IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人望の厚い人の特徴10・人望を得る行動

初回公開日:2016年11月22日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2016年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

なぜあの上司は皆から好かれ、人望を集め、信頼されるのか気になったことありませんか?人望が厚い人と人望がない人には大きな差があるのをご存知ですか。読めばあなたも人望が厚い人になれるかもしれません。今回は人望が厚い人特徴を解説していきます。

人望の意味は何か

人望の意味は何か
※画像はイメージです
出典: http://01.gatag.net

人望とは周りの人から信頼される人のことを言います。社会で生きていく上で人間関係の構築は避けて通れませんが、特に仕事では、会社に対する信用・信頼があったとしても、その担当者の言動が信頼できないような人物であれば、ビジネスチャンスを逃してしまうことになってしまいます。そして、人望が厚い人は嘘がなくまっすぐで、周りの人からも好感を持たれます。

人望の厚い人の特徴

人望が厚い人は素直な人が多いです。素直でいるから、部下も率直な意見が言えますし、話しもしっかり聞いてもらえます。このため部下の不満もたまりません。 そしてなにより、素直な事で周りに人が寄ってきます。その近寄りやすさでさらに人望が厚くなります。こうして人望の厚い人は良い上司としていれます。

特徴1「誠実である」

人望が厚い人はとても誠実です。人は何事にもまっすぐで嘘をつかない誠実な人に憧れます。例えば、人望がない人はふとした時に嘘をついてしまいます。それがたとえ些細な事であってもいつかバレてしまいます。日常の会話の中で見栄を張って、些細な嘘をついてしまいます。 逆に人望が厚い人はこうした責任逃れの嘘はついたりしません。自分がミスをした時、ミスした事を素直に認めて迷惑をかけてしまった事を謝罪します。

特徴2「仕事ができる」

人望が厚い人は人の良い面を見つけるのが上手です。人はどうしても悪い面ばかりが気になるものですが、人望が厚い人は良い面を見つけて良い面を伸ばそうとしてくれます。 そのため人を動かすのが上手なので、仕事の効率も上がります。そして「気遣い」も忘れません。自分のことだけでなく、周りの人たちに気を配れます。こういった気遣いができるので、周りからも助けてもらえ仕事の効率も上がります。

特徴3「分け隔てなく接する」

人望が厚い人は上司の話もしっかり聞き意見交換を行い、部下の話もしっかり聞き意見交換を行います。上下の関係なく人の話を聞き人間関係を上手に動かすのが上手なのが人望が暑い人の特徴です。 そして決して相手の言葉を否定したり、「違う」「ダメだ」と非難したりせず、自分と話が合わないと感じても、皆それぞれの考え方があると受け止めて話しを合わせ、相手の良い部分は受け入れようとする柔軟さがあります。

特徴4「的確なアドバイスができる」

人望が厚い人は、的確なアドバイスが上手く、部下からも慕われます。例えば、上からの命令で部下に向かって頭ごなしに「命令だから黙ってやれ」と言う上司と、上から「こういう風にやれと命令があったが、やり方は君たちに任せるよ。」というニュアンス話すのはどちらが部下はやる気が出るでしょうか。 人望が厚い人は2番目の言い方を心がけています。部下を信頼しているという態度は、人望につながります。

特徴5「他人のせいにしない」

人望が厚い人は見栄を張ったり自慢をしたりする事がありません。そのため人から好感を持たれます。 自分がミスをした時は、ミスを認め、次へとつなげる事ができます。日常の中でもつかなくてもよい嘘はつきませんし、見栄を張ったりもしません。そして人のせいにすると、とても後味が悪く、「言わなきゃ良かった」「本当は自分が悪いのに」と変に自分を追い込んで落ち込んでしまいます。

特徴6「感謝を忘れない」

関連タグ

アクセスランキング