IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

頭の回転が早い人・遅い人の特徴|頭の回転を早くするコツ

コミュニケーション

仕事ができる人というのは、たいていの場合頭の回転が早い人です。できるなら、頭の回転が早く仕事のできる人になりたいですよね。そこで今回は、頭の回転が早い人と遅い人それぞれの特徴と、頭の回転を早くするためのコツをまとめてみました。

更新日時:

頭の回転が早い人と遅い人の特徴

頭の回転が早い人を思い浮かべると、次のような特徴が浮かぶのではないでしょうか。

知識や知恵が豊富 常に何かを考えている 好奇心旺盛 コミュニケーション能力が高い

頭の回転が遅い人にとっては、回転が早い人はとてもうらやましく思います。 頭の回転が早い人と遅い人ではどのような違いがあるのでしょうか。頭の回転が早い人と遅い人それぞれの特徴についてまとめてみました。

①頭の回転が早い人は会話のテンポが早い

頭の回転が早い人は自分で先回りしていろいろな物事を考えられるので、会話のテンポが早くなります。 いろいろなことを理解する能力と、自分で想像する能力に長けているので、相手が何を話そうとしているのかを理解することができます。 頭の回転が早い人は早口な人も多く、瞬時に何を話すのかを考える能力に長けているので、会話の話題もテンポよく変えることもできます。 会話は相手とのキャッチボールで成り立ちますが、頭の回転の早い人は結論を先に考えてしまいます。 そのため途中のプロセスを自分である程度理解することで、テンポよく会話をすることができます。 相手と早いテンポで話したり、急に話題が変わっても話について行けるのは、頭の回転が早いので自分ですぐに理解することができるからです。

②頭の回転が早い人ほど相手の話をすぐに理解できる

頭の回転が早いは相手が何を話したいのか理解する能力に長けているので、相手が伝えたいことをしっかりと把握することができます。 相手との会話だけでなく、連絡事項でも大切なことをしっかりと認識できるので、相手が求めていることを瞬時に理解することができます。 相手が何を話したいのかが分かれば、会話は単なる裏付けとしての役割にしかなりません。 しかしその裏付けがあるからこそ、確実に相手の要求を正確に理解することができるのです。 頭の回転が早いほど理解力が高くなるので、相手も安心して話をすることができます。

③頭の回転が早い人は相手の要求に即座に反応できる

会話は相手との言葉のキャッチボールによって成り立ちますが、相手の話がことに対して即座に考えて反応しなければなりません。 頭の回転が早い人は相手の言うことに対して、即座に反応することができます。 これは相手の話す内容を先に予測すると共に、理解する能力に長けているからです。 相手の話が言葉に対して予め予測していたことにより、すぐに相手の言葉に反応することができます。 会話がテンポ良く続くのは、相手の言葉を即座に理解する能力と、先に予測している能力が長けているからこそできることです。 頭の回転が早い人の特徴として先に予測する能力に長けているので、どんなことでも瞬時に対応することができるのです。

④頭の回転が遅い人は仕事を覚えるのも遅い

頭の回転が遅い人は理解する能力も遅いので、相手が何を伝えたいのかを理解するのも苦労します。 また仕事で1つのことを覚えるのも、理解力と要領の良さが悪いので仕事を覚えるのも苦手です。 何度も繰り返して自分の体で覚えることによって、ようやく仕事を覚えることができます。 理解する能力が低く物事の本質を見極めることもできないので、言われたことしかできない特徴も持っています。 相手の言うことをしっかり理解しようとするあまり、相手の話にだけ集中してしまう傾向にあります。 頭の良さと回転の早さは必ずしも比例しませんが、頭の回転が遅いと仕事を覚えるのも遅いので、仕事ができないと思われがちです。

⑤頭の回転が遅い人は仕事に対して創意工夫をしようとしない

仕事は慣れてくるとだんだんと創意工夫をして、自分のやりがやすい方法を見つけようとします。 しかし頭の回転が遅い人は覚えた仕事に対して、更なる創意工夫をしようとしない特徴を持っています。 覚えたことを忠実に行うことが大切だと思っているので、仕事の効率を考えることはありません。 ようやく覚えた仕事のやり方を変えられるとまた覚えなければならないので、余計なことしたくないと思います。 覚えることが苦手なので、一度覚えたことは頑なに守ろうとするのです。 融通が利かない特徴もありますし、相手の忠告も聞き入れようともしません。 頭の回転が遅い人はより多くの仕事をするための効率よりも、言われたことだけをやろうとする傾向にあります。

人間関係を見抜く力も頭の回転が関係している

頭の回転が早いと人間関係を瞬時に見抜くこともできるようになります。初めて行く取引先で相手が2人の時に、どちらが権限があるのか分からないことも多々あります。 しかし頭の回転が早い人は相手の仕草や会話から、どちらが上司かすぐに判断することができます。するとどちらに強くアピールすればいいかも分かるので、仕事も結果を出しやすくなるでしょう。 また社内の人間関係も把握できるので、自分に有益だと思う人と付き合うこともできます。自分の利益を考えると、人間関係を見抜く力は大きなメリットでもあります。人間関係を見抜く力が優れているのは、頭の回転が早い人の特徴でもあるので、仕事でも結果を出しやすくなります。

頭の回転を早くするためのコツ

頭の回転を早くしようと思ったところで、すぐには早くはなりません。しかし、悠長に構えていると、すでに頭の回転が早く仕事ができる人との差がどんどん大きくなってしまいます。できる限り効率良く頭の回転を早めるためのコツを紹介します。

①普段から考えるクセをつける

頭の回転を良くするためのコツは、普段から何でも考えるクセをつけることです。 普段から何でも考えるクセをつけておくことで、自分の考えを持つことができます。 人に言われることだけを鵜呑みにするのではなく、自分の考えを持つことによって、いろいろな意見を見比べることができます。 頭の回転を良くするためにはいろいろな情報を自分で処理する必要があるので、多くの情報をインプットする必要があります。 インプットした情報は自分の中で溜め込んで、アウトプットする必要があります。 情報をアウトプットする時には頭の回転が早いほど、多くの情報の中から最適な情報をアウトプットすることができます。

普段から考えるクセをつけていることによって、自分で得た情報の中から最適な言葉を選んで発言することができます。 考えることがクセになるほど頭が鍛えられるので、頭の回転を早くすることができます。

②新しいことにチャレンジしてみる

頭では常にいろいろなことを考えていますが、頭の回転を早くするコツは新しいことに挑戦することです。 自分が新しいことに挑戦すると、初めは何をすればいいか分からなくなります。 すると脳は新しいことを覚えるために、頭をフル回転をして覚えようとするので、結果として頭を常に使うことができます。

頭は使うほど脳は鍛えられるので、頭の回転を早くするために鍛えることにも繋がります。 新しいことにチャレンジするのは不安なことが多いものですが、新しいことをすると脳がフル回転をするので、頭に適度な刺激を与えることができます。 新たなことに挑戦することで脳が鍛えられるので、頭の回転を早くするコツとしても大いに役立ちます。

③今以上にコミュニケーションをとる

頭の回転を早くするためのコツは、人とのコミュニケーションを多くすることです。 会話のキャッチボールは頭の回転を良くすることにも繋がり、脳を鍛えることもできます。 会話は相手が話をしたことに対して、瞬時に何を話すか考えなければなりません。 言葉のキャッチボールをすることによって、自然と頭の回転を早くするために鍛えることができます。 また話題を変える時も、会話をしながら他のことを考えなければならないので、かなり頭を使うことになります。 普段何気なく会話をしているコミュニケーションが、頭の回転を早くするコツとして利用することができます。

頭の回転を早くするのに使えるアプリ

頭の回転を早くするために使えるアプリとして、簡単そうで難しい脳トレのアプリがあります。 このアプリは数字の10を作ればいいのですが、ステージ総数は300を越えます。 操作は単純で数字を組み合わせて10を作っていくだけですが、全ての数字を最終的に10にしなければなりません。 数字を使うアプリは頭を良く使うことができるので、頭の回転を早くするトレーニングとして利用することができます。

上司・同僚がうざい、職場になじめない。

自分の性格柄、上司や同僚の理不尽な言動に耐えられない方、職場になじめないという方は多いと思います。「職場の人間関係」は、転職理由のランキングでも上位にあげられるほど、転職を考えるきっかけになっています。 転職のきっかけには「人間関係」のほかに、3つあります。 他の人は何をきっかけに転職しているのか、転職のベストなタイミングっていつなのか、気になる方はこちらの記事もお読みください。  ■記事タイトル 20代の転職成功方法|転職理由3つ・新卒入社3年以内の転職割合・20代の強みとは

転職をしようと考えている人は、自分に合った転職サービスを選ぶことから始めましょう。 各企業の欲しい人材像に合わせて、自分の持っている動機を合わせるには、企業の文化や採用時の癖を知ることが重要です。そのようなネットでは手に入らない情報を持っているのが「転職エージェント」。転職エージェントは、志望動機や職務経歴書など、各企業へのアピールポイントを教えてくれます。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

関連タグ

アクセスランキング