IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

介護の志望動機の書き方と例文|未経験/経験あり/転職の場合

書類選考・ES

人手不足のため採用されやすいといわれるのが、介護職です。しかし条件の良い求人は競争率も高いもの。履歴書を書く時にポイントとなるのが、なぜ介護の仕事を選んだかという志望動機です。採用担当者に好印象を与える志望動機の書き方と例文を、パターンにわけてご紹介します。

更新日時:

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと絶対に損です。 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

介護職とはどんな仕事?

介護職は、高齢者や障害者が日常生活できるよう、彼らの自立をサポートする仕事です。 老人ホーム、デイサービスなどの施設や、介護を必要とする人の自宅で働き、入浴・食事・排泄や移動といった生活全般の介助をおこないます。掃除や洗濯、買い物といった生活サポートの他にも、話し相手になったりレクリエーションを催したりと、メンタル面でのケアも求められます。さらには、利用者本人や家族に対して、介護についての相談を受けたり指導・助言をしたりすることも、介護職の仕事の一つとなります。

介護職にもいろいろある

介護の仕事は、その内容によってさまざまな種類があります。 まず介護の対象者によって、高齢者介護と障害者介護に分かれます。働く場所によっても、在宅介護と施設介護では大きく働き方が違ってきます。ケアマネジャーなど資格がないとつけない職種もありますが、他の職業と比べて選択肢が多いため、応募者にとって有利といえるでしょう。

資格がないとできない介護職は

介護資格には、国家資格である「介護福祉士」以外に、「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」「介護職員実務者研修(旧ホームヘルパー1級)」「介護支援専門員(ケアマネジャー)」があります。資格がある人だけが就ける介護職には、以下のものがあります。 ・ケアマネジャー(介護支援専門員) ・ホームヘルパー(訪問介護員) ・ケアワーカー(介護福祉士) ・サービス提供責任者 ・生活相談員 ・居宅介護支援事業所の管理者

無資格でもできる介護職は

無資格でも働けるのは、介護職の利点でもあるのではないでしょうか。資格がなくても就ける介護職は、以下のとおりです。 ・入所介護型施設の職員(老人ホーム・保健施設など) ・通所介護型施設の職員(デイサービス・デイケアなど) ・事業所の管理者(施設長・ホーム長など) ・介護事務などの事務員 ・送迎運転手

介護職の履歴書で、志望動機を書くポイントは?

慢性的に人手が足りていないため、需要の高い介護職ですが、条件の良い求人は人気も高いため、採用条件が厳しかったり、競争率が高かったりするようです。自分に合った条件の職場、働きやすい職場に採用されるためにも、なぜ介護の仕事につきたいのか、ポイントをきちんと押さえた良い志望動機の書き方をご紹介しましょう。

介護職の志望動機、チェックされるポイントは

介護業界は他の分野に比べて、気持ちやこころざしが重視される傾向にあります。だからといって「がんばります」「やる気はあります」といったありがちな言葉では、採用担当者の印象には残りません。 採用担当者の気持ちになって考えてみましょう。履歴書の選考や面接で頭に思い浮かべているのは、こんな内容です。 ・仕事をきちんとこなしてくれるだろうか ・利用者とうまくコミュニケーションを取ってくれるだろうか ・自分を含め、他のスタッフとよい関係を作ってくれるだろうか ・長く働いてくれるだろうか 採用担当者の考えを踏まえ、志望動機を書く上で相手に伝えなければいけないのは、「何がしたいのか?」「何ができるのか?」の2点です。これらを具体的に、自分の言葉で書くことが大切なのです。

介護職の志望動機の書き方

【志望動機 例文:32歳 ホームページを見てデイケアに応募する場合】 「貴社のHPを拝見し、日常生活のケアにも力を入れた通所リハビリという姿勢に、たいへん共感いたしました。頼れるプロが機能の回復につとめ、在宅ケアも支援するという二重の体制が整った貴社のデイケアに、魅力を感じています。以前はサービス付き高齢者向け住宅におけるヘルパーとして、3年2ヶ月の経験を積んできました。デイケアでの、利用者様に寄り添った介護を通して、自分のスキルも高めていきたいと考えて志望しました。」 【志望動機 例文:56歳 認知症介護のグループホームに応募する場合】 「特別養護老人ホームの事務職員として、介護スタッフをサポートしておりました。実母の病気をきっかけに、もっと介護職に関わりたいと思い、応募いたしました。貴社のスタッフの、認知症の入居者様への対応の素晴らしさを経験し、認知症に対する深い理解と家族への思いやりの大切さを実感しております。他のスタッフの方々と共に、入居者様ひとりひとりとふれ合えるアットホームな介護をめざして、貴社のグループホームで働けたらと思います。」 面接や履歴書の書き方など、就活に関する不安な部分は、エージェントに相談してみるのもいいでしょう。今後のキャリアについて相談したり、あなたに合った求人を紹介してくれるかもしれません。

志望動機を書く時、経験ありと未経験ではどう違う?

介護職の経験がある場合の志望動機の書き方

介護職の経験がある場合、それはセールスポイントとなります。どんな介護職に勤めていたのか、どのような経験をしてきたのかを、具体的に書きましょう。即戦力になれるのは大きな強みといえます。 【志望動機 例文:41歳 ホームヘルパー経験があってケアマネジャーに応募する場合】 「私は10年間、ホームヘルパーとして在宅介護に関わっておりました。利用者様に寄り添う、やりがいのある仕事でしたが、もっと利用者様の気持ちを汲んだ支援が出来ないかと考えた末、ケアマネージャーの資格を取得いたしました。資格は持っているものの、まだ実務経験はございません。しかし、これまでのヘルパー業務で身につけた知識や、つちかってきたコミュニケーション能力を活かして、ケアマネージャーの仕事に取り組みたいと思います。そして、利用者様とご家族にベストなサポートができるケアマネージャーとして、お役に立ちたいと思っております。」

介護職が未経験の場合の志望動機の書き方

たとえ介護職の経験がなくても、応募先にアピールすることは可能です。数ある仕事のなかでなぜ介護職を選んだのか、あるいはどのような勉強をしてきたのかは、重要なポイント。熱意と長所が伝わるように、具体例を挙げながら書きましょう。また資格取得の勉強をしているなら、それもきちんと伝えましょう。 【志望動機 例文:24歳 初めてデイサービスに応募する場合】 「自宅で祖父を介護した経験があり、介護の仕事に興味を持っていました。学生時代、ボランティアとして貴会の施設を訪問した時、施設の明るい雰囲気や、親切なスタッフの対応に大変好感を持ちました。介護職員として働くならば、ぜひ貴会のデイサービスでと考えて応募いたしました。食事や着替えなどの基本的な介護は、祖父を通して経験があります。またボランティアのレクリエーションとして、体操や歌、折紙などもしたことがあります。資格取得に向けて勉強中で、まだまだ至らない事も多いとは思いますが、早く活躍できるよう努力いたします。」

転職と新卒で異なる、志望動機の書き方とは?

介護職に転職する場合の志望動機の書き方

他業種から介護職に転職する場合、経営者や管理者としてのマネジメント経験、リーダー経験があるのなら、ぜひ盛り込みましょう。採用担当者の目を引きやすくなります。    【志望動機 例文:39歳 スーパー銭湯店長から管理者候補スタッフに応募する場合】 「介護業界がまだまだ大きく成長していることを知って、将来的にも有望であると感じました。少子高齢化社会に向けた社会貢献として、人に感謝される介護福祉関係の仕事はたいへん魅力的です。介護は未経験ですが、これまでスーパー銭湯の店長として、売上やシフトの管理、イベントの企画、接客などの業務に携わってまいりました。コミュニケーションを大事にすることで、現場スタッフの連携やお客様との良好な関係を築くことができたと自負しております。今まで培った経験を活かし、貴社に貢献すること希望いたします。」

新卒で介護職につきたい場合の志望動機の書き方

職業としての経験はなくとも、バイトやボランティアでの「接客の経験」「コミュニケーション能力の高さ」は重要なPRポイント。そのほかにも「高齢者と接するのが好き」「介護のやりがい」といった要素を盛り込むとよいでしょう。 【志望動機 例文:22歳 新卒でホームヘルパーに応募する場合】 「私は幼い頃から両親及び祖父母と暮らしていました。そのため、お年寄りと気軽に話すことができて喜ばれています。高校生の時に老人ホームへボランティアに行き、高齢者の方々とふれあったことがきっかけで、将来は介護の仕事につきたいと決心しました。在学中に資格をとろうと思い、夏休みを利用して受講して、介護職員初任者研修を取ることができました。高齢者を支援している貴社でいろいろな経験を積んで、ありがとうと言われる介護士を目指したいと思います。」 志望動機を上手にまとめる方法をプロのキャリアアドバイザーに相談してみませんか?エージェントを活用すれば、面接対策はもちろんのこと、履歴書の添削などさまざまなサポートを受けることができます。

介護職の志望動機を、面接で話す時のコツは?

面接では志望動機・自己PRについてよく質問されます。履歴書と違うことを話さないよう、充分気をつけましょう。 また、応募者の価値観を知るために、介護について質問されることもあります。「あなたにとって介護とはどんな仕事ですか?」「介護で大切なことは何だと思いますか?」といったことが聞かれますが、実のところ、この質問に正しい答えはありません。「私にとって介護とは社会貢献です。」「相手の負担にならないよう、思いやりを押しつけないことが大切です。」など、自分の考えをきちんと伝えられるよう、あらかじめ考えておくことが必要です。

面接での志望動機や自己PRの伝え方

志望動機とはつまり「なぜこの職場で働きたいのか」ということです。そう質問された場合、志望先の魅力や価値観を把握して、具体的に答えなくてはいけません。 「お金のため」や「生活のため」といった直接的な回答は論外です。介護の仕事をしたい理由プラス、応募先を希望する理由を説明できるように、しっかりとシミュレーションをしておきましょう。 「認知症の在宅ケアに取り組んでいらっしゃると聞き、こちらでなら私の今までの経験が活かせると思いました。」「資格取得支援制度があると知って、介護福祉士をめざしてスキルアップしようと思っている私にとって、たいへん魅力的でした。」など、具体例をあげつつ自分の経験をアピールしましょう。

一度やめたけれど戻りたい、そんな場合はどう書くの?

介護の仕事は無資格・未経験でも受け皿があり、正社員の募集も比較的多くありますが、反面「仕事がつらい」「賃金が安い」などの理由でやめていく人も多く、また「妊娠した」「家族の介護が必要になった」など家庭の事情で離職する場合も、少なからずあるようです。 そして一度離れてみたものの、やはり復職したいと思う人も多いのが、介護職。人材を確保するために政府は、離職した介護福祉士をデータベースで管理し、呼び戻そうという計画をたてています。

出戻りの場合の志望動機の書き方

出産や家族の介護などの明確な理由がある場合は、それを書きましょう。そうでない場合は、「もっとコミュニケーション力をつけたいと思って他の業種に挑戦した」「他で身につけたノウハウを介護に活かしたかった」といった前向きな理由を挙げた方がよいでしょう。 【志望動機 例文:36歳 ケアワーカーに復職したい場合】 「4年ほど前に、デイサービスのケアワーカーとして働いていました。妊娠がわかったため仕事をやめましたが、子供を保育園にあずけることができました。利用者様に、ありがとう、楽しかったという言葉をいただいたことが思い出され、介護の現場に戻りたいと考えるようになりました。介護の仕事にやりがいを感じていたことを、あらためて確認いたしました。利用者様とのふれあいの多い貴施設で働かせていただけたらと思います。」

いま、介護職に求められていることは

介護職は基本的に年齢制限がないため、退職後の再就職先として選ぶ人もいるようです。間口の広い人気職業であるため、採用担当者の元にはたくさんの方の書類が集まります。そんな採用担当者に良い印象を持ってもらうためには、やはり志望動機が重要です。介護の仕事に携わりたい理由、その職場で働きたい理由をきちんと伝えましょう。今回の志望動機の例文を参考に、活かせるものは活かし、自分の言葉で書いてみてください。 この先日本は、世界に先駆けて超高齢化社会に突入します。介護職は、ますます必要とされる職業となっていくでしょう。そんな介護の仕事に、熱意を持って従事しようとする人材こそが求められています。

関連タグ

アクセスランキング