IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

頭の回転が早い人・遅い人の特徴|頭の回転を早くするコツ

初回公開日:2016年12月29日

更新日:2020年05月31日

記載されている内容は2016年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

仕事ができる人というのは、たいていの場合頭の回転が早い人です。できるなら、頭の回転が早く仕事のできる人になりたいですよね。そこで今回は、頭の回転が早い人と遅い人それぞれの特徴と、頭の回転を早くするためのコツをまとめてみました。

頭の回転が早い人と遅い人の特徴

頭の回転が早い人を思い浮かべると、次のような特徴が浮かぶのではないでしょうか。

知識や知恵が豊富 常に何かを考えている 好奇心旺盛 コミュニケーション能力が高い

頭の回転が遅い人にとっては、回転が早い人はとてもうらやましく思います。 頭の回転が早い人と遅い人ではどのような違いがあるのでしょうか。頭の回転が早い人と遅い人それぞれの特徴についてまとめてみました。

①頭の回転が早い人は会話のテンポが早い

頭の回転が早い人は自分で先回りしていろいろな物事を考えられるので、会話のテンポが早くなります。 いろいろなことを理解する能力と、自分で想像する能力に長けているので、相手が何を話そうとしているのかを理解することができます。 頭の回転が早い人は早口な人も多く、瞬時に何を話すのかを考える能力に長けているので、会話の話題もテンポよく変えることもできます。 会話は相手とのキャッチボールで成り立ちますが、頭の回転の早い人は結論を先に考えてしまいます。 そのため途中のプロセスを自分である程度理解することで、テンポよく会話をすることができます。 相手と早いテンポで話したり、急に話題が変わっても話について行けるのは、頭の回転が早いので自分ですぐに理解することができるからです。

②頭の回転が早い人ほど相手の話をすぐに理解できる

頭の回転が早いは相手が何を話したいのか理解する能力に長けているので、相手が伝えたいことをしっかりと把握することができます。 相手との会話だけでなく、連絡事項でも大切なことをしっかりと認識できるので、相手が求めていることを瞬時に理解することができます。 相手が何を話したいのかが分かれば、会話は単なる裏付けとしての役割にしかなりません。 しかしその裏付けがあるからこそ、確実に相手の要求を正確に理解することができるのです。 頭の回転が早いほど理解力が高くなるので、相手も安心して話をすることができます。

③頭の回転が早い人は相手の要求に即座に反応できる

会話は相手との言葉のキャッチボールによって成り立ちますが、相手の話がことに対して即座に考えて反応しなければなりません。 頭の回転が早い人は相手の言うことに対して、即座に反応することができます。 これは相手の話す内容を先に予測すると共に、理解する能力に長けているからです。 相手の話が言葉に対して予め予測していたことにより、すぐに相手の言葉に反応することができます。 会話がテンポ良く続くのは、相手の言葉を即座に理解する能力と、先に予測している能力が長けているからこそできることです。 頭の回転が早い人の特徴として先に予測する能力に長けているので、どんなことでも瞬時に対応することができるのです。

④頭の回転が遅い人は仕事を覚えるのも遅い

頭の回転が遅い人は理解する能力も遅いので、相手が何を伝えたいのかを理解するのも苦労します。 また仕事で1つのことを覚えるのも、理解力と要領の良さが悪いので仕事を覚えるのも苦手な傾向にあります。 何度も繰り返して自分の体で覚えることによって、ようやく仕事を覚えることができます。 理解する能力が低く物事の本質を見極めることもできないので、言われたことしかできない特徴もみられます。 相手の言うことをしっかり理解しようとするあまり、相手の話にだけ集中してしまう傾向にあります。 頭の良さと回転の早さは必ずしも比例しませんが、頭の回転が遅いと仕事を覚えるのも遅いので、仕事ができないと思われがちです。

⑤頭の回転が遅い人は仕事に対して創意工夫をしようとしない

仕事は慣れてくるとだんだんと創意工夫をして、自分のやりがやすい方法を見つけようとします。しかし頭の回転が遅い人は覚えた仕事に対して、更なる創意工夫をしようとしない傾向にあります。覚えたことを忠実に行うことが大切だと思っているので、仕事の効率を考える余裕もありません。 頭の回転が遅い人はより多くの仕事をするための効率よりも、言われたことだけをやろうとする傾向にあります。

人間関係を見抜く力も頭の回転が関係している

頭の回転が早いと人間関係を瞬時に見抜くこともできるようになります。初めて行く取引先で相手が2人の時に、どちらが権限があるのか分からないことも多々あります。 しかし頭の回転が早い人は相手の仕草や会話から、どちらが上司かすぐに判断することができます。するとどちらに強くアピールすればいいかも分かるので、仕事も結果を出しやすくなるでしょう。 また社内の人間関係も把握できるので、自分に有益だと思う人と付き合うこともできます。自分の利益を考えると、人間関係を見抜く力は大きなメリットでもあります。人間関係を見抜く力が優れているのは、頭の回転が早い人の特徴でもあるので、仕事でも結果を出しやすくなります。

頭の回転を早くするためのコツ

関連タグ

アクセスランキング