IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【男女別】プライドが高い人の特徴・診断チェック項目・直す方法

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

現代人はプライドが高いといわれています。プライドが高い人の特徴、プライドが高いかどうかわかる診断項目、プライドが高い彼氏・彼女との上手な付き合い方、プライドが高い子供への接し方、プライドが高い性格の直し方について紹介します。

プライドが高い子供は意外と論理的です。落ち着いた声で冷静に説明すれば、大抵のことは理解してくれます。わかりやすく諭すように注意をしましょう。決して感情的に怒鳴り散らしてはいけません。 プライドが高い子供が反抗する理由の一つに、注意をしてくる大人は「敵」だと思い込んでいることが挙げられます。指導したり、注意したりする前に必ずその子の目をしっかり見つめて心を落ち着かせ「自分は味方であること」を伝えましょう。「注意をする大人は味方であること」を伝え、安心させれば子供は興奮することなく話を聞いてくれるようになります。 プライドが高い子供は被害妄想が強く、すぐに大人を「敵扱い」します。まずはその誤解を解いてから、本題に入ると指導がしやすくなります。

「正当性に基づいた理由で叱っていること」を説明する

人間が「しつけや教育、指導と称して自分のストレスをぶつけてくる人」に対して嫌悪感を持つのは当然のことです。人間は誰しも「不当な理由」で怒鳴りつけられることを嫌います。ましてプライドが高い子供ならなおさらです。彼らが反抗する理由は、怒鳴り声を上げている大人の話す内容が支離滅裂で「筋が通っていない」と感じるからです。 プライドが高い子供を頭ごなしに叱りつけ、恥をかかせるような大人は決して受け入れられません。それは「ただ頭ごなしに叱ること」がその子にとって「理不尽なこと」だからです。叱るときは「どうして叱るのか」と「なぜ、それをしてはいけないのか」を冷静に子供に説明をしながら指導する必要があります。 プライドが高い子供は「ひどい扱い」を受けると憤慨します。叱り方に気をつけましょう。叱るとき、注意をするときに「正当性に基づいた理由で叱っている」ということを理解させてあげなければなりません。

子供の発達に合わせて「わかりやすい言葉」で指導する

指導をするときに忘れてはならないのが、相手はまだ「子供」であり、脳も体も「発達途中」にあることです。そんな相手に対して大人のような理解力を求めてはいけません。子供にわかりやすい言葉で注意をしなければ子供は何を言われているのかを理解できずに、一人で苦しむことになってしまいます。 何度も同じ失敗を繰り返してしまう子供や、暴れて泣き出してしまう子供が一見「反抗しているかのようにみえる」理由は「なぜ自分が怒られているのか」と「何を注意されているのか」を理解できないからです。彼らは「怒られていること」は理解できるのですが「何を言われているのか」がさっぱりわからないという状況です。 相手の発達状況に配慮した言葉がけをしましょう。簡単にいうと「わかりやすい言葉で指導をすること」です。

子供の「プライドが高い性格」を直すには?

子供のありのままを認めてあげよう

「100点取ったからいい子ね」や「頑張っているから大好きだよ」などの条件つきの愛は子供の自己肯定感を下げます。なぜなら子供にとって、優秀にならなければ自分は愛されないということは「そのままの自分は生きる価値がない」となってしまうからです。「ぼくはこのままじゃ愛されない。100点を取らなければママに愛されない」という子供は幸せではありません。 条件つきの愛で育てられた子供はプライドが高くなって他人を見下すようになったり自信をなくして卑屈になったりしてしまいます。自己肯定感が低いと大人になっても心から人生を楽しむことができません。日ごろから子供のありのままを認めてあげましょう。子供に必要なのは条件つきの愛ではなく、無条件の愛です。親は「そのままのわが子」を愛する必要があります。

他の子と比較しない

親であれば子供が心配でつい「となりの○○ちゃんは優秀なのにそれに比べてあなたはダメね」と叱ってしまいがちです。しかし、子供の成長は比べられるものではありません。育った環境も個性も顔もなにもかもが違うのが当然で、この世に「まったく同じ人」などいません。だから、他の子と比べることは理にかなっていません。 比べられた子供はなんとなく「嫌な気分」になってしまいます。それだけでなく親に他人と比べられることで「親への不信感」も、つのっていきます。他人と比較して子育てをするべきではありません。比較されると大人になっても真の自信が持てずに「優越感」と「劣等感」のはざまで揺り動かされる人間になってしまいます。

プライドが高い自分の性格を直す方法

自分のありのままを認める

初回公開日:2018年02月21日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング