IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

頭の回転が早い人・遅い人の特徴|頭の回転を早くするコツ

更新日:2020年05月31日

コミュニケーション

仕事ができる人というのは、たいていの場合頭の回転が早い人です。できるなら、頭の回転が早く仕事のできる人になりたいですよね。そこで今回は、頭の回転が早い人と遅い人それぞれの特徴と、頭の回転を早くするためのコツをまとめてみました。

頭の回転を早くしようと思ったところで、すぐには早くはなりません。しかし、悠長に構えていると、すでに頭の回転が早く仕事ができる人との差がどんどん大きくなってしまいます。できる限り効率良く頭の回転を早めるためのコツを紹介します。

①普段から考えるクセをつける

頭の回転を良くするためのコツは、普段から何でも考えるクセをつけることです。 普段から何でも考えるクセをつけておくことで、自分の考えを持つことができます。 人に言われることだけを鵜呑みにするのではなく、自分の考えを持つことによって、いろいろな意見を見比べることができます。 頭の回転を良くするためにはいろいろな情報を自分で処理する必要があるので、多くの情報をインプットする必要があります。 インプットした情報は自分の中で溜め込んで、アウトプットする必要があります。 情報をアウトプットする時には頭の回転が早いほど、多くの情報の中から最適な情報をアウトプットすることができます。

普段から考えるクセをつけていることによって、自分で得た情報の中から最適な言葉を選んで発言することができます。 考えることがクセになるほど頭が鍛えられるので、頭の回転を早くすることができます。

②新しいことにチャレンジしてみる

頭では常にいろいろなことを考えていますが、頭の回転を早くするコツは新しいことに挑戦することです。 自分が新しいことに挑戦すると、初めは何をすればいいか分からなくなります。 すると脳は新しいことを覚えるために、頭をフル回転をして覚えようとするので、結果として頭を常に使うことができます。

頭は使うほど脳は鍛えられるので、頭の回転を早くするために鍛えることにも繋がります。 新しいことにチャレンジするのは不安なことが多いものですが、新しいことをすると脳がフル回転をするので、頭に適度な刺激を与えることができます。 新たなことに挑戦することで脳が鍛えられるので、頭の回転を早くするコツとしても大いに役立ちます。

③今以上にコミュニケーションをとる

頭の回転を早くするためのコツは、人とのコミュニケーションを多くすることです。 会話のキャッチボールは頭の回転を良くすることにも繋がり、脳を鍛えることもできます。 会話は相手が話をしたことに対して、瞬時に何を話すか考えなければなりません。 言葉のキャッチボールをすることによって、自然と頭の回転を早くするために鍛えることができます。 また話題を変える時も、会話をしながら他のことを考えなければならないので、かなり頭を使うことになります。 普段何気なく会話をしているコミュニケーションが、頭の回転を早くするコツとして利用することができます。

頭の回転を早くするのに使えるアプリ

頭の回転を早くするために使えるアプリとして、簡単そうで難しい脳トレのアプリがあります。 このアプリは数字の10を作ればいいのですが、ステージ総数は300を越えます。 操作は単純で数字を組み合わせて10を作っていくだけですが、全ての数字を最終的に10にしなければなりません。 数字を使うアプリは頭を良く使うことができるので、頭の回転を早くするトレーニングとして利用することができます。

初回公開日:2016年12月29日

記載されている内容は2016年12月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

上司や同僚に苦手意識があるあなたに

「職場の人間関係に悩んでいるが、転職は逃げるようで躊躇してしまう…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「職場の人間関係」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントならあなたの悩みが本当にあなたに原因があるのか、それとも環境にあるのかを判断してくれるでしょう。また、あなたの性格にあった職場の情報も教えてくれることもあります。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング