IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人望の厚い人の特徴10・人望を得る行動

初回公開日:2016年11月22日

更新日:2020年05月16日

記載されている内容は2016年11月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

なぜあの上司は皆から好かれ、人望を集め、信頼されるのか気になったことありませんか?人望が厚い人と人望がない人には大きな差があるのをご存知ですか。読めばあなたも人望が厚い人になれるかもしれません。今回は人望が厚い人特徴を解説していきます。

人望が厚い人は感謝の気持ちを常に持っています。人に助けてもらった事を忘れず、仕事が丁寧です。 仕事が丁寧である事は部下の見本にもなります。丁寧な仕事をするからこそ上からも下からも信頼が得られます。そして、信頼されていることへの感謝も忘れません。感謝の気持ちを持ち続けている人が周りに与える影響力は、安心感と心地良さがあり、その心地良さに人が集まります。

特徴7「謝罪することができる」

人望が厚い人は、どんなに大きなミスをしても、隠すことなく認め謝罪することができます。そして人望の厚い人はどんな困難なトラブルが起きても冷静に的確に対応していきます。反対に人望がない人は、揺るがない自分がないため、トラブルが起きるとすぐに混乱し冷静さを失います。謝罪は自分自身を成長させてくれるチャンスになります。

特徴8「愚痴や泣き言を言わない」

人望が厚い人は、ネチネチと愚痴をこぼしたり、泣き言は言いません。悪口や愚痴が自分の質を下げることも知っているので、自分が言われた嫌なことを、受け流したり、吸収したりとプラスの学びのきっかけにしています。そうすることで、自分自身を成長させています。

特徴9「行動で示す」

人望が厚い人は行動的です。何事も積極的に自分から率先して行動します。そのため、部下もその後ろ姿についていきたいと感じます。口で言うだけでなく、実際に行動できる人間であること示し、体を動かして行動するだけですが、これがなかなか難しいことです。口だけの人には誰もついてきません。

特徴10「ポジティブである」

人望が厚い人はポジティブでとても前向きです。ポジティブな人は、どんなに苦しい事も笑い飛ばしてしまうようなエネルギーを持ち、このポジティブシンキングを武器に、恐れずどんどん前に突き進んでいけます。 プラス思考になることによって、行動の幅が広がり、新たな出会いや発見に恵まれ充実感を感じることも多くなります。

人望を得るための行動

人望の厚い人は、人との接し方や行動力や考え方に大きなポイントがあります。自然に人を思いやる事や励ます事ができるのが人望があるヒトの特徴です。人望が厚い人は、自分から人望が厚い人にはなっていません。日常の行いの一つ一つが人望につなながります。そして目の前の人を大切にすることを習慣にしています。

行動1「約束を守る」

人望の厚い人は誠実であり必ず約束を守ります。そして誠実な人は、約束した日時に合わせて自分の行動を逆算し、過ごしています。 どんなときも常に相手の立場に立っているからできることです。また、できない約束事は決してしません。約束を守ることはビジネスでもプライベートでも、人と人がかかわり合いを持つにあたりとても重要な事です。

行動2「陰口を言わない」

人望が厚い人は陰口を言いません。それは陰口がどんなに嫌なことか、どれだけ傷つけてしまうか身をもって知っているからです。 そして苦手な相手でも、良いところを常に見ようとします。相手の事を尊敬し、常に敬っています。世の中には色々な人がいて、考え方も違います。もちろん性格が合う人と合わない人がいます。そのことを改めて認識すると考え方も変わってきます。

行動3「私利私欲に走らない」

人望が厚い人は私利私欲には走りません。人は他人が困っている時に「この人を助ける必要はあるのか?」とまずは考えますが、人望が厚い人は自然に「お困りのようですが、どうされました?」と声を掛けます。 人望がある人はこのような損得勘定抜きの行動を自然に行う事ができます。私利私欲に走らない行動が、人望につながります。

行動4「明るく笑顔でいる」

人望が厚い人は常に明るく周りの人たちをパッと笑顔にしてくれます。自分自身が笑うことで相手の気持ちを明るくできるということを知っています。 1日を笑顔で過ごすことにデメリットはありません。鏡のごとく、自分が笑顔になれば相手も自然と笑顔になります。

関連タグ

アクセスランキング