論理的です。落ち着いた声で冷静に説明すれば、大抵のことは理解してくれます。わかりやすく諭すように注意をしましょう。決して感情的に怒鳴り散らしてはいけません。 プライドが高い子供が反抗する理由の一つに、注意をしてくる大人は「敵」だと思い込んでいることが挙げられます。指導したり、注意したりする前に必ずその子の目をしっかり見つめて心を落ち着かせ「自分は味方であること」を伝えましょう。「注意をする大人は味方であること」を伝え、安心させれば子供は興奮することなく話を聞いてくれるようになります。 プライドが高い子供は被害妄想が強く、すぐに大人を「敵扱い」します。まずはその誤解を解いてから、本題に入ると指導がしやすくなります。

「正当性に基づいた理由で叱っていること」を説明する

「正当性に基づいた理由で叱っていること」を説明する

人間が「しつけや教育、指導と称して自分のストレスをぶつけてくる人」に対して嫌悪感を持つのは当然のことです。人間は誰しも「不当な理由」で怒鳴りつけられることを嫌います。ましてプライドが高い子供ならなおさらです。彼らが反抗する理由は、怒鳴り声を上げている大人の話す内容が支離滅裂で「筋が通っていない」と感じるからです。 プライドが高い子供を頭ごなしに叱りつけ、恥をかかせるような大人は決して受け入れられません。それは「ただ頭ごなしに叱ること」がその子にとって「理不尽なこと」だからです。叱るときは「どうして叱るのか」と「なぜ、それをしてはいけないのか」を冷静に子供に説明をしながら指導する必要があります。 プライドが高い子供は「ひどい扱い」を受けると憤慨します。叱り方に気をつけましょう。叱るとき、注意をするときに「正当性に基づいた理由で叱っている」ということを理解させてあげなければなりません。

子供の発達に合わせて「わかりやすい言葉」で指導する

子供の発達に合わせて「わかりやすい言葉」で指導する

指導をするときに忘れてはならないのが、相手はまだ「子供」であり、脳も体も「発達途中」にあることです。そんな相手に対して大人のような理解力を求めてはいけません。子供にわかりやすい言葉で注意をしなければ子供は何を言われているのかを理解できずに、一人で苦しむことになってしまいます。 何度も同じ失敗を繰り返してしまう子供や、暴れて泣き出してしまう子供が一見「反抗しているかのようにみえる」理由は「なぜ自分が怒られているのか」と「何を注意されているのか」を理解できないからです。彼らは「怒られていること」は理解できるのですが「何を言われているのか」がさっぱりわからないという状況です。 相手の発達状況に配慮した言葉がけをしましょう。簡単にいうと「わかりやすい言葉で指導をすること」です。

子供の「プライドが高い性格」を直すには?

子供のありのままを認めてあげよう

子供のありのままを認めてあげよう

「100点取ったからいい子ね」や「頑張っているから大好きだよ」などの条件つきの愛は子供の自己肯定感を下げます。なぜなら子供にとって、優秀にならなければ自分は愛されないということは「そのままの自分は生きる価値がない」となってしまうからです。「ぼくはこのままじゃ愛されない。100点を取らなければママに愛されない」という子供は幸せではありません。 条件つきの愛で育てられた子供はプライドが高くなって他人を見下すようになったり自信をなくして卑屈になったりしてしまいます。自己肯定感が低いと大人になっても心から人生を楽しむことができません。日ごろから子供のありのままを認めてあげましょう。子供に必要なのは条件つきの愛ではなく、無条件の愛です。親は「そのままのわが子」を愛する必要があります。

他の子と比較しない

他の子と比較しない

親であれば子供が心配でつい「となりの○○ちゃんは優秀なのにそれに比べてあなたはダメね」と叱ってしまいがちです。しかし、子供の成長は比べられるものではありません。育った環境も個性も顔もなにもかもが違うのが当然で、この世に「まったく同じ人」などいません。だから、他の子と比べることは理にかなっていません。 比べられた子供はなんとなく「嫌な気分」になってしまいます。それだけでなく親に他人と比べられることで「親への不信感」も、つのっていきます。他人と比較して子育てをするべきではありません。比較されると大人になっても真の自信が持てずに「優越感」と「劣等感」のはざまで揺り動かされる人間になってしまいます。

プライドが高い自分の性格を直す方法

自分のありのままを認める

自分のありのままを認める

プライドが高い人は幼いころにありのままを認められなかったため、自己肯定感が低くなり、つい他人と自分を比較して優越感に浸ったり他人を見下したりしてしまいます。プライドの高さを正常に戻すためには自己肯定感を高めることが一番です。自分のありのままを認めてあげましょう。自己肯定感が上がれば他人と比較したり、周囲を見下したりすることはなくなります。

視野を広げる

視野を広げる

常に学び続けていれば自分の価値観に縛られなくなります。視野を広げましょう。人は生きている限り、生涯学び続けるということを認識し、慢心することなく視野を広げる努力をしていれば、プライドの高さは徐々に改善していくでしょう。

プライドから自由になろう

プライドから自由になろう

プライドが高い人は意外とたくさんいます。現代人は昔に比べてプライドがやや高めだといわれています。プライドに縛られていると「見栄」ばかりに気を取られ「本来の自分」で生きることが難しくなってしまいます。また、プライドが高い人はちょっとしたことでムッとしやすく、プライドが高くない人に比べて無駄なストレスをためやすいといえるでしょう。 プライドは高すぎると自分の行動や人生を縛る厄介なものになってしまいます。「自分は生きているだけで愛される価値のある存在だ」と心から感じることができれば、プライドの高さは改善していくでしょう。

アクセスランキング